読売中高生新聞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
読売中高生新聞
種類 週刊新聞
サイズ タブロイド

事業者 読売新聞東京本社
本社 東京都千代田区大手町一丁目7番1号
代表者 山口寿一
創刊 2014年11月7日
言語 日本語
価格 月極 850円(税込み)
ウェブサイト https://www.yomiuri.co.jp/teen/
テンプレートを表示

読売中高生新聞(よみうりちゅうこうせいしんぶん)は、日本読売新聞東京本社の刊行による中学生高校生を対象とした週刊新聞。2014年11月7日創刊[1]。毎週金曜日発行。購読料金は月極850円だが、読売KODOMO新聞との併読の場合は月極め1100円、読売KODOMO新聞から切り替える際は最初の6か月間のみ月極め550円(いずれも税込み)。

略歴[編集]

2011年3月3日に創刊した『読売KODOMO新聞』(小学校高学年向け)の中高生版で、読売新聞創刊140周年記念事業の一環として読売新聞東京本社が2014年7月11日に創刊を発表。

当初は首都圏読売新聞東京本社管内の一部)と京阪神読売新聞大阪本社の一部)及び九州読売新聞西部本社管内)の一部のみでの販売を予定していたが、同時期にライバルの朝日新聞社の子会社である朝日学生新聞社が発行する『朝日中学生ウィークリー』の読者層を高校生にも拡大して『朝日中高生新聞』となることとなったため、それに対抗する必要が出たことから、急遽予定を変更し、創刊号から日本全国で販売(読売新聞東京本社管内の一部・読売新聞大阪本社管内の一部・読売新聞北海道支社管内・読売新聞北陸支社管内・読売新聞中部支社管内)することになった。

構成[編集]

政治経済社会スポーツファッションに関するニュースや話題のほか、日本各地の部活動の情報などを掲載。解説にはカラー図解も用いる。

読売KODOMO新聞と同様、漫画小説などの企画を中心に小学館が紙面制作に特別協力。学習記事の内英語のページのみ語学塾のイーオンが担当する。読売新聞が発行する英字新聞『ジャパン・ニューズ』の記事を使った長文問題も掲載される。

芸能人によるコラムも掲載している。2020年5月現在、『ジャニーズJr.の小箱』(リレー形式連載)、『Yroom』(AKB48グループ及び坂道シリーズ(1 - 4週目)、さかた校長[※ 1]SCHOOL OF LOCK!、5週目))が担当している。また「実録・レコメン!リスナー事件簿(後述)」で採用された体験記事も掲載される。

巻末にはグラビア面『PERSON』を掲載。

広報活動[編集]

創刊をアピールするテレビCMには西山潤紺野彩夏が出演、日本テレビBS日テレを中心に全国の民放テレビ局で2014年10月8日から放送されていて、2015年5月6日からSCHOOL OF LOCK! FRIDAYにてラジオCMをJFN加盟のラジオ局で放送している。

2020年5月現在は文化放送レコメン!」内コーナーとして、月曜23:45から「読売中高生新聞Presents 実録・レコメン!リスナー事件簿」を提供している[2]。本コーナーで採用された体験投稿が編集会議の審査を経て紙面に載る。投稿が採用されたリスナーには「記者手帳」(取材用メモ帳)が記念品として贈られる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 読売新聞 第18354号』 : “大学の講義 紙面で実況 読売中高生新聞” (27面)、2016年3月8日、読売新聞社
  2. ^ 実録・レコメン!リスナー事件簿”. 文化放送. 2019年10月12日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ 2020年3月まではとーやま校長が担当

関連項目[編集]