諏訪さき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

諏訪 さき(すわ さき、10月3日[1] - )は、宝塚歌劇団雪組に所属する男役スター。

京都府京都市[1][2]ノートルダム女学院高等学校出身[1][2]。身長172cm[1]。愛称は「しゅわっち」、「くっすー」[1][3][2]

来歴[編集]

2011年、宝塚音楽学校入学。

2013年、宝塚歌劇団に99期生として入団[4][5][3]。入団時の成績は2番。雪組公演「ベルサイユのばら」で初舞台[1][3]

2014年、組まわりを経て雪組に配属[4]

2020年、「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」で新人公演初主演[6][4][5][3][2]。新人公演最終学年となる入団7年目のラストチャンスでの抜擢となった[6][4][5][3][2]

人物[編集]

母も元タカラジェンヌで、大地真央と同期の元男役・諏訪アイ[4][7][2]

幼少期は特に宝塚を意識しなかったが、小学6年の時に安蘭けいの悪役に惚れて宝塚受験を志願した[2]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

組まわり[編集]

雪組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2019年7月、『宝塚巴里祭2019』

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、87頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  2. ^ a b c d e f g h <華宝塚>舞台で輝く姿見せたい 諏訪さき(雪組)”. 東京新聞. 2020年3月12日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 念願の新人公演主演を射とめ、男役冥利に尽きるギャング・ヌードルスを情感たっぷりに魅せる”. ウィズたからづか. 2020年2月1日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h 新人公演初主演「経験無駄ではなかった」/諏訪さき”. 日刊スポーツ. 2020年1月9日閲覧。
  5. ^ a b c d 宝塚雪組・諏訪さきが涙、涙の初主演「今まで生きてきた中で一番の経験、幸せな時間でした」”. スポーツ報知. 2020年1月21日閲覧。
  6. ^ a b c d e 雪組・諏訪さき 芝居巧者が待望初主演で輝き放つ”. スポニチAnnex. 2020年1月11日閲覧。
  7. ^ 『宝塚おとめ2019年度版/母娘・姉妹ジェンヌ一覧』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、97頁。ISBN 978-4-86649-089-2