論語の注釈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
論語集解』学而
論語集注』(DjVuファイル)

論語の注釈(ろんごのちゅうしゃく)は、『論語』に付された注釈。論語の注釈史はそのまま中国学術の歴史と言っても過言ではなく、その注釈書の数は世界的に見ても最多の部類に入る[1]中国をはじめ朝鮮日本でも数多くの論語の注釈が作られ、それぞれの時代・社会を反映してきた[2]。本項では現代の注釈書(参考書)、翻訳まで提示する。

概説[編集]

論語の注釈には古注と新注の二派がある。古注は漢代や唐代の諸儒学者による注で、訓詁学に長じる[注 1]。新注は朱熹の注釈である。朱熹以前に論語を注したものは二十一家あったと伝わり、朱熹は程門諸儒十二家の説を参照に半生を費やして『論語集注』をまとめあげた。代になると考証学が盛んとなり、毛奇齢焦循中国語版劉宝楠中国語版などが新説を出している。これらは多く皇清経解に収められている[注 2]

宋学に至るまでの注[編集]

鄭註論語

後漢末の大儒、鄭玄の注釈書。『論語鄭玄注』などともいう。漢代当時、『論語』はの二国に伝わる『魯論』・『斉論』の二つがあり、さらに漢初に孔子の宅から発掘された古文の『古論』があった。前漢末に張禹により『魯論』と『斉論』の整理が行われ、その上で鄭玄が三論を総合して『鄭註論語』を作った[3]

散逸して長らく逸文のみ伝わっていたが、20世紀初頭の敦煌トルファン学において、複数の古写本断片が発見された。それらの断片をまとめたものとして、日本では金谷治編『唐抄本鄭氏注論語集成』平凡社(1978年)がある。

論語集解

完本として伝わる最古の『論語』の注釈書が『論語集解』である[4]正始2年(241年)に成立した[5]朱熹の「新注(『論語集注』)」に対して「古注」と称される。編者は何晏195年?-249年)とされるが、その伝記(『三国志』巻九)では編纂について言及されず、どこまでを何晏の解釈とするかは判断が難しい[4]

論語義疏

南朝梁皇侃488年-545年)による注釈書。十巻から成る[6]。『論語集解』をもととして、魏晋以来の諸家の注釈と皇侃自らの注釈から成る[7]。別名『論語集解義疏』。から南朝宋に及ぶ六朝の『論語』に関わる議論を見るに、この本をおいて他は及ばないと評価される[6]。当時の学術の風潮のため、玄学あるいは仏教的な解釈の引用も多いが、それらを穏当に論じる[4]

論語注疏

『論語集解』・『論語義疏』をもとにして、邢昺が詳細な注を加えたもの。これによってから北宋に至る『論語』の諸注が包含されて価値が高く、十三経注疏に入っている[8]

論語集注

南宋朱熹1130年-1200年)による注釈書。『四書集注』に含まれる。何晏等による『論語集解』の「古注」に対して「新注」と称される。 元において朱子学が国教化されて以降、のみならず、朝鮮半島や日本にも影響を及ぼした[4]。日本では林羅山の訓読法(「道春点」)が著名。

明清期の注[編集]

論語正義

清代の劉宝楠中国語版が、新注の持つ欠点への反省と清朝考証学の成果に基づいて古注によりながらも、どの説にもとらわれずに注釈を施した最も詳細なもの。著者の没後、1866年に子の劉恭冕中国語版の補訂をへて刊行された[9]

日本人儒者による注[編集]

論語古義

伊藤仁斎1627年-1705年)の著。仁斎は『論語』を「最上至極宇宙第一の書」と尊重した。初めは朱子学者であったが、後に反朱子学に立場を変え、孔子孟子の原義に立ち返る「古義」を標榜した。『論語古義』では、字句の解釈において『論語集注』や『論語大全』を多く用いた上で、内容解釈において朱熹を批判し、自身の解釈を示す[10]。論語二十編中の前半十編を上論として正編、後半十編を下編として続編と考え、以後の学者たちに大きな影響を与えた[11]

論語徴

荻生徂徠1666年-1728年)の著。徂徠は朱子学、仁斎学を論駁し、古代の言語、制度文物の研究を重視する「古文辞学」を標榜した[12]。秦・漢以前の古書に徴して、古語の真の意味を求め、独創的な解釈を施す。日本人の注釈として最も優れているとも評され、上述の劉宝楠中国語版『論語正義』にも引用されている[13]。『論語』は先王の道を論じており、孔子の偉大さは、これを後世に伝えたことにあるとする。朱熹を古代の言語を全く知らないと批判し、多くの場合、仁斎をも批判する[12]

論語示蒙句会解

中村惕斎1629年 - 1702年)著。惕斎は、本書も含めて「訓蒙書」(女子供向けの解説書)の著者として知られる。なかでも『訓蒙図彙』は、絵入り百科事典として後に多くの類書を生んだ[14]

論語徴集覧

松平頼寛が徂徠の『論語徴』を軸に歴代の注釈を比較したもの。

論語逢原

懐徳堂学派の中井履軒が集注を批判的に継承したもの[15]

論語語由

亀井南冥#著書

論語集説

安井息軒1799年 - 1876年)著。息軒が、何晏の『論語集解』を底本とし、朱熹の集註、仁斎の古義、徂徠の徴、及び清朝の諸家の説を引き、自説を加えたもの。広く諸注を集めていて便利である[16]

1872年初版刊行[17]1909年服部宇之吉の校訂を経て冨山房〈漢文大系〉から再刊。1972年普及版刊行。

論語会箋

竹添井井1842年 - 1917年)著。朱熹の集註を主とし、「箋日」として、古注の馬融・鄭玄以下の数十家、また日本の仁斎や徂徠以下を引用しながら、自説を記したもの[18]

近現代の日本語の訳注[編集]

中国学者[編集]

金谷治訳注(『論語』岩波文庫

金谷治訳注。初版1963年1999年に改訂新版。各・ワイド版も出された。原文は文庫旧版『論語』(武内義雄、昭和8年〈1933年〉)を採用し、読み下し(書き下し)は主として後藤芝山の後藤点と林羅山の道春点に拠っている。ただ、この読みは多く朱熹の新注(『論語集注』)に従っていることから、清原家本の点といった諸点を参照し、誤読と判断した部分は改めている。解釈には何晏の『論語集解』(古注)、後漢鄭玄注、南宋朱熹の『論語集注』(新注)のほか、主として劉宝楠中国語版の『論語正義』、潘維城の『古注集箋』、王歩青の『四書匯参』、江戸時代伊藤仁斎『論語古義』、荻生徂徠『論語徴』を参考とし、奇説と判断したものは避けている。現代語訳は、金谷によれば補いを最小限に、説明は注にまわして原文のニュアンスをそこなわないように腐心している。なお特に現代語訳文には、倉石武四郎の訳書と吉川幸次郎の訳解書から示教を得ている。[21]

加地伸行訳注(『論語 全訳注』講談社学術文庫

加地伸行訳注。初版2004年、増補版2009年発行。原文には十三経注疏本を採用し、底本はほとんど改めていない。書き下し(読み下し)は現代語訳に沿う。注は中国学として常識的な注を除いて作者の解釈により、本文自体についても作者の独自解釈が相当に含まれる。現代語訳は原則的に『論語集解』(古注)に基づくが、他の注解に拠ったり、作者の解釈によるものもある[22]

注の訳注[編集]

小川環樹『論語徴』

小川環樹訳注『論語徴』全2巻・平凡社東洋文庫 1994年。徂徠の『論語徴』に対する訳注。

土田健次郎『論語集注』

土田健次郎訳注『論語集注』全4巻・平凡社東洋文庫 2013年-2015年。朱熹の『論語集注』に対する訳注。他の注も参照する。

石本道明・青木洋司『論語 朱熹の本文訳と別解』

石本道明・青木洋司著。明徳出版社、2017年初版発行。『論語集注』に対する訳注と別解。集注原文の底本は、中華書局「新編諸子集成 第一輯」1983年第一版を採用し、別解として適宜、何晏等『論語集解』(底本は十三経注疏整理本『論語注疏』北京大学出版社、2000年)、皇侃『論語義疏』(底本は中国思想史資料叢刊『論語義疏』中華書局、2013年)、伊藤仁斎『論語古義』(底本は『論語古義』文泉堂発行、文政12年〈1829年〉再刻)、荻生徂徠『論語徴』(底本は『荻生徂徠全集』三、四巻・みすず書房、1977-78年)を用い、他、陸徳明経典釈文』、韓愈李翺『論語筆解』、劉敞『公是先生七経小伝』等の諸解釈を引用した章もある[23]

子安宣邦『論語古義』

子安宣邦『仁斎論語 『論語古義』現代語訳と評釈』上・下 ぺりかん社 2017年。仁斎の『論語古義』に対する訳注と評釈。

渡邉義浩『論語集解』

渡邉義浩主編『全譯論語集解』上・下 汲古書院 2020年。『論語集解』に対する訳注。他の注も参照する。

中国学者以外[編集]

渋沢栄一『論語講義』

渋沢栄一著。二松学舎大学出版部 1925年、新版1977年。明徳出版社 1975年。講談社学術文庫(全7巻)1977-78年。

穂積重遠『新訳 論語』

穂積重遠訳。社会教育協会 1947年。講談社学術文庫 1981年。

下村湖人『現代訳 論語』

下村湖人訳著[24]池田書店 1954年。角川文庫 1967年。PHP研究所 2008年。

桑原武夫『論語』

桑原武夫訳。筑摩書房〈中国詩文選〉1974年。新版1982年。ちくま文庫 1985年(郷党第十までのみ)

齋藤孝『論語 現代語訳』

齋藤孝訳。筑摩書房〈ちくま新書〉2010年。ちくま文庫 2016年

一億三千万人のための『論語』教室

高橋源一郎著。「論語」は古くて難しいという先入観を吹き飛ばす、高橋が20年の歳月をかけた省略なし・完全新訳の「論語」と銘打って2019年に河出新書で刊行。話し口調や砕けた文末など大胆な現代語訳を与えているが、高橋は「論語」は古びないとの評価のもと本書は「超訳」でも創作でもなくある意味で最も厳密な翻訳と評価している[25]

近現代の日本語以外の訳注[編集]

1861年のジェームズ・レッグ、1938年のアーサー・ウェイリーによる英訳などがある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 包咸・周氏・孔安国馬融鄭玄陳羣王粛・周生烈(周氏と同一人物か)の八家と無記名の編纂者の注釈から構成されるのが『論語集解』。邢昺が『論語集解』・『論語義疏』(これも『論語集解』をもとに魏晋以来の諸家の注釈と皇侃自らの注釈から成る)をもとにして、邢昺が詳細な注を加えたものが『論語注疏』である。今日では一般に『論語集解』 が「古注」と呼ばれる。
  2. ^ 当節は光学館編集部編『漢文叢書』を参照した。著作権保護期間満了のため、参照部分の全文を示す。
    四、論語の研究書
    註解には二派ある。新註古註とである。古註は諸儒の註で、十三経註疏にある孔安国馬融鄭玄邢昺等の説が主であって訓詁に長じてゐる。新註は儒の説で、朱熹の集註が主である。義理に於て勝ってゐる。
    元来、朱子以前に論語を註したもの二十一家あった。朱子は程門諸儒十二家の説を取つて遂に論語集註を成したのであつて、朱子は殆ど半生を之に費やしたのであつた。
    朝に至つて考據の学が盛んとなり、毛奇齢焦循中国語版劉宝楠中国語版等各々新説を出して学者に益することが多い。これらは多く皇清経解に収めてある。
    光学館編集部編『漢文叢書』(1940年、14版、p.4、著作権保護期間満了) - 国立国会図書館デジタルコレクション” (日本語). dl.ndl.go.jp. 2019年12月12日閲覧。

出典[編集]

  1. ^ 吹野安、石本道明『孔子全書』1、明徳出版社、1996年9月、14頁。ISBN 4896194314。NCID BA44278890
  2. ^ 湯浅 2018.
  3. ^ 吹野安、石本道明『孔子全書』1、明徳出版社、1996年9月、14-15頁。ISBN 4896194314。NCID BA44278890
  4. ^ a b c d 石本,青木 2017, p. 5.
  5. ^ 江連隆『論語と孔子の事典』大修館書店、1996年9月1日。ISBN 9784469032086。NCID BN15124206
  6. ^ a b 影山輝國『『論語』と孔子の生涯』中央公論新社〈中公叢書〉、2016年3月25日、42-44頁。ISBN 9784120048166。NCID BB20993957
  7. ^ 石本,青木 2017, pp. 5,5.
  8. ^ 江連隆『論語と孔子の事典』大修館書店、1996年9月1日、426-427頁。ISBN 9784469032086。NCID BN15124206
  9. ^ 江連隆『論語と孔子の事典』大修館書店、1996年9月1日、426-427頁。ISBN 9784469032086。NCID BN15124206
  10. ^ 石本,青木 2017, p. 6.
  11. ^ 江連隆『論語と孔子の事典』大修館書店、1996年9月1日、427頁。ISBN 9784469032086。NCID BN15124206
  12. ^ a b 石本,青木 2017, pp. 5-6.
  13. ^ 江連隆『論語と孔子の事典』大修館書店、1996年9月1日、427頁。ISBN 9784469032086。NCID BN15124206
  14. ^ 江連隆『論語と孔子の事典』大修館書店、1996年9月1日、426-427頁。ISBN 9784469032086。NCID BN15124206
  15. ^ 久米裕子「訳注『論語逢原』(1)」『京都産業大学論集. 人文科学系列』第31巻、2004年、 16頁。
  16. ^ 江連隆『論語と孔子の事典』大修館書店、1996年9月1日、426-427頁。ISBN 9784469032086。NCID BN15124206
  17. ^ https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/754385
  18. ^ 江連隆『論語と孔子の事典』大修館書店、1996年9月1日、426-427頁。ISBN 9784469032086。NCID BN15124206
  19. ^ 服部宇之吉『國譯漢文大成經子史部第一卷『四書・孝經』』。
  20. ^ 橋本 2009, p. 118.
  21. ^ 金谷 1963, pp. 3-12.
  22. ^ 加地 2009, pp. 3-7,11.
  23. ^ 石本,青木 2017, pp. 2,3.
  24. ^ 『現代訳論語』:新字新仮名 - 青空文庫
  25. ^ 一億三千万人のための『論語』教室(書籍紹介ページ)”. 河出書房新社. 2020年6月29日閲覧。

参考文献[編集]