証明ティンエイジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
証明ティンエイジャー
夢みるアドレセンスシングル
初出アルバム『第一思春期。
B面 絶対的シンパシー
ヒロイン
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
レーベル Project TK
プロデュース onetrap
チャート最高順位
  • 週間5位(オリコン
  • 登場回数1週(オリコン)
夢みるアドレセンス シングル 年表
マワルセカイ
2014年
証明ティンエイジャー
(2014年)
Bye Bye My Days
2015年
ミュージックビデオ
「証明ティンエイジャー」 - YouTube
テンプレートを表示

証明ティンエイジャー」(しょうめいティンエイジャー)とは夢みるアドレセンスの4枚目のシングル。2014年9月9日にリリース。メンバー個人ジャケットと集合ジャケットの6タイプがある[1]

解説[編集]

前作から引き続き、agehaspringsプロデュースによる楽曲で、10代(プレティーンティーンエイジャー)の女性の揺れ動く心情を歌っている。アーティスト写真とジャケットではメンバーは大人っぽさを感じさせるメイクとし、今回の衣装は担当カラーを廃し、全員が同じ衣装を身にまとっている[1]

絶対的シンパシー[編集]

証明ティンエイジャー同様、agehaspringsプロデュースによる楽曲。 1公演につき8曲程度披露される定期公演『YUMELIVE』でも高い頻度で披露される人気曲となっている。

ライブの際、1番のAメロの部分の荻野可鈴が自身の担当のソロパートで、ウインクをする。また、その直後の志田友美はソロパートで、ビートたけしのギャグのコマネチのようなポーズをとる事がある。

ミュージック・ビデオ[編集]

ミュージック・ビデオでは序盤から中盤にかけてはメンバーが眼鏡をかけて各メンバーが異なる衣装を着ているシーン[2]とアーティスト写真・ジャケットと同じメイク・衣装で歌いながらキレのあるダンスを行い[3][4]、10代の揺れ動く感情を表現しているシーンがある。

終盤は「生まれたそのカラダ」シーンとなる。志田友美が着ているアーティスト写真・ジャケットと同じ衣装がバラバラに砕けて後方へ飛び散り(手ブラ・腕ブラをしている)、セミヌードになる[5]。次に各メンバーの頭部からセミヌードのが映る[6][7]。これは、ファッションモデルなどで活躍する各メンバーが衣装を何も着用せず、生まれたのままの姿を披露し、自分自身の可能性、そして今を生きる自分自身の存在を「証明」している。最後は凛とした全メンバーが後方を向いて佇み、後頭部からセミヌードの背中が映り、メンバーのリーダーシップも感じさせるようになっている[8][9]

オルゴールバージョン[編集]

音楽配信サイトで「証明ティンエイジャー」のオルゴールバージョンが配信が行われている。なお、これは夢みるアドレセンスのメンバー及びスタッフが関わったものではない。

収録曲[編集]

全形態共通
# タイトル 作詞 作曲 編曲
1. 証明ティンエイジャー Akiko.N 岡本武士 南田健吾
2. 絶対的シンパシー tzk 鈴木ともよし 高橋浩一郎
3. ヒロイン 大塚ひとみ 内藤英雅 成瀬裕介
4. 証明ティンエイジャー (instrumental)      
5. 絶対的シンパシー (instrumental)      
6. ヒロイン (instrumental)      

脚注[編集]