誤嚥性肺炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
誤嚥性肺炎
Aspiration pneumonia (2).jpg
神経疾患のある高齢者における誤嚥性肺炎の顕微鏡画像。異物巨細胞がみられる。
診療科 救急医学,呼吸器学
症候学 発熱, [1]
通常の発症 高齢者[2]
リスクファクター 意識レベル低下、誤嚥障害、アルコール依存症経管栄養口腔衛生の欠如[1]
診断法 既往歴、症状、胸部X線、培養[2][1]
鑑別 化学性肺炎、結核[1][2]
合併症 肺膿瘍[1]
使用する医薬品 クリンダマイシン、メロペネム、アンピシリン・スルバクタム、モキシフロキサシン[1]
頻度 患者の~10%ほどは入院必要[1]

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)は、胃または口から肺に比較的大量の物質が入ることによりなる肺感染症の一種である[1]。よくある徴候や症状は発熱が感染から比較的早期にみられる[1]。しかし、高齢者が主な罹患者であり、発熱がみられないなど非典型的症状を呈することもあることも少なくないことに注意する必要がある。食欲低下といったあまり関係のないような症状が誤嚥性肺炎の診断において大きな役割を果たすこともあるのが実情である。合併症には肺膿瘍があげられる[1]。中には非感染性の誤嚥性肺炎の亜型である、酸性の胃の内容物が肺に入り発症する化学性肺炎も含まれる[1][2]

感染は数種類の細菌が原因である可能性がある[2]。リスク要因には、意識レベルの低下、嚥下障害アルコール依存症経管栄養口腔の健康不良などがあげられる[1]。診断は通常、既往歴、症状、 胸部X線ないしは胸部CTに基づいて行われる。原因菌が不明の時点ではどの抗生剤を使うのが妥当かはっきりせず、経験に基づいた治療(抗生剤の使用)を行うが、培養検査も施行し、有効な抗生剤がはっきりすればそちらに変更するのが一般的である。他の種類の肺炎と区別するのが難しい場合もある[1]

治療は通常、クリンダマイシン、メロペネム、アンピシリン・スルバクタム、モキシフロキサシンなどの抗生物質が用いられる[1]。が、薬剤耐性の問題や、地域により、また医療施設により原因菌の特徴が異なることもあるため、柔軟な対応をすることも必要になってくる。化学性肺炎のみの患者には、抗生物質は一般的に必要ない[2]。肺炎で入院した患者のうち、約10%は誤嚥によるものである[1]。特に介護老人ホームにいる高齢者に発症することが多い[2]。男女ともに等しく発症する[2]

疫学[編集]

嚥下機能の低下した高齢者によくみられる疾患で、平成29年のデータでは日本の死亡統計では第5位の疾病である。[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o “Aspiration pneumonia: a review of modern trends”. Journal of Critical Care 30 (1): 40–8. (February 2015). doi:10.1016/j.jcrc.2014.07.011. PMID 25129577. 
  2. ^ a b c d e f g h Ferri, Fred F. (2017) (英語). Ferri's Clinical Advisor 2018 E-Book: 5 Books in 1. Elsevier Health Sciences. p. 1006. ISBN 9780323529570. オリジナルの2017-07-31時点におけるアーカイブ。. https://books.google.ca/books?id=wGclDwAAQBAJ&pg=PA1006. 
  3. ^ https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/kakutei17/dl/10_h6.pdf#search='%E8%AA%A4%E5%9A%A5%E6%80%A7%E8%82%BA%E7%82%8E+%E6%AD%BB%E5%9B%A0%E5%88%A5%E9%A0%86%E4%BD%8D'}
分類
外部リソース