設楽博己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

設楽 博己(したら ひろみ、1956年 - )は、日本の考古学者東京大学教授

略歴[編集]

群馬県生まれ。群馬県立前橋高等学校卒、1978年静岡大学人文学部卒、86年筑波大学大学院歴史人類学研究科博士課程(文化人類学専攻)単位取得退学。88年国立歴史民俗博物館考古研究部助手、96年助教授、2004年駒澤大学文学部助教授、06年「弥生再葬墓とその社会の考古学的研究」で筑波大学博士(文学)、07年教授、2010年東京大学人文社会系研究科考古学研究室教授。

著書[編集]

  • 『弥生再葬墓と社会』塙書房、2008
  • 『遺跡から調べよう!(弥生時代)』たかおかゆみこ絵 童心社、2013
  • 『縄文社会と弥生社会』(日本歴史私の最新講義)敬文舎 2014
  • 『弥生文化形成論』塙書房 2017

共編著[編集]

  • 『おもしろ発見歴博シリーズ 模型で見る歴史のドラマ ジオラマのできるまで』西谷大共著 歴史民俗博物館振興会、1999
  • 三国志がみた倭人たち 魏志倭人伝の考古学』編 山川出版社、2001
  • 『先史日本を復元する 稲作伝来』森岡秀人、中園聡共著 岩波書店、2005
  • 『原始絵画の研究 論考編』編 六一書房、2006
  • 『弥生時代の考古学』全9巻 藤尾慎一郎松木武彦共編 同成社、2008-11
  • 『列島の考古学 弥生時代』武末純一、森岡秀人共著 河出書房新社、2011
  • 『NHKさかのぼり日本史 外交篇10 飛鳥~縄文.こうして"クニ"が生まれた なぜ、列島に「日本」という国ができたのか』加藤謙吉仁藤敦史共著 NHK出版、2013 
  • 『十二支になった動物たちの考古学』編著 新泉社 2015
  • 『柳田國男と考古学 なぜ柳田は考古資料を収集したのか』工藤雄一郎,松田睦彦共編著 新泉社 2016
  • 『弥生時代人物造形品の研究』石川岳彦共著 同成社 2017

翻訳[編集]

  • ケネス・M・エイムス, ハーバート・D・G・マシュナー『複雑採集狩猟民とはなにか アメリカ北西海岸の先史考古学』佐々木憲一監訳 雄山閣 2016

参考[編集]