角田雄二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

角田 雄二(つのだ ゆうじ、1941年1月16日 - )は日本実業家スターバックス コーヒー ジャパン創業者で、同社元代表取締役最高経営責任者最高執行責任者

人物・経歴[編集]

神奈川県出身[1]スズキヤ初代代表取締役社長の鈴木雄二の次男として生まれ、のち日影茶屋角田家に婿養子として入る。スズキヤ創業者の鈴木安治は祖父で、スズキヤ第3代代表取締役社長や逗子市議会議長などを務めた鈴木安之は兄。サザビーリーグ創業者の鈴木陸三は弟。スズキヤ第4代代表取締役社長や新日本スーパーマーケット協会副会長を務めた中村洋子は妹[2][3]。サザビーリーグ代表取締役社長の角田良太は次男[4]

1965年日本大学理工学部経営工学科卒業、日精入社。1967年から日影茶屋社長を務め[5]、70年代にラ・マーレ・ド・チャヤを手掛けるなどした[2]。1981年ユージーン・アンド・アソシエイツ・インク。1987年サザビー取締役。1995年スターバックス コーヒー ジャパンを設立し、同社代表取締役社長。1996年スズキヤ監査役。2001年スターバックス コーヒー ジャパン代表取締役最高経営責任者(CEO)。2002年スターバックス コーヒー ジャパン最高経営責任者(CEO)兼 最高執行責任者(COO)。2007年チャヤ マクロビオティックス代表取締役会長。2011年ユージーン・アンド・アソシエイツ・インク取締役[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
ビジネス
先代:
(新設)
岩田松雄
スターバックス コーヒー ジャパン社長/CEO
初代:1995年 - 2006年
第4代:2011年
次代:
マリア・メルセデス・エム・コラーレス
関根純