角閃石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

角閃石(かくせんせき、amphibole[1])はケイ酸塩鉱物のグループ名。結晶構造化学組成により細かく分類され、日本語名には「〜閃石」という名前がついている。水酸基 (OH-) を持つ含水鉱物としても有名。

種類[編集]

2012年国際鉱物学連合 (IMA) の新鉱物・鉱物名委員会 (CNMMN) により、角閃石グループは以下のように187種類に整理された。ただし、まだ承認待ちの種類があるため、この後若干変更される可能性がある。詳細は各グループおよび鉱物種を参照[2]

角閃石グループ[編集]

グループ1[編集]

  • Mg-Fe-Mn-Li斜方角閃石サブグループ (Mg-Fe-Mn-Li Ortho-Amphibole Subgroup)[3]
    • ジュドル閃石 (Gedrite)
    • ソーダ直角閃石 (Sodic-ferro-anthophyllite)
    • ソーダ鉄ジュドル閃石 (Sodic-ferrogedrite)
    • ソーダ直閃石 (Sodicanthophyllite)
    • ソーダジュドル閃石 (Sodicgedrite)
  • Mg-Mn-Fe-Li単斜角閃石サブグループ (Mg-Mn-Fe-Li Clino-Amphibole Subgroup)[4]
    • マンガノカミントン閃石 (Manganocummingtonite)
    • マンガノグリュネル閃石 (Manganogrunerite)

グループ2[編集]

  • カルシウム角閃石サブグループ (Calcium Amphibole Subgroup)[5]
    • カンニロ閃石グループ (Cannilloite Group)[6]
      • カンニロ閃石 (Cannilloite)
      • 第二鉄カンニロ閃石 (Ferri-cannilloite)
      • フッ素第二鉄カンニロ閃石 (Ferri-fluoro-cannilloite)
      • 第一鉄カンニロ閃石 (Ferro-cannilloite)
      • 第一鉄第二鉄カンニロ閃石 (Ferro-ferri-cannilloite)
      • フッ素第一鉄第二鉄カンニロ閃石 (Ferro-ferri-fluoro-cannilloite)
      • 第一鉄カンニロ閃石 (Ferro-fluoro-cannilloite)
      • フッ素カンニロ閃石 (Fluor-cannilloite)
    • エデン閃石グループ (Edenite Group)[7]
      • エデン閃石 (Edenite)
      • 第一鉄エデン閃石 (Ferro-edenite)
      • フッ素第一鉄エデン閃石 (Ferro-fluoro-edenite)
      • フッ素エデン閃石 (Fluoro-edenite)
      • 塩素カリ第一鉄エデン閃石 (Potassic-ferro-chloro-edenite)
    • ヘスティング閃石グループ (Hastingsite Group)[8]
      • フッ素ヘスティング閃石 (Fluoro-hastingsite)
      • ヘスティング閃石 (Hastingsite)
      • フッ素苦土ヘスティング閃石 (Magnesio-fluoro-hastingsite)
      • 苦土ヘスティング閃石 (Magnesio-hastingsite)
      • フッ素カリヘスティング閃石 (Potassic-fluoro-hastingsite)
      • 塩素カリヘスティング閃石 (Potassic-chloro-hastingsite)
      • カリヘスティング閃石 (Potassic-hastingsite)
      • 苦土カリヘスティング閃石 (Potassic-magnesio-hastingsite)
    • ジョエスミス閃石 (Joesmithite)[9]
    • 苦土普通角閃石グループ (Magnesio-hornblende Group)[10]
      • フッ素第一鉄第二鉄普通角閃石 (Ferro-ferri-fluoro-hornblende)
      • 第一鉄第二鉄普通角閃石 (Ferro-ferri-hornblende)
      • フッ素第一鉄普通角閃石 (Ferro-fluoro-hornblende)
      • 第一鉄普通角閃石 (Ferro-hornblende)
      • フッ素苦土第二鉄普通角閃石 (Magnesio-ferri-fluoro-hornblende)
      • 苦土第二鉄普通角閃石 (Magnesio-ferri-hornblende)
      • フッ素苦土普通角閃石 (Magnesio-fluoro-hornblende)
      • 苦土普通角閃石 (Magnesio-hornblende)
    • パーガス閃石グループ (Pargasite Group)[11]
      • 愛媛閃石 (Chromio-pargasite)
      • 塩素第一鉄パーガス閃石 (Ferro-chloro-pargasite)
      • フッ素第一鉄パーガス閃石 (Ferro-fluoro-pargasite)
      • 第一鉄パーガス閃石 (Ferro-pargasite)
      • フッ素パーガス閃石 (Fluoro-pargasite)
      • パーガス閃石 (Pargasite)
      • 塩素カリパーガス閃石 (Potassic-chloro-pargasite)
      • カリ第一鉄パーガス閃石 (Potassic-ferro-pargasite)
      • フッ素カリパーガス閃石 (Potassic-fluoro-pargasite)
      • カリパーガス閃石 (Potassic-pargasite)
    • 定永閃石グループ (Sadanagaite Group)[12]
      • フッ素第二鉄定永閃石 (Ferri-fluoro-sadanagaite)
      • 第二鉄定永閃石 (Ferri-sadanagaite)
      • フッ素第一鉄第二鉄定永閃石 (Ferro-ferri-fluoro-sadanagaite)
      • 第一鉄第二鉄定永閃石 (Ferro-ferri-sadanagaite)
      • フッ素第一鉄定永閃石 (Ferro-fluoro-sadanagaite)
      • 第一鉄定永閃石 (Ferro-sadanagaite)
      • フッ素定永閃石 (Fluoro-sadanagaite)
      • 塩素カリ定永閃石 (Potassic-chloro-sadanagaite)
      • カリ第二鉄定永閃石 (Potassic-ferri-sadanagaite)
      • 塩素カリ第一鉄定永閃石 (Potassic-ferro-chloro-sadanagaite)
      • カリ第一鉄第二鉄定永閃石 (Potassic-ferro-ferri-sadanagaite)
      • カリ第一鉄定永閃石 (Potassic-ferro-sadanagaite)
      • カリ定永閃石 (Potassic-sadanagaite)
      • 定永閃石 (Sadanagaite)
    • 透閃石-緑閃石グループ (Tremolite-actinolite Group)[13]
      • 緑閃石 (Actinolite)
      • 第一鉄緑閃石 (Ferro-actinolite)
      • フッ素第一鉄緑閃石 (Ferro-fluoro-actinolite)
      • フッ素透閃石 (Fluoro-tremolite)
      • 透閃石 (Tremolite)
    • ツェルマク閃石グループ (Tshermakite Group)[14]
      • フッ素第二鉄ツェルマク閃石 (Ferri-fluoro-tschermakite)
      • 第二鉄ツェルマク閃石 (Ferri-tschermakite)
      • フッ素第一鉄第二鉄ツェルマク閃石 (Ferro-ferri-fluoro-tschermakite)
      • 第一鉄第二鉄ツェルマク閃石 (Ferro-ferri-tschermakite)
      • フッ素第一鉄ツェルマク閃石 (Ferro-fluoro-tschermakite)
      • 第一鉄ツェルマク閃石 (Ferro-tschermakite)
      • フッ素ツェルマク閃石 (Fluoro-tschermakite)
      • ツェルマク閃石 (Tschermakite)

グループ3[編集]

  • ソーダ灰角閃石サブグループ (Sodium-Calcium Amphibole Subgroup)[15]
    • バロワ閃石グループ (Barroisite Group)[16]
      • バロワ閃石 (Barroisite)
      • 第二鉄バロワ閃石 (Ferri-barroisite)
      • フッ素第二鉄バロワ閃石 (Ferri-fluoro-barroisite)
      • 第一鉄バロワ閃石 (Ferro-barroisite)
      • 第一鉄第二鉄バロワ閃石 (Ferro-ferri-barroisite)
      • フッ素第一鉄第二鉄バロワ閃石 (Ferro-ferri-fluoro-barroisite)
      • フッ素第一鉄バロワ閃石 (Ferro-fluoro-barroisite)
      • フッ素バロワ閃石 (Fluoro-barroisite)
    • カトフォラ閃石グループ (Katophorite Group)[17]
      • フッ素第二鉄カトフォラ閃石 (Ferri-fluoro-katophorite)
      • 第二鉄カトフォラ閃石 (Ferri-katophorite)
      • フッ素第一鉄第二鉄カトフォラ閃石 (Ferro-ferri-fluoro-katophorite)
      • 第一鉄第二鉄カトフォラ閃石 (Ferro-ferri-katophorite)
      • フッ素第一鉄カトフォラ閃石 (Ferro-fluoro-katophorite)
      • 第一鉄カトフォラ閃石 (Ferro-katophorite)
      • フッ素カトフォラ閃石 (Fluoro-katophorite)
      • カトフォラ閃石 (Katophorite)
      • カリ第二鉄カトフォラ閃石 (Potassic-ferri-katophorite)
      • フッ素カリカトフォラ閃石 (Potassic-fluoro-katophorite)
    • リヒター閃石グループ (Richterite Group)[18]
      • フッ素第一鉄リヒター閃石 (Ferro-fluoro-richterite)
      • 第一鉄リヒター閃石 (Ferro-richterite)
      • フッ素リヒター閃石 (Fluoro-richterite)
      • カリ第一鉄リヒター閃石 (Potassic-ferro-richterite)
      • フッ素カリリヒター閃石 (Potassic-fluoro-richterite)
      • カリリヒター閃石 (Potassic-richterite)
      • リヒター閃石 (Richterite)
    • タラマ閃石グループ (Taramite Group)[19]
      • フッ素第二鉄タラマ閃石 (Ferri-fluoro-taramite)
      • 第二鉄タラマ閃石 (Ferri-taramite)
      • フッ素第一鉄第二鉄タラマ閃石 (Ferro-ferri-fluoro-taramite)
      • 第一鉄第二鉄タラマ閃石 (Ferro-ferri-taramite)
      • フッ素第一鉄タラマ閃石 (Ferro-fluoro-taramite)
      • 第一鉄タラマ閃石 (Ferro-taramite)
      • フッ素タラマ閃石 (Fluoro-taramite)
      • カリ第二鉄タラマ閃石 (Potassic-ferri-taramite)
      • カリ第一鉄タラマ閃石 (Potassic-ferro-taramite)
      • タラマ閃石 (Taramite)
    • ウィンチ閃石 (Winchite Group)[20]
      • フッ素第二鉄ウィンチ閃石 (Ferri-fluoro-winchite)
      • 第二鉄ウィンチ閃石 (Ferri-winchite)
      • フッ素第一鉄第二鉄ウィンチ閃石 (Ferro-ferri-fluoro-winchite)
      • 第一鉄第二鉄ウィンチ閃石 (Ferro-ferri-winchite)
      • フッ素第一鉄ウィンチ閃石 (Ferro-fluoro-winchite)
      • 第一鉄ウィンチ閃石 (Ferro-winchite)
      • フッ素ウィンチ閃石 (Fluoro-winchite)
      • ウィンチ閃石 (Winchite)

グループ4[編集]

  • ソーダ角閃石サブグループ (Sodium Amphibole Subgroup)[21]
    • アルベゾン閃石グループ (Arfvedsonite Group)[22]
      • アルベゾン閃石 (Arfvedsonite)
      • フッ素アルベゾン閃石 (Fluoro-arfvedsonite)
      • 苦土アルベゾン閃石 (Magnesio-arfvedsonite)
      • フッ素苦土アルベゾン閃石 (Magnesio-fluoro-arfvedsonite)
      • カリアルベゾン閃石 (Potassic-arfvedsonite)
      • カリ苦土アルベゾン閃石 (Potassic-magnesio-arfvedsonite)
      • フッ素カリ苦土アルベゾン閃石 (Potassic-magnesio-fluoro-arfvedsonite)
    • エカーマン閃石グループ (Eckermannite Group)[23]
      • エカーマン閃石 (Eckermannite)
      • 第一鉄エカーマン閃石 (Ferro-eckermannite)
      • フッ素第一鉄エカーマン閃石 (Ferro-fluoro-eckermannite)
      • フッ素エカーマン閃石 (Fluoro-eckermannite)
      • カリエカーマン閃石 (Potassic-eckermannite)
      • 神津閃石 (Mangano-ferri-eckermannite)[24]
    • 藍閃石グループ (Glaucophane Group)[25]
      • フッ素第一鉄藍閃石 (Ferro-fluoro-galucophane)
      • 第一鉄藍閃石 (Ferro-galucophane)
      • フッ素藍閃石 (Fluoro-galucophane)
      • 藍閃石 (Galucophane)
    • リーキ閃石グループ (Leakeite Group)[26]
      • フッ素第二鉄リーキ閃石 (Ferri-fluoro-leakeite)
      • 第二鉄リーキ閃石 (Ferri-leakeite)
      • フッ素第一鉄第二鉄リーキ閃石 (Ferro-ferri-fluoro-leakeite)
      • 第一鉄第二鉄リーキ閃石 (Ferro-ferri-leakeite)
      • フッ素第一鉄リーキ閃石 (Ferro-fluoro-leakeite)
      • 第一鉄リーキ閃石 (Ferro-leakeite)
      • フッ素リーキ閃石 (Fluoro-leakeite)
      • リーキ閃石 (Leakeite)
      • カリ第二鉄リーキ閃石 (Potassic-ferri-leakeite)
      • カリリーキ閃石 (Potassic-leakeite)
      • カリマンガンリーキ閃石 (Potassic-mangani-leakeite)
    • ニビョー閃石グループ (Nyboite Group)[27]
      • フッ素第二鉄ニビョー閃石 (Ferri-fluoro-nyboite)
      • 第二鉄ニビョー閃石 (Ferri-nyboite)
      • フッ素第一鉄第二鉄ニビョー閃石 (Ferro-ferri-fluoro-nyboite)
      • 第一鉄第二鉄ニビョー閃石 (Ferro-ferri-nyboite)
      • フッ素第一鉄ニビョー閃石 (Ferro-fluoro-nyboite)
      • 第一鉄ニビョー閃石 (Ferro-nyboite)
      • フッ素ニビョー閃石 (Fluoro-nyboite)
      • ニビョー閃石 (Nyboite)
    • リーベック閃石グループ (Riebeckite Group)[28]
      • フッ素リーベック閃石 (Fluoro-riebeckite)
      • フッ素苦土リーベック閃石 (Magnesio-fluoro-riebeckite)
      • 苦土リーベック閃石 (Magnesio-riebeckite)
      • リーベック閃石 (Riebeckite)

グループ5[編集]

  • リチウム角閃石サブグループ (Lithium Amphibole Subgroup)[29]
    • 単斜リチア閃石グループ (Clino-holmquistite Group)[30]
      • フッ素第二鉄単斜リチア閃石 (Clino-ferri-fluoro-holmquistite)
      • 第二鉄単斜リチア閃石 (Clino-ferri-holmquistite)
      • フッ素第一鉄第二鉄単斜リチア閃石 (Clino-ferro-ferri-fluoro-holmquistite)
      • 第一鉄第二鉄単斜リチア閃石 (Clino-ferro-ferri-holmquistite)
      • フッ素第一鉄単斜リチア閃石 (Clino-ferro-fluoro-holmquistite)
      • フッ素単斜リチア閃石 (Clino-fluoro-holmquistite)
      • 単斜リチア閃石 (Clino-holmquistite)
    • リチア閃石グループ (Holmquistite group)
      • 第二鉄リチア閃石 (Ferri-holmquistite)
      • 第一鉄第二鉄リチア閃石 (Ferro-ferri-holmquistite)
      • 第一鉄リチア閃石 (Ferro-holmquistite)
      • リチア閃石 (Holmquistite)
    • ペドリザ閃石グループ (Pedrizite Group)[31]
      • フッ素第二鉄ペドリザ閃石 (Ferri-fluoro-pedrizite)
      • 第二鉄ペドリザ閃石 (Ferri-pedrizite)
      • フッ素第一鉄第二鉄ペドリザ閃石 (Ferro-ferri-fluoro-pedrizite)
      • 第一鉄第二鉄ペドリザ閃石 (Ferro-ferri-pedrizite)
      • フッ素第一鉄ペドリザ閃石 (Ferro-fluoro-pedrizite)
      • 第一鉄ペドリザ閃石 (Ferro-pedrizite)
      • フッ素ペドリザ閃石 (Fluoro-pedrizite)
      • ペドリザ閃石 (Pedrizite)
    • ソーダ第二鉄単斜リチア閃石 (Sodic-ferri-clinoferroholmquistite)[32]

直閃石グループ[編集]

帰属未定[編集]

  • 第二鉄ケルスート閃石 (Ferrikaersutite)
  • 第一鉄ケルスート閃石 (Ferro-aersutite)
  • ケルスート閃石 (Kaersutite)
  • ウンゲレッティ閃石 (Ungarettiite)[33]

産出地[編集]

角閃石類は一般的な造岩鉱物であり、様々なところに広く分布している。角閃石の中でもっとも多く産出するのは普通角閃石(苦土普通角閃石または第一鉄普通角閃石)であり、「角閃石黒雲母花崗岩」や「角閃石安山岩」などの岩石名における「角閃石」は、普通角閃石を指す場合がほとんど。安山岩斑れい岩などの中性~塩基性の火成岩に多く含まれる。緑色片岩角閃岩などといった変成岩中にもよく見られ、上記の普通角閃石の他、緑閃石(アクチノ閃石)、透閃石などが多く含まれる。

日本新鉱物[34]として、神津閃石(Mangano-ferri-eckermannite、1969年)、カリ第一鉄定永閃石(Potassic-ferro-sadanagaite、1984年)、カリ定永閃石(Potassic-sadanagaite、1984年)、定永閃石(Sadanagaite、1997年)、プロト鉄直閃石(Proto-ferro-anthophyllite、1998年)、プロトマンガノ鉄直閃石(Proto-mangano-ferro-anthophyllite、1998年)、カリ第二鉄リーキ閃石(Potassic-ferri-leakeite、2003年)、プロト直閃石(Protoanthophyllite、2003年)[35]愛媛閃石(Chromio-pargasite、2011年)、カリ第二鉄定永閃石(Potassic-ferri-sadanagaite、2012年再定義)の9種がある。

性質・特徴[編集]

は、無色緑色褐色青色などで、ガラス光沢を持つ。単斜晶系または斜方晶系で、自形結晶は長柱状である。結晶形は輝石によく似るが、約120°で交わる2方向のへき開で区別される(輝石は約90°)。比重3.0~3.5。モース硬度5~6。

サイド・ストーリー[編集]

1797年ルネ=ジュスト・アユイによって命名された。彼は「不確かな」とか「あいまいな」の意味だと述べ、原論文にはそれ以上のことが書かれていないが、ギリシャ語amphiballein が語源で「両側をたたく・投げつける」の意である。

日本では、明治初年、佐沢太郎により「陰精石」と訳されたことがある(1879年)が、hornblende と同じ角閃石の字をあてたのは小藤文次郎1884年)である[要出典]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年、59頁。ISBN 4-8181-8401-2。
  2. ^ Amphibole Group mindat.org
  3. ^ Mg-Fe-Mn-Li Ortho-Amphibole Subgroup mindat.org
  4. ^ Mg-Mn-Fe-Li Clino-Amphibole Subgroup mindat.org
  5. ^ alcium Amphibole Subgroup mindat.org
  6. ^ Cannilloite group mindat.org
  7. ^ Edenite Group
  8. ^ Hastingsite Group mindat.org
  9. ^ Joesmithite mindat.org
  10. ^ Magnesio-hornblende group mindat.org
  11. ^ Pargasite Group mindat.org
  12. ^ Sadanagaite Group mindat.org
  13. ^ Tremolite-actinolite group mindat.org
  14. ^ Tschermalite Group mindat.org
  15. ^ Sodium-Calcium Amphibole Subgroup mindat.org
  16. ^ Barroisite group mindat.org
  17. ^ Katophorite mindat.org
  18. ^ Richterite group mindat.org
  19. ^ Taramite Group mindat.org
  20. ^ Winchite Group mindat.org
  21. ^ Sodium Amphibole Subgroup mindat.org
  22. ^ Arfvedsonite Group mindat.org
  23. ^ Eckermannite Group mindat.org
  24. ^ Mangano-ferri-eckermannite mindat.org
  25. ^ Glaucophane Group mindat.org
  26. ^ Leakeite Group mindat.org
  27. ^ Nybøite Group mindat.org
  28. ^ Riebeckite Group mindat.org
  29. ^ Lithium Amphibole Subgroup mindat.org
  30. ^ Clino-holmquistite Group mindat.org
  31. ^ Pedrizite Group mindat.org
  32. ^ http://www.mindat.org/min-7302.html mindat.org
  33. ^ Ungarettiite mindat.org
  34. ^ 松原聰宮脇律郎 『日本産鉱物型録』 東海大学出版会国立科学博物館叢書〉、2006年。ISBN 978-4-486-03157-4。
  35. ^ 松原聰 「目からウロコの発見―プロト直閃石」『新鉱物発見物語』 岩波書店〈岩波科学ライブラリー〉、2006年、98-102頁。ISBN 4-00-007455-5。

参考文献[編集]

関連項目[編集]