警察庁警備局公安課

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

警察庁警備局公安課(けいさつちょうけいびきょくこうあんか)は、警察庁警備局の課の一つ。

概要[編集]

全国の公安警察による極左暴力集団右翼団体に対する捜査の指導を行っている。

秘密警察と指摘されることがある[1]

職掌[編集]

警察庁組織令(昭和29年6月30日政令第180号)第38条に所掌事務が規定されている。

(公安課)
第38条 公安課においては、次の事務をつかさどる。
一 警備情報の収集、整理その他警備情報に関すること(外事情報部の所掌に属するものを除く。)。
二 次に掲げる犯罪その他警備犯罪の取締りに関すること(外事情報部の所掌に属するものを除く。)。
  イ 刑法(明治40年法律第45号)第2編第2章及び第3章に規定する犯罪
  ロ 破壊活動防止法(昭和27年法律第240号)に規定する犯罪
  ハ 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定の実施に伴う刑事特別法(昭和27年法律第138号)第6条及び第7条に規定する犯罪
  ニ 日米相互防衛援助協定等に伴う秘密保護法(昭和29年法律第166号)に規定する犯罪
三 無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律(平成11年法律第147号)の規定に基づく意見の陳述その他の活動に関すること。

チヨダ[編集]

公安警察は日本共産党極左暴力集団・右翼団体などに対して行う、協力者運営などの情報収集活動(公安警察では作業と呼ばれる)も任務としているが、当初は警察庁警備局公安課のサクラが、作業の指導を全国の公安警察に行っていた。しかし、日本共産党幹部宅盗聴事件によってサクラの存在が露呈したため、サクラは警察庁警備局公安課から、警察庁警備局警備企画課に移され、コードネームをチヨダに改めている。チヨダがクローズアップされるようになった2000年頃には、コードネームをゼロに改めている[2]

脚注[編集]

  1. ^ 世界大百科事典』(平凡社1988年版)「政治警察」の項目
  2. ^ 青木理 『日本の公安警察』 講談社現代新書 p.138

参考[編集]

関連項目[編集]