角膜及び腎臓の移植に関する法律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
角膜及び腎臓の移植に関する法律
日本国政府国章(準)
日本の法令
法令番号 昭和54年12月18日法律第63号
効力 廃止
種類 医事法
主な内容 角膜腎臓移植について
関連法令 死体解剖保存法など
条文リンク 衆議院制定法律情報
テンプレートを表示

角膜及び腎臓の移植に関する法律(かくまくおよびじんぞうのいしょくにかんするほうりつ、昭和54年12月18日法律第63号)は、日本法律

角膜移植術による視力障害者視力の回復及び腎臓移植術による腎臓機能障害者に対する腎臓機能の付与に資するため、死体から眼球又は腎臓を摘出すること等につき必要な事項を規定している。昭和55年3月17日施行角膜移植に関する法律を廃止して制定された。

1997年(平成9年)7月16日に公布され、10月16日に施行された臓器の移植に関する法律附則第3条により廃止された。