論語義疏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

論語義疏』(ろんごぎそ)は、南朝儒学者である皇侃488年 - 545年)の著した注釈書。全10巻。『論語集解義疏』とも呼ばれる。

何晏が著した『論語集解』を基として、魏晋南北朝時代以来の諸家の注釈、及び自己の注釈からなる。「義疏」とは経書の注釈に対しての注釈を意味している。当時の学術の風潮により、玄学または仏教的な解釈の引用も多いが、それらを穏当に論じている。

脚注[編集]

[ヘルプ]