認識基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

認識基準(にんしききじゅん)とは、会計学において、収益費用財務諸表に計上すべき時期について判断する基準のことである。「現金基準」、「発生基準」、「実現基準」、実現可能基準、「決定的事象基準」等がある。