許穆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
許穆
Korea-Portrait of Heo Mok-Joseon.jpg
各種表記
ハングル 허목
漢字 許穆
発音: ホ・モク
日本語読み: きょ・ぼく
ローマ字 Heo Mok
テンプレートを表示

許 穆(きょ・ぼく、ホ・モク、朝鮮語:허목、1595年または1593年 12月11日-1682年4月27日)は、李氏朝鮮時代後期の文臣、政治家、書家、画家である。第1次礼訟(己亥礼訟)第2次礼訟(甲寅礼訟)の当時南人の理論家・南人の領袖であり、南人強硬派淸南の首領だった[1]。 文緯・鄭逑の門人[2]

西人の党首宋時烈宋浚吉の主な政敵であり、文科に合格しなくても学問的能力を認められ吏曹判書と右議政を務めた。字は文甫和甫[3]文父、号は眉叟臺領老人石戸丈人。別号は眉老・熙和・孔巖之世・承明・東膠老人・九疇老人・東序老人・二書圃翁、諡号は文正漢城府彰善坊(現在のソウル特別市鍾路区)の生まれ。

著作[編集]

  • 『經禮類纂』(1647)
  • 『東事』(1667)
  • 『淸士列傳』(1667)
  • 『經説』(1677)
  • 『績紳類纂』
  • 『眉叟天字文』
  • 『檀君世家』
  • 『邦國王朝禮』
  • 『正體傳重説』
  • 『眉叟記言』(1689)
  • 『心學圖』:画像の意味を解説する書策
  • 『堯舜禹傳授心法圖』
  • 『牧場地圖』(1663)
  • 『許穆手稿本』
  • 『頭陀山記』

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 許穆:Naver (朝鮮語)
  2. ^ 許穆 (朝鮮語)
  3. ^ 許穆:Nate (朝鮮語)

参考文献[編集]

  • 李徳一 著『黨爭で見る朝鮮歴史』2004年12月 石筆 ISBN 8980370369
  • 李徳一 著『宋時烈と彼らの國家』2000年9月 石筆 ISBN 9788934905028