諫早インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
諫早インターチェンジ
所属路線 E34 長崎自動車道
IC番号 10
料金所番号 02-849
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0034.svgJapanese National Route Sign 0057.svg 諫早 島原 雲仙
起点からの距離 104.2 km(鳥栖JCT起点)
今村PA (3.6 km)
(4.9 km) 長崎多良見IC
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0034.svg国道34号
供用開始日 1982年11月17日
通行台数 x台/日
所在地 854-0063
長崎県諫早市貝津町
テンプレートを表示
諫早の位置(九州内)
諫早
諫早
長崎自動車道における諫早ICの位置

諫早インターチェンジ(いさはやインターチェンジ)は、長崎県諫早市にある長崎自動車道インターチェンジである。諫早市街のほか島原市雲仙岳雲仙温泉小浜温泉方面へ向かう場合に便利である。本項では併設するバス停留所である諫早バスストップ(いさはやバスストップ)についても記述する。 一部の標識では略字表記である「諌早」が使われている。島原道路が当ICで接続する予定である[1]

西日本高速道路九州支社長崎高速道路事務所が併設されている。

道路[編集]

接続する道路[編集]

料金所[編集]

ブース数:8

入口[編集]

出口[編集]

  • ブース数:5

周辺[編集]

諫早バスストップ[編集]

諫早バスストップ(いさはやバスストップ)は、諫早インターチェンジに併設されたバス停留所である。バス事業者間では、諫早インター(いさはやインター)という名称が使われており、一般的にはこの通称名で呼ばれている。バス停留所は国道34号(長崎方面)に面したところにあるため、ここに停車するバスは一旦本線車道から外れてランプウェイを通り料金所を出ることになる。バス停に入る際は国道上ではなくランプウェイ脇の専用道路を通る構造になっており、諫早インターチェンジより高速道路に出入りする「島原号」は停車できない。

長崎市内発着の各高速バスが停車するが、「九州号」を除き長崎行きへの乗車・長崎発からの降車は出来ない

停車する系統[編集]

路線愛称 運行会社 方面
長崎空港リムジンバス 長崎県交通局 長崎空港
九州号 九州急行バス 長崎行き長崎(昭和町・平和公園長崎駅
福岡行き嬉野温泉(嬉野BC)・高速基山福岡空港福岡天神高速BT博多BT
ユタカライナー ユタカ交通 福岡(HEARTS BS博多
出島号 長崎県交通局 高速基山・北九州引野口小倉駅前砂津
りんどう号 長崎県交通局
九州産交バス
熊本桜町BT熊本駅西部車庫
サンライト号 長崎県交通局
長崎自動車
大分交通
大分バス
高速甘木別府北浜大分トキハ前・大分新川
ブルーロマン号 長崎県交通局
宮崎交通
宮崎宮交シティ宮崎駅前BC
ランタン号 長崎県交通局
南国交通
鹿児島天文館鹿児島中央駅
オランダ号 近鉄バス 神戸三宮駅)・大阪USJなんばOCAT大阪駅)・京都京都駅八条口)
ユタカライナー ユタカ交通 神戸(三宮)・大阪(梅田)・京都(京都駅八条口)

のりかえ[編集]

[編集]

E34 長崎自動車道
(11) 長崎多良見IC - (10) 諫早IC/BS - 今村PA(上り線のみ) - (9-1)木場PA/BS/スマートIC(PAは下り線のみ) - (9) 大村IC/BS
島原道路(諫早外環状線)
小船越IC -(この間事業中)- 諫早IC

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「一般県道諫早外環状線(諫早インター工区)」”. 長崎県. 2018年8月27日閲覧。

関連項目[編集]