諏訪市博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 諏訪市博物館

Suwa city musium , 諏訪市博物館 - panoramio.jpg

諏訪市博物館の位置(長野県内)
諏訪市博物館
長野県内の位置
施設情報
事業主体 諏訪市
延床面積 3099m2
開館 1990年10月28日
所在地 392-0015
長野県諏訪市中洲171-2
位置 北緯36度0分0.8秒 東経138度7分17.16秒 / 北緯36.000222度 東経138.1214333度 / 36.000222; 138.1214333座標: 北緯36度0分0.8秒 東経138度7分17.16秒 / 北緯36.000222度 東経138.1214333度 / 36.000222; 138.1214333
外部リンク suwacitymuseum.jp
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

諏訪市博物館(すわしはくぶつかん)は、長野県諏訪市にある市立の博物館

概要[編集]

1990年開館。展示内容は諏訪の歴史や自然、信仰をテーマに、諏訪大社高島藩諏訪湖製糸業黒曜石諏訪立川流彫刻、諏訪盆地における低湿地農業などの関係資料の他、市内の遺跡からの出土品など多岐にわたる。

館内には、諏訪市出身の考古学者藤森栄一の遺族から寄贈された、「諏訪考古学研究所」の資料が「藤森栄一コーナー」として展示されている。また藤森や戸沢充則の貴重な蔵書や、著書を閲覧出来る「すわ大昔情報センター」があり、書籍の検索を手伝うスタッフも常駐している[1]

常設展示室では、アニメーションによる諏訪の竜蛇伝説(甲賀三郎)、武田信玄の石棺(信玄が諏訪湖に埋葬されたという伝説)、諏訪湖の御神渡りの轟音等が紹介されている。特別展示室では原雅幸の寄贈による世界の蝶の標本2000個が展示されている。

主な展示品[編集]

利用案内[編集]

  • 開館時間:午前9時から午後5時 (入館は午後4時30分まで)
  • 休館日:月曜日、祝日の翌日、年末年始
  • 利用時間
    • 4月1日〜10月31日 - 午前9時から午後4時まで
    • 11月1日〜3月31日 - 午前10時から午後3時まで

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 諏訪市博物館ホームページ参照
  2. ^ 藤森栄一が発掘調査した。コトバンクブリタニカ国際大百科事典 小項目事典・茶臼山遺跡参照

参考文献[編集]

  • 『長野県の博物館』 長野県教育委員会 1989年
  • 『長野県ミュージアムガイド』 長野県博物館協議会 2017年