諏訪頼雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
 
諏訪頼雄
時代 江戸時代前期
生誕 不明
死没 寛永8年11月4日1631年12月26日
改名 竹千代(幼名)→頼雄
別名 源太右衛門、美作(通称)
主君 諏訪頼水
信濃諏訪藩家老
氏族 諏訪氏
父母 父:諏訪頼忠、母:向山氏娘・理昌院
兄弟 頼水、頼定、頼雄、頼広、頼盛
正室:松平近正[1]
盛政、三安
テンプレートを表示

諏訪 頼雄(すわ よりかつ)は、江戸時代前期の信濃国諏訪藩家老。諏訪図書家初代。諏訪頼忠の四男。兄頼水に家老として仕え、領内の新田開発に功績があった。

略歴[編集]

諏訪頼忠の四男として生まれ、幼時は父・頼忠の徳川家への人質として父が臣従した徳川家康の居城の駿府で過ごす。文禄元年(1592年)、上野国総社領主となった兄・頼水に仕えた。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いの際には、徳川秀忠付きとなった頼水の供をして、上野国高崎城を守備した。慶長6年(1601年)、頼水が、功績により旧領信濃高島へ転封となるとそれに従う。頼水の意向に従って、領内原山の新田開発を指揮し、慶長15年(1610年)、に完成させた。慶長16年(1611年)、江戸藩邸で火災が起こり、火元となった藩士高山左太夫の処罰を巡って、厳罰を主張する頼水に諫言して対立し、他の重臣達と共に藩を退去する。翌慶長17年(1612年)、屋代秀正小笠原秀政の仲裁により頼水が折れて帰参する。慶長19年(1614年)、元和元年(1615年)、大坂夏冬両陣では甲府城守備を命じられた頼水に従う。

齢松山福寿院(茅野市)を開基する(年代不明)。

元和7年(1621年)、病により隠居して家督を嫡男・盛政に譲る。寛永8年(1631年)11月4日死去。

代々、高島城二の丸に居住し二の丸家と呼ばれ、8代頼保は二の丸騒動で切腹を命じられる。図書家は家名断絶した。

人物[編集]

婚儀の際、松平近正火車退治に用いた藤嶋友重の刀(火車切)と火車の爪を贈られ、代々家宝として伝えた。

原山新田の開発に尽力したことから領民に崇敬され、鎮守社に兄頼水と共に祭られた。

脚注[編集]

  1. ^ 『豊後府内大給家譜』では松平一生の娘。即ち近正の孫娘。

参考文献[編集]

  • 『諏訪史年表』諏訪教育会
  • 『諏訪資料叢書第27巻』諏訪教育会 . NCID BN12468435 
  • 『諏訪の近世史』諏訪教育会