諏訪頼水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
諏訪 頼水
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 元亀元年12月23日1571年1月18日
死没 寛永18年1月14日1641年2月23日
別名 小太郎(通称)
墓所 長野県茅野市ちの上原の頼岳寺
官位 従五位下、因幡
幕府 江戸幕府
主君 徳川家康秀忠家光
上野総社藩主→信濃諏訪藩
氏族 諏訪氏
父母 諏訪頼忠:理昌院(向山氏)
兄弟 頼水、頼定、頼雄、頼広、頼盛
正室貞松院本多康重の長女)
忠頼(忠恒)頼郷、頼長、頼孚、娘(土岐定義正室)、娘(三枝守昌正室)、娘(大久保長重正室)、娘(徳永昌成正室)、娘(鳥居忠勝室)、娘(茅野頼良室)、娘(諏訪盛政室)、娘(諏訪頼寛室)

諏訪 頼水(すわ よりみず)は、江戸時代前期の大名信濃諏訪藩の初代藩主諏訪頼忠長男

生涯[編集]

天正3年(1577年)、6歳で父頼忠から諏訪大社大祝職を譲られる。天正18年(1590年)、父と共に小田原征伐に従軍する。その後、主家の徳川氏が関東に移封となったため、頼忠父子はこれに従って諏訪を離れて関東に移り、武蔵国奈良梨に所領を与えられた。その翌々年、上野国総社へ移封され、同年に父から家督を譲られている。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは徳川秀忠軍に従い、信濃国や上野国の守備を命じられた。その功績により、戦後の慶長6年(1601年)10月、信濃国高島2万7,000石へ復帰を許された。第二次上田合戦後には上田城の受取役を果たしている。

慶長19年(1614年)からの大坂の陣では甲府城の守備を命じられ、長男の忠頼が諏訪軍を率いて出兵した。頼水は冬の陣の際に自身が城の留守などのような閑職に留められていることに奮起し、夏の陣では大坂へ従軍させてもらうように願ったが、かなえられず夏の陣でも甲府城の守備を命じられた。

元和2年(1616年)、改易となった松平忠輝の身柄を預かり、その後、諏訪氏は忠輝の面倒を生涯見ている。寛永11年(1634年)、第3代将軍・徳川家光から杯と饗応を受けるという厚遇を受けるほどの信任を受けた。寛永17年(1640年)、忠頼(忠恒)に家督を譲って隠居し、翌年1月14日に72歳で死去した。

頼水は政治手腕に優れ、前領主の七公三民で荒れ果てていた農地に逃散していた百姓を呼び戻して新田開発を奨励するなど、藩政の安定に尽力した。また、頼水の剛毅で正義感が強いことを示すのに以下の逸話が知られている。 世に永明寺事件<ref>参考文献『復刻諏訪史料叢書』(諏訪史談会「諏訪史蹟要項 茅野市ちの篇」)諏訪教育会編、 中央企画、1983年 復刻版<ref>という、頼水の末娘亀姫が頼水にあてた書状(嫁ぎ先で起きたトラブルを告げ口)を、使いの下男が途中でとなりの下男と喧嘩し、衣之渡川へ捨てられてしまった。となりの下男は後難をおそれて 、諏訪氏の菩提寺である永明寺に罪人が逃げ込んだ。頼水は罪人を引き渡すように命じたが、僧侶は特権を楯にして引き渡さなかった。そこで業を煮やした頼水は、寺を焼いて罪人を捕まえ首を刎ねた。この時に匿った僧侶も有無を言わせずに処刑したと言われている。この時代、菩提寺を焼くというのは恐れ多いことである。その後、頼水は新たな菩提寺として寛永8年(1631年)に頼岳寺を創建している。

参考文献[編集]