誰がために鐘は鳴る (宝塚歌劇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

誰がために鐘は鳴る(たがためにかねはなる)は宝塚歌劇団ミュージカル作品。

原作はアーネスト・ヘミングウェイ[1]の同名小説『誰がために鐘は鳴る』。

公演期間と公演場所[編集]

1978年星組
5月12日から6月27日[2](第一回・新人公演:5月30日[3]、第二回・新人公演:6月16日[3])まで宝塚大劇場で、8月4日から8月31日[4](第一回・新人公演:8月13日[3]、第二回・新人公演:8月20日[3])まで東京宝塚劇場で上演した。
2010年・宙組
11月12日から12月13日[5](新人公演:11月30日[6])まで宝塚大劇場で、2011年1月1日から1月30日[5](新人公演:1月20日[6])に東京宝塚劇場で再演。

ストーリー[編集]

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演のページ(初演)を参照[2]

第二次世界大戦スペインを舞台に、ファシスト軍を打倒するためにゲリラに身を投じたアメリカ合衆国の青年ロバート・ジョーダンが、敵の重要な橋梁を爆破しようと挺身する3日間を描く。

ロバートと、ファシストによって両親を殺され、自身も被害を受けた少女マリアとの短くも激しい恋物語。

主な配役[編集]

※「()」の人物は新人公演・配役

1978年[編集]

※下記のデータは宝塚・東京共通

ロバート・ジョーダン - 鳳蘭(第一回:峰さを理、第二回:孝まりお)[3]
マリア - 遥くらら(第一回:美花ちえり、第二回:紫城いずみ[3]
アグスティン - 但馬久美

2010年[編集]

※下記のデータは宝塚[7]・東京[8]共通

ロバート・ジョーダン - 大空祐飛愛月ひかる
マリア - 野々すみ花すみれ乃麗
アグスティン - 蘭寿とむ鳳樹いち
ピラール - 京三紗琴羽桜子
パブロ - 星原美沙緒風羽玲亜
ゴルツ将軍 - 寿つかさ天玲美音
サラ - 鈴奈沙也(美影凜)
メリーナ - 美風舞良花音舞
デュバル参謀長 - 天羽珠紀松風輝
ラファエル - 悠未ひろ風馬翔
アンセルモ - 珠洲春希(光海舞人)
アンドレス - 北翔海莉蒼羽りく
エル・ソルド - 風莉じん澄輝さやと
プリミティボ - 十輝いりす月映樹茉
マチルダ - 大海亜呼綾瀬あきな
エラディオ - 春風弥里星月梨旺
フェルナンド - 鳳翔大美月悠
町長夫人 - 花露すみか(*)
タマラ - 綾音らいら(千鈴まゆ)
イグナシオ - 蓮水ゆうや天風いぶき
ホアキン - 凪七瑠海星吹彩翔
ローサ - 純矢ちとせ藤咲えり
マルタ - 妃宮さくら(夢莉みこ)
ドロレス - 愛花ちさき(*)
ルピーノ - 七海ひろき天輝トニカ
指揮官 - 雅桜歌(*)
ディエゴ - 鳳樹いち(風海恵斗)
リタ - 美影凜(*)
ロジータ - 花音舞七瀬りりこ
ナタリア - 琴羽桜子(舞花くるみ)
ベラ - 千鈴まゆ(愛白もあ
町長 - 風羽玲亜(*)
フリオ - 光海舞人(*)
ファニータ - 藤咲えり伶美うらら
ホセ - 澄輝さやと春瀬央季
ルチア - すみれ乃麗百千糸
パコ - 星吹彩翔桜木みなと

1978年・宝塚大劇場公演のデータ[編集]

形式名は「ミュージカル・ロマン[2]」。副題は「アーネスト・ヘミングウェイ原作[2]」。2部37場[2]

スタッフ[編集]

2010年のデータ[編集]

形式名は「NTT東日本・NTT西日本フレッツシアター ミュージカル[5]」。2部33場[5]

専科男役星原美沙緒(パブロ役)の退団公演。

出演者[編集]

※宝塚[11]・東京[12]共通。「()」の文字は当時の所属組。

スタッフ(宝塚大劇場公演)[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 編集:山本久美子・西村房代・須藤晃代、編集補助:松岡幸子・浜田聖子・松本恵美・加藤貴子、編集協力:坂島和歌子・松川咲絵・浜本ひろ美・浅野千佳子・川口桂、執筆:三宅顕人(小林一三、ならびに劇場解説)、監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』 阪急コミュニケーションズ2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3。
  • 編集:山本久美子・西村房代・須藤晃代、編集補助:松岡幸子・浜田聖子・松本恵美・加藤貴子、執筆:三宅顕人(出版物・CD類解説)、監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』 阪急コミュニケーションズ2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0。