警視庁フォートファイターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
警視庁フォートファイターズ
原語表記 警視庁フォートファイターズ
ホームタウン 東京都
創設年 1972年
所属リーグ V.LEAGUE Division2
チーム所在地 東京都新宿区
代表者 小林利一
監督 井上人哉
ホームページ  
 表示 

警視庁フォートファイターズ(けいしちょうフォートファイターズ)は、東京都を本拠地とする警視庁の男子バレーボールチームである。2018年7月現在、V.LEAGUE Division2に所属。

概要[編集]

1972年4月、警視庁特科車両隊にて「隊員の士気高揚・チームワークの確立・都民に親しまれる警察官」を目指すという趣旨のもとで創部された[1]。構成員は部長(特科車両隊隊長がそのまま務める。2016年現在の部長は大門雅弘警視)から部員に至るまで当然、全員が警察官。1999年V1リーグ(現・Vチャレンジリーグ)昇格。

愛称の「フォートファイターズ」は、バレーボーラーとしての所属選手たちの姿を「戦う砦」と捉えており、その姿から喩えて付けられている[2]

練習見学希望者は事前に要問い合わせである[3]。ホームゲームは東京都内の体育館で開催される。

歴史[編集]

1972年4月、警視庁特科車両隊にバレーボール部発足。実業団リーグ(現・Vチャレンジリーグ)入りを目標とし、経験者や愛好者11名でスタートした[1]

1981年より始まった地域リーグに第1回から参加。第2回、第4回、第5回大会では東部リーグ2位に入るが、最終ランドで2位以内に入れず実業団リーグ昇格はならなかった。以降、しばらく東部リーグを勝ち抜けない時期が続く。1999年の第19回地域リーグで、東部リーグで1位となり14大会ぶりに最終ラウンド進出。最終ラウンドでも1位となり初優勝を果たす。入替戦でも勝利し、創部27年にして漸く悲願のV1リーグ(実業団リーグより改称)昇格を達成した。

V1リーグ初参戦となる1999/2000シーズンの第2回V1リーグでは7位となり入替戦出場となるが、連勝して残留。以降は勝率5割に近い成績を残す。2002年は東京都代表として国体に出場し、3位の成績を残した。2003/04シーズンの第6回V1リーグでも6勝6敗の5割だったもの、2位以下が混戦になったこともあり、セット率で2位となり初の準優勝となる。Vリーグ入替戦では東レ・アローズに連敗しVリーグ(現・プレミアリーグ)昇格とはならなかったが、2戦とも1セット奪う健闘は見せた。

2004/05シーズン以降もV1リーグ(2006/07シーズンよりV・チャレンジリーグに改称)で5割に近い成績を残していくが、2007/08V・チャレンジリーグでは13勝5敗の成績で2度目の準優勝を果たした。V・チャレンジマッチ(入替戦)ではNECブルーロケッツから1セットも取れずに連敗して昇格はならなかった。

2008/09V・チャレンジリーグでは、ファイナルリーグで7戦全敗を喫して8位となる。2009/10大会でも上位リーグ進出を逃し7位。

2010年、「フォートファイターズ」がチーム愛称となる[4]

以降は順位を上げ、2011/12シーズンでは4位、2012/13シーズンでは3位、2013/14シーズンでは念願の初優勝を果たした[5]

成績[編集]

主な成績[編集]

V1リーグ / チャレンジリーグ、チャレンジリーグIV.LEAGUE Division2
黒鷲旗全日本選抜大会
  • 優勝 なし
  • 準優勝 なし

年度別成績[編集]

大会名 順位 参加チーム数 試合数
V1リーグ 第2回 (1999/00) 7位 8チーム 14 4 10
第3回 (2000/01) 5位 8チーム 14 7 7
第4回 (2001/02) 5位 8チーム 14 8 6
第5回 (2002/03) 6位 8チーム 14 6 8
第6回 (2003/04) 準優勝 7チーム 12 6 6
第7回 (2004/05) 4位 8チーム 14 7 7
第8回 (2005/06) 5位 8チーム 14 7 7
V・チャレンジリーグ 2006/07シーズン 6位 9チーム 16 7 9
2007/08シーズン 準優勝 10チーム 18 13 5
2008/09シーズン 8位 12チーム 18 7 11
2009/10シーズン※ 7位 11チーム 14 8 6
2010/11シーズン 6位 11チーム 16 6 10
2011/12シーズン※ 4位 11チーム 15 8 7
2012/13シーズン 3位 11チーム 20 16 4
2013/14シーズン 優勝 11チーム 20 18 2
2014/15シーズン 3位 12チーム 22 18 4
V・チャレンジリーグI 2015/16シーズン 5位 8チーム 21 10 11
2016/17シーズン 7位 8チーム 21 6 15
2017/18シーズン 3位 8チーム 21 12 9
V・LEAGUE Division2 2018/19シーズン 9チーム

(注)※印のシーズンはレギュラーラウンドと上位リーグまたは下位リーグの合計。

選手・スタッフ[編集]

選手[編集]

2018年9月1日版[6]

背番号 名前 シャツネーム 国籍 P 備考
1 小川貴大 OGAWA 日本の旗 日本 OP
2 伊藤裕之介 ITOU 日本の旗 日本 S
3 水野貴文 MIZUNO 日本の旗 日本 MB
4 加藤啓 KATO 日本の旗 日本 MB 主将
5 大野隆一 OHNO 日本の旗 日本 MB
6 松本幸博 MATSUMOTO 日本の旗 日本 WS コーチ兼任
8 石川俊輔 ISHIKAWA 日本の旗 日本 L コーチ兼任
9 進藤佑一 SHINDO 日本の旗 日本 MB マネージャー兼任
10 豊田将人 TOYODA 日本の旗 日本 WS
11 冨吉駿平 TOMIYOSI 日本の旗 日本 WS
12 小川功太 OGAWA 日本の旗 日本 WS/L
13 中村航太朗 NAKAMURA 日本の旗 日本 WS
14 中道元貴 NAKAMICHI 日本の旗 日本 WS
15 河西敦司 KASAI 日本の旗 日本 WS/OP
17 佐藤秀俊 SATO 日本の旗 日本 WS
19 神谷昴紀 KAMIYA 日本の旗 日本 L
21 古田彰紀 FURUTA 日本の旗 日本 L
22 阿部翼 ABE 日本の旗 日本 MB

スタッフ[編集]

2018年9月1日版[6]

役職 名前 国籍
部長 小林利一 日本の旗 日本
部長(マーケティング担当) 尾谷哲央 日本の旗 日本
副部長(運営担当) 蔵谷吉喜 日本の旗 日本
監督 井上人哉 日本の旗 日本
コーチ 平林康博 日本の旗 日本
コーチ兼選手 松本幸博 日本の旗 日本
コーチ兼選手 石川俊輔 日本の旗 日本
コーチ 鈴木雅史 日本の旗 日本
トレーナー 西山正洋 日本の旗 日本
トレーナー 濱村啓志 日本の旗 日本
トレーナー 渡邉隆一郎 日本の旗 日本
トレーナー 佐藤嘉人 日本の旗 日本
マネージャー兼選手 進藤佑一 日本の旗 日本
事務局長(広報担当) 山崎文雄 日本の旗 日本
総務(財務担当) 前田忠博 日本の旗 日本

脚注[編集]

  1. ^ a b チーム沿革”. Vリーグ機構. 2013年10月25日閲覧。
  2. ^ チーム概要”. Vリーグ機構. 2013年10月25日閲覧。
  3. ^ 「V・チャレンジリーグ男子名鑑&展望 警視庁フォートファイターズ」『Vリーグ観戦ガイドブックV.LEAGUE2012/13【チームの顔】月刊バレーボール12月号臨時増刊』、日本文化出版、 137頁。
  4. ^ トピックス一覧(2009/10シーズン)”. Vリーグ機構 (2010年3月19日). 2013年10月25日閲覧。※「警視庁フォートファイターズ[2010/03/19]」が見出しの箇所。
  5. ^ Vリーグ機構. “2013/14V・チャレンジリーグ男子 最終結果”. 2014年3月30日閲覧。
  6. ^ a b チーム登録選手”. Vリーグ機構. 2018年9月2日閲覧。

関連項目[編集]