認証マーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
JISマーク

認証・証明マークとは、商品やサービスの品質性能安全性等を証明し、他の商品サービスと差別化するために使用される[1]

この品質、性能、安全性の担保である認証・証明マークの使用は、標準化団体業界団体、国などが評価基準を作成し、実際にテストや監査を行うことで使用が認可される。偽造して使用した場合は、商標権、または国ごとの法律によって罰せられる。

認証マーク・組織一覧[編集]

ULリスティングマーク
特定保健用食品のマーク。厚生労働省時代のもの
業界団体
国際機関
第三者機関の認証
国、国に準じる組織の認証
国の組織によって認証

参考文献[編集]

  1. ^ 商標法における認証・証明マークの保護の在り方に関する調査研究報告書(平成23年度 特許庁産業財産権制度問題調査研究報告書)著:一般財団法人 知的財産研究所

関連項目[編集]