読谷道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
地域高規格道路
国道58号標識
読谷道路
路線延長 6.0 km
起点 沖縄県中頭郡読谷村親志
終点 中頭郡読谷村古堅
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路

読谷道路(よみたんどうろ)は、沖縄県中頭郡読谷村内に計画中の国道58号バイパス(全長6.0 km)である[1]。現在は読谷村大木 - 古堅と喜名 - 座喜味の区間が暫定2車線で部分供用している。

嘉手納バイパス宜野湾バイパス浦添北道路那覇西道路豊見城道路糸満道路とともに、地域高規格道路沖縄西海岸道路の一部を構成する。

概要[編集]

  • 起点:中頭郡読谷村親志
  • 終点:中頭郡読谷村古堅
  • 全長:6.0 km
  • 規格:第1種第3級
  • 車線数:4車線
  • 設計速度:80 km/h

沿革[編集]

  • 1987年度 : 事業化(読谷村大木 - 嘉手納町兼久、嘉手納バイパス区間も含む)
  • 1994年度 : 地域高規格道路に指定
  • 2000年度 : 整備区間に指定
  • 2003年 : 読谷村大木 - 古堅の1.3 kmが暫定2車線で部分供用。
  • 2013年 : 読谷村喜名 - 座喜味の1.5 kmが暫定2車線で部分供用。

接続する予定道路[編集]

出典[編集]

  1. ^ 沖縄西海岸道路 一般国道58号 読谷道路”. 内閣府沖縄総合事務局. 2018年4月24日閲覧。

関連項目[編集]