認知症ケア指導管理士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
認知症ケア指導管理士
実施国 日本の旗 日本
資格種類 民間資格
分野 医療・福祉・介護
試験形式 60問・五枝択一(マークシート方式)
認定開始年月日 2010年~
等級・称号 認知症ケア指導管理士 初級・上級
公式サイト http://www.ss-cc.jp
ウィキプロジェクト ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル ウィキポータル 資格
テンプレートを表示


認知症ケア指導管理士(にんちしょうケアしどうかんりし)とは、認知症の方への適切なケア、ケアを行う方への指導・管理を行える人材育成、介護・医療現場で認知症ケアに携わる方のスキルアップを目的に、公益財団法人・職業技能振興会が認可する民間資格[1]

概要[編集]

2010年7月より資格試験が実施されている。一般社団法人総合ケア推進協議会との共同認定である。2年毎に更新制度のある資格である[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 認知症ケア指導管理士”. 2015年8月24日閲覧。