誤差 (松本清張)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

誤差』(ごさ)は、松本清張短編小説である。『サンデー毎日1960年8月7日号に掲載され、1961年11月に短編集『駅路』収録として、文藝春秋新社から刊行された。

1962年2017年テレビドラマ化されている。

あらすじ[編集]

夏の終わりが近いある日、東海道から山に入った鄙びた温泉宿「川田屋」に、都会風の美貌の女性が現われた。安西澄子と名乗ったその女性は、あまり話をしたがらない様子を見せていたが、三日目に安西忠夫と名乗る長身の紳士が現われ、澄子と合流した。しかしその三日後、書店から夕方17時前に温泉宿に戻った紳士は、仕事で一時宿を離れる、家内はよく睡っているから誰も入らずにそのままにしてほしい、と言い残して17時半過ぎに宿を発った。その二時間後、澄子の死体が部屋から発見された。

当初、現場に到着した警察の嘱託医が述べた死後推定時間からは、死亡時刻が15時から16時の間との見解が得られた。続いて死体が解剖されたが、担当の病院長が述べた死後推定時間からは、死亡時刻が17時過ぎとの見解を得た。二人の医師の見解には差があったが、病院長は嘱託医の見解を、誤差と指摘した。警察としても、死亡時刻を17時過ぎとする病院長の見解のほうが、忠夫が澄子を殺したのち逃走という推定に合致し、満足すべきものであった。

捜査が進み、川田屋に泊まった紳士の本名は竹田宗一と判明、山岡刑事は東京に出張するが、まもなく竹田の首吊り死体が遺書と共に発見され、事件は容疑者の自殺で幕を閉じたかに思われた。

テレビドラマ[編集]

1962年版[編集]

1962年11月29日11月30日22時15分 - 22時45分に、NHKの「黒の組曲」枠にて2回にわたり放送された。

キャスト

スタッフ

  • 脚色:有高扶桑
  • 演出:安江泰雅

2017年版[編集]

松本清張 没後25年特別企画
誤差
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:00 - 23:08(128分)
放送期間 2017年5月10日
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ東京
監督 倉貫健二郎
原作 松本清張「誤差」
(新潮文庫刊『駅路』所収)
脚本 深沢正樹
出演者 村上弘明
剛力彩芽
陣内孝則
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

松本清張没後25年特別企画 『誤差』」のタイトルで、2017年5月10日21時 - 23時8分にテレビ東京系にて放送された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]