謎の佳人レイチェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
謎の佳人レイチェル
My Cousin Rachel
Olivia de Havilland and Richard Burton in My Cousin Rachel 1952.jpg
監督 ヘンリー・コスター
脚本 ナナリー・ジョンソン英語版
原作 ダフネ・デュ・モーリア
レイチェル英語版
製作 ナナリー・ジョンソン
出演者 オリヴィア・デ・ハヴィランド
リチャード・バートン
音楽 フランツ・ワックスマン
撮影 ジョセフ・ラシェル英語版
編集 ルイス・R・レフラー英語版
製作会社 20世紀フォックス
配給 アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1952年12月25日(ニューヨーク市限定)
アメリカ合衆国の旗 1954年12月24日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
イタリア語
製作費 $1,200,000
興行収入 $1,300,000
テンプレートを表示

謎の佳人レイチェル』(なぞのかじんレイチェル、My Cousin Rachel)は1952年アメリカ合衆国サスペンス映画。 監督はヘンリー・コスター、出演はオリヴィア・デ・ハヴィランドリチャード・バートンなど。 原作はダフネ・デュ・モーリアの1951年の小説『レイチェル英語版』。

20世紀フォックスが原作小説の映画化権を獲得し、米映画初出演となるリチャード・バートンと契約した。しかし、脚色に原作者デュ・モーリアと監督に決まっていたジョージ・キューカーが不満を示し、キューカーが降板するというトラブルに見舞われた。

作品自体は、バートンの演技を含め、肯定的な評価を得ており、第25回アカデミー賞で4部門にノミネートされた(受賞はならず)ほか、バートンが第10回ゴールデングローブ賞新人スター賞英語版を受賞した。

日本では劇場公開されず、テレビ放映された[1]

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

製作[編集]

原作者デュ・モーリアエージェントは『レイチェル英語版』の映画化権を10万ドルに加え、世界興行収入の5%という条件で売り出したが、どの映画スタジオも拒否し、結局20世紀フォックスが1951年9月に8万ドルで購入した。監督にはジョージ・キューカーが決まっていたが、プロデューサーでもあるナナリー・ジョンソン英語版が執筆した脚本に不満で、最終的に降板した。またデュ・モーリアもジョンソンの脚本に不満で、自ら脚本を手直しすると申し出たがジョンソンは関心を示さなかった。なお、キューカーはヒロインにヴィヴィアン・リーを希望していたが、ジョンソンはグレタ・ガルボを起用しようとしていた[2]

ヒロインは最終的にオリヴィア・デ・ハヴィランドに決まった。1949年の映画女相続人』でアカデミー主演女優賞を受賞して以降、舞台に専念していた彼女にとって数年ぶりの映画出演となった。

作品の評価[編集]

映画批評家によるレビュー[編集]

初公開時から主演2人の演技を含めて概ね高評価を得ており、後に2002年にはアメリカン・フィルム・インスティチュートによる「情熱的な映画ベスト100」にノミネートされている(最終的に選外)[3]

受賞歴[編集]

映画賞 授賞式開催日 部門 対象者 結果
アカデミー賞 1953年3月19日 助演男優賞 リチャード・バートン ノミネート
美術賞(モノクロ作品部門) ライル・R・ウィーラージョン・デキュア英語版ウォルター・M・スコット英語版 ノミネート
撮影賞(モノクロ作品部門) ジョセフ・ラシェル英語版 ノミネート
衣裳デザイン賞(モノクロ作品部門) チャールズ・ルメイアードロシー・ジーキンス ノミネート
ゴールデングローブ賞 1953年2月26日 映画部門 主演女優賞 (ドラマ部門) オリヴィア・デ・ハヴィランド ノミネート
新人スター賞英語版 リチャード・バートン 受賞

後の作品への影響[編集]

原作にとって初の映像化作品であり、後にテレビドラマやラジオドラマ、舞台劇にもなっている。 さらに2017年には『レイチェル』として再映画化されている(監督:ロジャー・ミッシェル、主演:レイチェル・ワイズサム・クラフリン)。

出典[編集]

  1. ^ 謎の佳人レイチェル”. allcinema. 2019年1月2日閲覧。
  2. ^ My Cousin Rachel (1953) - Notes” (英語). TCM.com. 2019年1月2日閲覧。
  3. ^ America’s Greatest Love Stories 400 Nominated Films (PDF)” (英語). アメリカン・フィルム・インスティチュート. 2019年1月2日閲覧。

関連項目[編集]