読書マラソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

読書マラソン(どくしょマラソン)とは、読書推進の一環として日本の各地で行われている取り組み。

一般的なルール[編集]

実施団体によって多少ルールに差異はあるが、大筋は以下のようなものである。

読書マラソン参加者は、エントリーしたのち、まず本を読み、「読書カード」にその本の感想を書く。感想を何枚か書いたのち、カウンターなどに提出することで、割引などの特典が受けられる仕組みとなっている。特典を設けることで、参加者が読書により精を出すことを目的としている。基本的には無料で行われているが、大学生協の場合、組合員でないと参加できない場合がある。

大学生協における読書マラソン[編集]

読書マラソンは各地の学校書店などでも行われているが、もっとも有名なのが、大学生協における読書マラソンである。「在学中に本を100冊読もう」をスローガンとして各大学で実施されている。2005年からは、全国大学生活協同組合が、朝日新聞社後援のもと、毎年「読書マラソンコメント大賞」を開催している。優秀者には賞品があり、『朝日新聞』紙上にコメントが掲載される。

関連項目[編集]