諸葛質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

諸葛 質(しょかつ しつ、生没年不詳)は、中国三国時代の人物である諸葛亮の孫、諸葛瞻の子とされる人物。

張澍『諸葛忠武侯文集』故事諸葛篇が引く『雑記』に以下の説話がある。

263年蜀漢の滅亡に際して、劉禅の子の洮陽王劉恂が魏に降るのを拒み、関索霍弋呂凱らと共に南方に逃れた。そして諸葛質を使者として南蛮王孟虬に保護を求める。孟虬は母の祝融夫人と相談した上で一行を迎え入れ、劉恂らは南中の永昌郡(現在の雲南省西部)に隠退した。

三国志』後主伝が引く『蜀紀』に拠れば、劉恂は271年に劉禅が亡くなるとその跡を継いでおり、劉禅らと共に洛陽に移っていたものと考えられる。また同じく後主伝では、洮陽王ではなく新興王に封じられている。

三国志』諸葛亮伝に拠れば、264年諸葛京と諸葛顕(諸葛喬の孫)たちが河東に移住したとある。

関索、祝融夫人、その子の孟虬は『三国志』をはじめとする正史類には見られない。また『三国志』呂凱伝に拠れば、呂凱は263年以前に亡くなっている。

『諸葛忠武侯文集』諸葛篇にはこの他にも、諸葛懐(諸葛亮の三子)、諸葛果(諸葛亮の娘)、諸葛望(諸葛均の息子)らに関する佚文が引かれている。

家系[編集]

諸葛豊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
諸葛珪諸葛玄龐徳公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
諸葛瑾諸葛亮諸葛均
 
龐山民龐統龐林諸葛誕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
諸葛恪諸葛喬諸葛融諸葛瞻諸葛懐諸葛望龐宏諸葛靚
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
諸葛攀諸葛尚諸葛京諸葛質諸葛恢
 
 
諸葛顕