諸葛融

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

諸葛 融(しょかつ ゆう、? - 253年)は、中国三国時代の武将。字は叔長徐州琅邪郡陽都県(現在の山東省臨沂市沂南県)の出身。父は諸葛瑾。叔父は諸葛亮ら。兄は諸葛恪諸葛喬。系図も参照。三国志呉志諸葛瑾伝に付随して記載がある。

生涯[編集]

諸葛融は性格が寛容であり、高貴な環境で寵愛されて成長した。若い時は何でも楽しみたい事を追いかけ、経書の解釈も学んだため何でも知っていたが、あまり精確でなかった。鷹揚な性格で様々な技芸に通じていたため、まだ正式な官位に就かないうちから孫権の呼び出しに応じ、幾度か御前に参上した。後、正式に騎都尉の官を授けられた。赤烏年間、新都都尉陳表呉郡都尉の顧承は部隊を率いて毗陵に屯田を開き、男女あわせて数万人に耕作させていた。孫権は陳表が病死すると、諸葛融に命じて陳表の後を継がせた。

赤烏4年(241年)、父が死去した時には兄の諸葛恪が既にに封ぜられていたので、諸葛融は父の爵位を受け継ぎ、公安督として父の部隊の兵士達を執りまとめて駐屯した。赤烏13年(250年)、王昶江陵に攻めてくると、施績(朱績)は迎撃したが敗れ、一度江陵城に撤退した。しかし陸凱らの援軍を得たため王昶を撤退させることができた。施績は諸葛融に手紙を送り、共同で敵を討ち破ろうと計画した。諸葛融はこれに同意したが、約束を守らなかったため、結果的に王昶を捕り逃がしてしまった。元来から良くなかった諸葛融・諸葛恪と施績の仲は、この件によってさらに悪くなった。

孫権の死後、奮威将軍に任ぜられた。諸葛恪は淮南の征伐に向かった時、諸葛融に仮節を授け軍を率いて河水に入らせ、西方の魏軍を迎撃させた。

諸葛恪が孫峻に政変で誅殺されると、施寛は命を受けて施績・孫壱・全煕らの軍を動かし、諸葛融を捕えるべく派遣させた。諸葛融は急に軍隊が派遣されたのを聞きつけると、驚き慌てどう対処すればよいかわからなかった。派遣された軍が到着して城を包囲されると、諸葛融は毒薬を仰いで自殺した[1]。3人の息子もみな殺された。

人物[編集]

諸葛融が楽しく遊ぶ事に長けていたため、部隊の兵士達や役人幕僚達は諸葛融によくなついた。諸葛融が駐屯している間は、辺境地帯も平穏無事であったという。秋と冬には狩猟をして軍事訓練を行ない、春と夏には賓客を招いて盛んな宴会を開くなどしたため、休暇で駐屯地から離れていた官吏や兵士達の中には、千里の道を遠いとも思わずやって来て参加する者があった。

宴会を開く時には、必ず賓客達の一人一人に尋ねて、それぞれの得意とするところを聞き出した。その答えに応じて、双六囲碁投壺弾弓樗蒲などの遊戯会場を設置し、同じような技量の対戦相手を用意した。それぞれグループに分かれて競技させると、その場においしい果物を次々と運び込ませ、上等の酒をおもむろに振る舞わせた。諸葛融は一日中これらの宴会をまわり、様子を観覧して楽しみ、終日退屈することがなかった。

諸葛融は贅沢を好んだ。父や兄の諸葛恪は行軍する時にあっては、質素な服装を心がけていたが、諸葛融は錦や刺繍模様の派手な衣服を身に就け、一族において最も綺羅を尽くした。

家系図[編集]

諸葛豊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
諸葛珪諸葛玄龐徳公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
諸葛瑾諸葛亮諸葛均
 
龐山民龐統龐林諸葛誕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
諸葛恪諸葛喬諸葛融諸葛瞻諸葛懐諸葛望龐宏諸葛靚
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
諸葛攀諸葛尚諸葛京諸葛質諸葛恢
 
 
諸葛顕

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 虞溥江表伝』によると、金印の亀型の取っ手を削り、その金粉を飲用して死んだとある。