諏訪忠倫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
諏訪忠倫
時代 江戸時代中期
生誕 元文5年7月26日1740年8月18日
死没 延享4年8月16日1747年9月20日
改名 小太郎(幼名)、忠倫
戒名 蘭香院妙峯仁秀童子
墓所 東京都港区東禅寺
信濃高島藩世嗣
氏族 諏訪氏
父母 諏訪忠林諏訪忠虎
兄弟 忠倫忠厚松平乗完正室、頼訓ら
テンプレートを表示

諏訪 忠倫(すわ ただみち)は、江戸時代中期の信濃国高島藩の世嗣。

略歴[編集]

信濃国高島藩5代藩主・諏訪忠林の長男(嫡男)として誕生。母は4代藩主・諏訪忠虎の娘。幼名は小太郎。

信濃高島藩嫡子として生まれたが、幼少時に夭逝した。戒名は蘭香院妙峯仁秀童子。墓所は東禅寺

代わって、弟・忠厚が嫡子となっている。

参考文献[編集]

  • 『諏訪家譜』(『諏訪史料叢書』第27巻)