警視庁強行犯係・樋口顕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

警視庁強行犯係・樋口顕』(けいしちょうきょうこうはんがかり・ひぐちあきら)は、今野敏による日本警察小説のシリーズ。1996年から2000年にかけて3作が刊行され、2014年に第4作『廉恥』が14年ぶりに刊行された。2020年には『焦眉』が刊行され、2021年の連続ドラマ版(後述)最終話の原作に用いられた。 これまでに何度かテレビドラマ化されており、鹿賀丈史緒形直人内藤剛志らが樋口顕役を演じた。

シリーズ一覧[編集]

  1. リオ
  2. 朱夏
    • 単行本:1998年4月15日発売[4]、幻冬舎、ISBN 4877282270
    • 文庫本:2007年10月1日発売[5]、新潮文庫、ISBN 978-4-10-132152-3
  3. ビート
    • 単行本:2000年10月31日発売[6]、幻冬舎、ISBN 434400034X
    • 文庫本:2005年3月28日発売[7]、幻冬舎文庫、ISBN 4344406222
    • 文庫本:2008年5月1日発売[8]、新潮文庫、ISBN 978-4-10-132154-7
  4. 廉恥
    • 単行本:2014年4月24日発売[9]、幻冬舎、ISBN 9784344025691
    • 文庫本:2016年8月5日発売[10]、幻冬舎文庫、ISBN 9784344425101
  5. 回帰
    • 単行本:2017年2月22日発売[11]、幻冬舎、ISBN 9784344030688
    • 文庫本:2019年8月26日発売[12]、幻冬舎文庫、ISBN 9784344428720
  6. 焦眉
    • 単行本:2020年4月16日発売[13]、幻冬舎、ISBN 9784344036017

主な登場人物[編集]

樋口 顕(ひぐち あきら)
主人公。年齢40歳→45歳(『廉恥』)。警視庁捜査一課強行犯第三係係長→警視庁刑事部捜査一課殺人犯捜査第三係樋口班(『焦眉』)。階級は警部補警部(『ビート』)。捜査一課でのあだ名は「ヒグっちゃん」で、主な表記は「樋口」。「顕」の名で呼ばれることはまったくない。年齢よりも若々しく見え、キャリア(優等生)に近い雰囲気を持つ。見た目通り荒事は苦手。
常に他人の顔色を窺い波風立てないように生きてきたが、実際は「自分勝手にマイペースに生きる人間」に憧れている。周囲には「協調性がある」と見られているが、樋口に言わせれば「妥協しているだけ」とのこと。上司や部下から信頼されていることに気づいており、それに答えるために「やる気のある人間」を演じている。一方で、自分には評価されるほどの能力はないと考え、いつ馬脚を露すか内心では怯えており、そんな卑屈な自分を嫌っている。
しかし洞察力や推理力は高く、真実を追求することに掛けては妥協せず、時にはスタンドプレーも辞さない。『リオ』ではチームのほとんどを敵に回しながらも氏家と協力して事件を解決に導いた。また容疑者から「話を聞く」姿勢を自然と取っており、無理やり喋らせるのではなく相手から話をさせるというやり方で取り調べをする。
基本的に他人は信用しておらず、嫉妬深いところもある。しかし、『朱夏』では氏家のアドバイスに従い、様々な人間たちに素直に接することで信頼を得、見事に事件を解決させた。
『廉恥』では管理官候補ということで隠蔽捜査のように捜査本部に詰めることが多く、取り調べや事情聴取くらいでしか動くことはなくなった。またこの時は、ストーカー殺人が起こったことで警察が世間から叩かれる可能性に焦りを感じ、旧作よりも神経質な面が見られた。『焦眉』の終盤では所轄が落とせなかった被疑者を取り調べ、「動機を話したがっている」ことを見抜き、数々の証拠を突きつけると同時に動機を話してほしいと問い続けることで見事自供させた。
天童 隆一(てんどう りゅういち)
年齢47歳→51歳(『廉恥』)。警視庁捜査一課強行犯第一係係長→第二強行犯捜査の管理官(『廉恥』)。階級は警部補→警視(『廉恥』)。樋口の上司であり、彼が駆け出しの頃は二人でコンビを組んでいた。若い頃は世田谷署警ら課(今で言う地域課)に勤めており、後に公安を得て捜査一課へと移った。現在は直接捜査には当たらず、他の班の捜査の段取りをする立場にある。このポジションは、かつては「ショムタン」と呼ばれており、今でも天童はその名称を用いている。ただし『廉恥』以降は用いていない。
刑事というよりは学者に近い雰囲気を醸し出しており、性格も温和。樋口には強い信頼を置いており、内心では常に彼を励ましている。
『廉恥』では出世しており階級も上がっており、尚且つ、明らかに太り気味な体型になっている。また捜査本部が主な舞台になったことで出番が大幅に増えた。
田端 守雄(たばた もりお)
捜査一課課長。天童と同じく樋口を信頼している。太い首に凄みのある笑みと、野性的な人物。若い頃は、猪突猛進に捜査に当たっていたという叩き上げ。外見に反して会議中に軽い冗談を言うなど明るい性格。
『廉恥』では捜査本部が主な舞台になったことで出番が大幅に増えた。樋口には管理官候補として期待している。
『隠蔽捜査』の第5弾や第7弾にゲスト出演しており、主人公・竜崎伸也の人柄を知って「噂通りの方だ」と称えた。このほか、『安積班シリーズ』の『烈日』や『炎天夢』、『萩尾警部補シリーズ』の『確証』、『同期』シリーズの『変幻』にも登場する。
池田 厚作(いけだ こうさく)
年齢50歳。警視庁捜査一課の理事官(一課長に次ぐ地位)。階級は警部。天童と同じく樋口を信頼している。
安積班シリーズ』の『烈日』に収録されているエピソードにも管理官としてゲスト出演しているほか、『同期』シリーズの『欠落』にも登場。
氏家 譲(うじいえ ゆずる)
年齢38歳(『リオ』)→「40歳になる」(『ビート』)→43歳(『廉恥』)。萩窪署生活安全課→警視庁生活安全部少年事件課少年事件第三係(『廉恥』)→警視庁捜査二課選挙係係長(『焦眉』)。階級は巡査部長→警部(『焦眉』)。樋口とは『リオ』での一件からコンビを組んで親しくなり、『朱夏』においても相棒として最後まで協力した。『ビート』では管轄が違うこともあってあまり登場しなかったが、家庭内不和に悩む樋口にアドバイスを送っている。こうしたつき合いから樋口の妻子にも受けがいい。
大学時代は心理学を専攻していた。当人は「学生時代に学んだことなんて忘れてしまった」と述べているが、実際は教授から大学に残ってほしいと引き留められたほどの実力者。樋口が「動機がない」と断じた人物に対して「心の内に隠された動機」を見抜き、真犯人の割り出しにたびたび貢献している。
女にだらしない面を感じさせるが、ふしだらな若者たちに対して説教したり、彼らを生み出した大人たちに対しても静かな怒りを持つ。皮肉的な笑みを浮かべることが多い、これは世の中に対する不満を「自嘲」という形で表し抑えているに過ぎないという。一見するとやや粗野に見えるが、実際は周囲を気遣う気配りの利いた人物。樋口が信を置く数少ない「友人」である。
『廉恥』では電話越しの会話のみ登場。樋口とは細かく連絡を取っているので台詞は多い。樋口の娘・照美がある事件に巻き込まれたことを伝え、解決までサポートした。
『焦眉』では本人が再登場。警部になって研修も終え、樋口と久しぶりに酒を酌み交わした。その後、樋口たちに合流して殺人事件の捜査に協力する。
小椋 重之
樋口班のベテラン刑事。年齢51歳(『焦眉』)。階級は警部補。愛称は「オグさん」。
樋口より年上のため敬語を使われている。
藤本 由美(ふじもと ゆみ)
樋口班の紅一点。元々はドラマ版オリジナルキャラクターで、原作『焦眉』の終盤にゲスト出演した。
樋口 恵子
樋口の妻。小柄でショートの黒髪。大学時代は英語に熱心で、英文科に通っていた。現在はそれを活かして下訳(翻訳家の資料作り)の仕事をしている。夫とは大学時代から付き合っており、結婚後17年経った今でも良き妻として樋口を支えてきた。
大学時代は男子学生たちから人気があったが、告白してきた樋口と恋仲となる。しかし、大学4年生の時にアメリカへ留学し疎遠となってしまう。半年後に帰国し、それを知った樋口から電話を受けたことで再び付き合いが始まった。常に感情を抑えている樋口がこうできたのは、「自分と恵子の絆は常に繋がっている」と考えていたことが大きい。
『朱夏』では何者かに誘拐されてしまい、わけもわからずパニックに陥る。それでも監禁生活の中で次第に落ち着きを取り戻し、夫が必ず助けに来てくれると信じ続けた。
樋口 照美
樋口家の一人娘。高校生→二十歳、大学三年生(『廉恥』)→新社会人(『焦眉』)。恵子が24歳の時に生まれたため、「母娘」というよりは「友人」のような気軽さで接している。
『廉恥』では大学三年生となり、部屋に引きこもってネットサーフィンばかりやっている。そのため父とはロクにコミュニケーションがとれていない。ある事件に巻き込まれてしまい、父として無実を証明しようとする樋口に対して当初は反抗的だった。

テレビドラマ[編集]

NHK版[編集]

NHK BS-2にて、1997年6月1日から6月29日まで、「日だまり刑事 容疑者リオの涙」のタイトルでテレビドラマ化(全4話)。主演は鹿賀丈史。同年12月に全2回に編集されたものが地上波で放送された。

キャスト(NHK版)[編集]

スタッフ(NHK版)[編集]

  • 原作 - 今野敏『リオ』
  • 脚本 - 坂田義和
  • 音楽 - 千住明[15]
  • プロデューサー - 近藤晋
  • 演出 - 松原信吾

テレビ東京版[編集]

今野敏サスペンス
警視庁強行犯係 樋口顕
ジャンル 刑事ドラマ
原作 今野敏
脚本 大石哲也
坂上かつえ
真部千晶
監督 児玉宜久
金佑彦
植田尚
出演者 内藤剛志
矢田亜希子
逢沢りな
佐野岳
片山萌美
小松利昌
斉藤暁
川上麻衣子
榎木孝明
佐野史郎
製作
チーフ・
プロデューサー
濱谷晃一(テレビ東京
プロデューサー 山鹿達也(テレビ東京)
田中智子(テレビ東京)
元信克則(ユニオン映画
岡本慶章(ユニオン映画)
製作 テレビ東京
ユニオン映画
放送
放送チャンネルテレビ東京系
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
第1作 - 第2作
(女と愛とミステリー)
エンディング歴代主題歌を参照
放送期間2003年8月20日
2004年9月12日
放送時間水曜 20:54 - 22:48(地上波)
日曜 21:00 - 22:54(衛星放送)
放送枠女と愛とミステリー
放送分114分
回数2
女と愛とミステリー
第3作 - 第4作
(水曜ミステリー9〈第2期〉)
エンディングエンディングテーマを参照
放送期間2015年2月25日
2015年8月26日
放送時間水曜 21:00 - 22:48
放送枠水曜ミステリー9
放送分108分
回数2
水曜ミステリー9
第5作
(水曜エンタ・水曜ミステリー9)
エンディングエンディングテーマを参照
放送期間2016年12月21日
放送時間水曜 21:00 - 22:48
放送枠水曜ミステリー9
放送分108分
回数1
烈火 警視庁強行犯 樋口顕
第6作
放送期間2018年12月14日
放送時間金曜 20:00 - 21:48
放送分108分
回数1
回帰 警視庁強行犯係・樋口顕
第7作
放送期間2019年9月2日
放送時間月曜 20:00 - 21:48
放送分108分
回数1
聖域 警視庁強行犯係・樋口顕
第8作 - 第9作
(月曜プレミア8)
放送期間2020年10月19日
2020年12月14日
放送時間月曜 20:00 - 21:54
放送枠月曜プレミア8
放送分114分
回数2
月曜プレミア8
連続ドラマ
オープニングMOTOR HOTEL「Exotic Tokyo」
エンディングReN「Running Forward」
放送期間2021年1月15日 - 2月19日
放送時間金曜 20:00 - 20:54
放送枠金曜8時のドラマ
放送分54分
回数6
公式ウェブサイト
テンプレートを表示

警視庁・樋口警部補」のタイトルで内藤剛志主演で、2003年に『朱夏』が、2004年に『リオ』がテレビドラマ化された。

2015年、「警視庁強行犯 樋口顕」のタイトルで、11年ぶりに放送された。内藤剛志と佐野史郎が同じ役で出演する。『回帰』は原作とは内容が大きく異なる。また『烈火』『聖域』はドラマ版オリジナルとなる。

2020年、『呪縛』『鬼火』が放送。

警視庁強行犯係 樋口顕』(けいしちょうきょうこうはんがかり ひぐちあきら)は、2021年1月15日から2月19日までテレビ東京系「金曜8時のドラマ」枠で放送[16]。同シリーズでは初の連続ドラマ[16]

放送枠は「女と愛とミステリー」(第1作 - 第2作)、「水曜ミステリー9(第2期)」(第3作 - 第4作)、「水曜エンタ・水曜ミステリー9」(第5作)、「月曜プレミア8」(第8作 - 第9作)、「金曜8時のドラマ」(連続ドラマ)。

本作品は「犯人探し」「謎解き」以外にもう一つのテーマとして「親子」「夫婦」「家族」など身近なものを扱っている[17]

キャスト(テレビ東京版)[編集]

樋口班[編集]
樋口顕
演 - 内藤剛志[18][19]
警視庁捜査一課強行犯第三係一班係長。警部補→警部。特技は剣道。
須崎
演 - 内田健介[20](第1作・第2作)
警視庁捜査一課強行犯係。
谷川茂樹
演 - 斉藤慶太(第4作)、古原靖久(第5作)
警視庁捜査一課強行犯係。巡査部長。
藤本由美
演 - 片山萌美(第6作 - )
警視庁捜査一課強行犯第三係一班。巡査→巡査長。
菊池和馬
演 - 佐野岳(第7作 - )
経歴:警視庁高輪北警察署
→ 警視庁捜査一課強行犯第三係一班(第7作 - )
巡査。天童の甥。職場でもたまに「おじさん」と呼んでいる。
中田裕之
演 - 小松利昌(第7作 - )
警視庁捜査一課強行犯第三係一班。巡査長→巡査部長。既婚者。
警察関係者[編集]
氏家譲
演 - 佐野史郎[19]
経歴:警視庁荻窪南警察署生活安全課(第1作 - 第2作)
→ 警視庁生活安全部少年事件課少年事件第三係(第3作 - 連続ドラマ第5話)
→ 警視庁捜査二課選挙係(連続ドラマ最終話)
警部補→警部(連続ドラマ第5話・最終話)。バツイチで独身。
天童隆一
演 - 寺田農(第1作・第2作)、榎木孝明[19](第3作 - )
警視庁捜査一課管理官。警視。菊池の叔父。樋口を「ヒグッちゃん」と呼んでいる。
田端守雄
演 - 水島涼太(第3作)、大河内浩(連続ドラマ第1話・最終話)
警視庁捜査一課長。警視正。
吉崎衛
演 - 斉藤暁(第8作 - )
警視庁鑑識課。警部補。
松山レミ
演 - 玉井らん[21][22](連続ドラマ第4話・第5話)
警視庁捜査一課 通信担当。
樋口家[編集]
樋口恵子
演 - 風吹ジュン(第1作・第2作)、川上麻衣子(第3作 - )
樋口の妻。夫と娘の三人で、第6作まで集合住宅、第7作から一軒家に住んでいる。
子ども食堂のボランティアをしている。
樋口照美
演 - 柳沢なな(第1作・第2作)、逢沢りな(第3作 - )
樋口と恵子の娘。第1作と第2作は高校3年生。第3作から第6作は東都大学の学生。第5作は就職活動をしていて、出版社の入社試験を受けたが全て不採用だったため大学を留年した。第7作から社会人で、連続ドラマはネットメディア「オリエンタルポスト」の記者[23]
遠藤家[編集]
遠藤貴子
演 - 矢田亜希子(第7作 - )
東洋新聞社会部記者。夫を亡くして以来、娘と二人で暮らしている。
遠藤ナオミ
演 - 寺田藍月[24](第7作)、太田結乃[25](第9作)
慎一と貴子の娘。
遠藤慎一
演 - 溝呂木賢(第9作)
故人。システムエンジニア。貴子の夫。5年前、通り魔から女性を助けようとして刃物が刺さり死亡。
遠藤昭江
演 - 鷲尾真知子(第9作)
慎一の母。嫁が仕事にかまけて孫をカギっ子にしているのを快く思っていない。
その他[編集]
馬場尚雄
演 - 斎藤譲[26](第8作・第9作)
東洋新聞社会部デスク。
千葉功
演 - サンシャイン池崎[27](連続ドラマ第1話・最終話)
ネットメディア「オリエンタルポスト」の編集長。照美の上司。
店員
演 - 土屋翔[28](連続ドラマ)
居酒屋「炉ばた 灯台」の店員。
ゲスト[編集]

第1作 - 第9作 / 連続ドラマ

第1作 - 第9作(2003年 - 2020年)[編集]
第1作『朱夏』
第2作『リオ』
第3作『廉恥』
  • 小泉蘭子(警察庁刑事指導官 警視) - 釈由美子
  • 石田真奈美(美容師・麻里の友人) - 江口のりこ
  • 楢崎公平(麻里に痴漢を働き裁判中・冤罪を訴える・元銀行員) - 宮川一朗太
  • 南田麻里(キャバクラ「スィフト」ホステス・源氏名「アヤカ」) - 三津谷葉子
  • 木田亮太(警視庁捜査一課強行犯係 巡査部長) - 河合龍之介[38]
  • 柳本行雄(通徳運輸 社員・麻里のストーカー) - 小林健
  • 樫田臨(パチンコ屋の副店長・麻里のストーカー・前科2犯) - 湯江健幸[39]
  • 尾崎(警視庁大橋警察署強行犯係 刑事) - 少路勇介
  • ユカリ(キャバクラ「スィフト」ホステス・麻里の同僚) - 岸明日香[40]
  • 斉藤(鉄道警察隊) - 南原健朗[41]
  • 楢崎朋子(楢崎の妻) - 田村友里
  • 伊勢原(警視庁サイバー犯罪対策課) - 内田健介
  • 安部(鑑識係長) - 高橋正臣
  • スナックのママ - クノ真季子
  • 柳本のアパートの大家 - 小柳友貴美
  • 梶原(樫田をかくまっていた女) - 平塚千瑛
  • 山口(警視庁大橋警察署強行犯係 刑事) - 岡部尚
  • ホステス - 緒川凛
  • 山口幸三(護送中の犯人) - 田中良一[42]
  • 吉村(警視庁捜査一課強行犯係 刑事) - 佐藤和明[43]
  • 高校生 - 柿原敏人[44]
  • マンガ喫茶店員 - 長谷川正尚
  • 昭島忠雄(東京総合法律事務所 弁護士) - 伊藤正之
  • 植村浩二(警視庁大橋警察署強行犯係 警部補) - 小木茂光
第4作『ビート』
第5作『烈火』
第6作『回帰』
  • 因幡芳治(フリージャーナリスト・元警視庁捜査一課刑事) - 尾美としのり[69]
  • 小野寺佑(中古車販売「さいたまオート」従業員) - 夕輝壽太
  • 市川啓太(雄作の息子・1年前自殺) - 萬雅之[70]
  • 塩崎祐司(警視庁捜査一課強行犯係 警部) - 俵木藤汰[71]
  • 戸倉英二(警視庁捜査一課 刑事) - 本田大輔
  • 佐藤正義(警視庁公安部 警部補) - 花田昇太朗[72]
  • 柳瀬泰彦(警視庁公安部外事第三課 警部) - 宇梶剛士[69]
  • 長澤敦(衆議院議員・元防衛大臣) - 鶴田忍
  • 佐久間理恵(市川雄作の義妹) - 萩尾みどり
  • 梅田正之(警視庁公安部 管理官) - 嶋田久作[69]
  • 市川雄作(フレンチレストランシェフ) - 志賀廣太郎
  • 牧田詠子(イラン日本大使館職員) - 黒谷友香
  • 吉岡巧(照美のボーイフレンド) - 福山翔大[73]
  • 永山晴子(フレンチレストラン店長) - 福田ゆみ[74]
  • 岩本(10年前の被疑者) - 榊原美鳳
  • 坂本祐介(食品輸入会社「デリシャストレード」経営者・被害者) - 佐藤幾優[69]
  • 食品輸入会社「デリシャストレード」社員 - 今野杏南[75]
  • 食品輸入会社「デリシャストレード」社員 - 枝元萌
  • 中島亨(身代わり出頭者) - 花戸祐介
  • 大村真太郎(中古車販売「さいたまオート」店主) - 浅野彰一[76]
  • リポーター - 山中秀樹
  • 鑑識係 - 佐藤誓
  • 捜査員 - 奥野智也
  • 刑事 - 水沢駿
  • 西澤(フレンチレストランシェフ) - 中野剛[77]
  • ワイン業者 - ウクレレえいじ
  • 警視庁科学捜査研究所 研究員 - 赤松新
  • 千葉(警視庁公安部外事第三課) - 飯野泰功[78]
  • 中古車販売「さいたまオート」従業員 - 室龍規[79]
  • 西山(麹町東警察署 署長) - 針原滋[80]
  • 田村(警視庁捜査一課強行犯係 刑事) - 藤原智之
  • 記者 - 柳谷一成
  • 記者 - 渥美麗
  • 長澤議員の秘書 - 紺野ふくた
  • 吉岡(巧の父) - 加藤忠可
第7作『聖域』
  • 黒崎雅夫(黒崎総合法律事務所 代表・婿養子・祐基の実父) - 宅間孝行[81]
  • 関修志(警視庁練馬東警察署 巡査部長) - 大高洋夫
  • 小林英昭(東洋新聞 カメラマン) - 内野謙太[82]
  • 丸山清(盗難事件の被害者) - 吉岡睦雄
  • 原田達也(護送車から逃走した少年) - 葵揚[83]
  • 井沢祐基(井沢と叔江の息子) - 岩崎楓士[84]
  • 丸山昭子(丸山清の母) - 大川栄子
  • 黒崎幸次郎(志桜里の父・黒崎総合法律事務所 元代表) - 伏見哲夫
  • 赤塚富子(スーパー「A-PRICE」店員) - 大草理乙子
  • 東洋新聞 社会部編集長 - 嶋尾康史
  • 筒井康介(豊西病院 医師) - 蔵原健[85]
  • 刑事 - 清水拓蔵
  • 刑事 - 平子悟[86]
  • アナウンサー - 森山るり
  • 弁当屋 - 金子なな子
  • 井沢叔江(井沢則之の妻・黒崎総合法律事務所 元事務員) - 中島亜梨沙
  • 原田勝治(原田達也の祖父) - 不破万作
  • 黒崎志桜里(黒崎雅夫の妻) - 高橋由美子
  • 井沢則之(東日本精密機器産業機器事業部営業課 社員・無精子症) - 高橋和也
第8作『呪縛』
  • 仲村秋生(家具職人・関東交通刑務所を仮出所) - 高橋光臣[87](中学生:井上源大[88]
  • 仲村史恵(和之の妻・旧姓「高橋」) - 黒川芽以
  • 川野弘至(中古車販売員・夏子の夫) - 伊藤正之
  • 川野梨花(足立南高等学校 2年生・川野と夏子の娘) - 喜多乃愛[89]
  • 平沼惣助(家具職人・秋生の師匠) - 山田明郷
  • 前原功(自称YouTuber・元モデル事務所の経営者・和之の中学時代の同級生) - 土屋佑壱
  • 仲村和之(商社マン・秋生の兄) - 尾関伸次[90]
  • 馬淵(YouTuber・照美の恋人) - タマ伸也[91]
  • 西本昌子(居酒屋店員) - 山野海[91]
  • 永井孝(警視庁西池袋警察署刑事課 刑事) - 泉知束[92]
  • 久保栄二(西和商事 社員・前原の中学時代の同級生) - 森山栄治
  • 村井(警視庁東赤羽警察署 刑事) - 藤原智之[91]
  • 仲村宏和(和之と秋生の父・美佐子の夫・4年前急死) - 中村シユン
  • 捜査二課 - 竹田茂生
  • コンビニ店員 - 高石賢治
  • 川野夏子(ネイルサロン「Wings」代表) - 田中美奈子
  • 仲村美佐子(和之と秋生の母) - かたせ梨乃[93]
第9作『鬼火』
  • 嶋崎紀子(結婚式場「ソレイユ・ウエディング天王洲店」社員・5年前の連続通り魔事件の被害者) - 中村静香[94]
  • 荒井英夫(ホームセンター「オーイ・ライフ」アルバイト) - 前原滉
  • 津田和也(勝島建設営業部二課 社員・5年前死亡) - 鬼塚俊秀[95]
  • 石倉修吾(ホームセンター「オーイ・ライフ」アルバイト) - 永沼伊久也[96]
  • 長谷川伸(キッチンカーの店主) - ダンディ坂野
  • 城山佐智(結婚式場「ソレイユ・ウエディング天王洲店」店長) - 赤間麻里子[97]
  • 神尾竜太(勝島建設営業部二課 社員・6年前入水自殺) - 村越亮太[98](9歳:加賀谷光輝[99]
  • 柳瀬雅代(ホームセンター「オーイ・ライフ」アルバイト) - 小柳友貴美
  • 5年前の紀子のコールセンター時代の同僚 - 中上サツキ
  • 泉(パン屋) - 岡村多加江[100]
  • 徳永(勝島建設 社員) - 小倉聖矢
  • 遺体安置室の管理官 - 鈴木隆仁[101]
  • 北田智也(介護老人福祉施設「秋和苑」スタッフ) - 野村たかし
  • パン屋の店員 - 秋宮はるか
  • 矢野(葛飾道路建設事務所 所員) - 西村誠治
  • 5年前の連続通り魔 - 深寅芥
  • 豊田(刑事) - 黒藤結軌[102]
  • 二宮桜(介護老人福祉施設「秋和苑」スタッフ) - 藤夕子
  • 友人 - 永嶋玲[103]
  • 神尾美雪(竜太の母・東条の元妻) - 宮田早苗
  • 東条洋次郎(警視庁品川中央警察署強行犯係 警部補) - 中原丈雄
連続ドラマ(2021年)[編集]
第1話『正義』
  • 今井隆(ネットメディア「オリエンタルポスト」記者) - 塚本高史[27]
  • 磯山和麻(警視庁生活安全相談センター) - 前野朋哉[27]
  • 井川沙織(神待ちサイト利用者・3年前に窃盗の補導暦) - 天木じゅん[27]
  • 梅原健太(警視庁捜査一課 通信担当・巡査) - 染谷俊之[104][注 4]
  • 向井智(警視庁生活安全相談センター 課長) - 樋渡真司
  • 岩倉拓郎(レンタカーを借りた引きこもり) - 平田雄也
  • 三島典子(スナックのママ・三島絵里子の母) - 篠原あさみ
  • 野上美和(野上美優の母) - 金谷真由美
  • 小川明美(小川和樹の後妻) - 我妻三輪子
  • 赤嶺圭太(警視庁亀戸南警察署生活安全課 巡査長) - 鶴町憲
  • 警視庁東池袋警察署刑事課 刑事 - 和田圭市[105]
  • 松生一彦(オークショニア) - 三濃川陽介[106]
  • 沓掛詩織(今井の妹・3年前刺殺) - 深山奈優[107]
  • 埼玉県警 刑事 - 大宮将司
  • 松生の同業者 - 渡邊りょう
  • 松生の同業者 - 久保山知洋
  • 沙織の援助交際の相手 - 仗桐安
  • 若い女性 - 小西はる
  • 強盗犯 - 永井裕久
  • 強盗犯 - 若林司
  • 強盗犯 - 守谷勇人
  • 記者 - 西山聡
  • 記者 - 野口雄介
  • 高橋ゆり(ネットメディア「オリエンタルポスト」記者) - 原結里[108]
  • 受付嬢 - 日向みお[109]
  • 岩倉拓郎の母 - 藤倉みのり[110]
  • 沓掛詩織のストーカー - 谷手人
  • 沓掛詩織の母 - 瀧マキ
  • 小川和樹(10年前に前妻を殺害したDV男) - 堤下裕也
  • 株の投資クラブの運営者 - 名越佳代
第2話『蹉跌』
  • 村上颯太(学習塾「髙村教室」アルバイト講師) - 今井悠貴[111]
  • 笠井裕一(予備校「北青山ゼミナール」講師) - 忍成修吾[111]
  • 村上和夫(颯太の父・元文科省局長) - 小野了
  • 杉山茂樹(学習塾「彗明塾」講師) - 若林久弥[111]
  • 青沼雄介(杉山の教え子) - 高崎翔太[112]
  • 西岡圭太(杉山の教え子) - 西野太盛[113]
  • 達郎の母 - 舟木幸
  • 浅野剛(達郎の父) - 蒲生純一
  • 浅野達郎(学習塾「高村教室」生徒) - 小林虎之介[114]
  • 村上翠(颯太の母) - 比佐廉
  • 髙村周(学習塾「髙村教室」塾長) - 春風亭昇太
  • 江畑和成(学習塾「彗明塾」塾長) - むかい誠一[115]
  • 高田晴子(学習塾「彗明塾」事務長) - かまくらあや[116]
  • 黒川悟(黒川ファイナンス 社長) - 光宣
  • 有村みちる(学習塾「髙村教室」生徒) - 新関碧[117]
  • 中村功祐(裏口入学の300万を支払った父親) - 真砂豪
  • 清水(警視庁南新宿警察署地域課) - 松元飛鳥[118]
  • 学習塾「彗明塾」講師 - 青木みくり
  • 学習塾「彗明塾」講師 - 泉見優羽[119]
  • 学習塾「彗明塾」講師 - 三ノ輪健太郎
  • 靴屋 - 白仁裕介
  • 洋服屋 - 山中隆史
  • 颯太に退学を迫った同級生 - 蔵田純
第3話『円卓』
  • 林乃利子(子ども食堂 利用者) - 壇蜜
  • 浅井佳純(子ども食堂 ボランティア) - あめくみちこ
  • 北川亮(カフェの雇われ店長) - 金子昇
  • 飯田(パン屋) - 酒井敏也
  • 柴田静江(子ども食堂 ボランティア) - 松井紀美江
  • 水島尚子(関東女子刑務所 服役囚) - 沢井美優
  • 松永隆文(子ども食堂 ボランティア) - 螢雪次朗
  • 林晴斗(乃利子の長男) - 中野心綺
  • 林海斗(乃利子の次男) - 黒川晏慈[120]
  • 林咲良(乃利子の長女) - 秋本月椛
  • 千代子(子ども食堂 利用者) - 今本洋子[121]
  • 早苗(北川の不倫相手・区議会議員の妻) - 加茂美穂子
  • 水島美羽(尚子の娘・3年前凍死) - 川崎愛葵
  • 広原久美子(北川の不倫相手) - 松浦衣里[122]
第4話『海風』
  • 梶山征仁(神奈川県警 刑事) - 大友康平
  • 岡田深雪(宏の妻) - 北原里英
  • 長嶋杏子(レストラン「aimer la」店長) - 内田慈
  • 平野伴宣(投資コンサルタント) - 山崎一
  • 平野千津子(平野の妻) - ふせえり
  • 岡田宏(ラーメン海風 店主) - 工藤宏二郎[123]
  • 玉川敏夫(平野事務所スタッフ) - 新貝文規
  • 山代喜朗(レストラン「aimer la」オーナー) - 大村健二
  • 斎藤(地元の学生) - 大川航[124]
第5話『路標』
  • 追川茜(清掃サービスのバイト・駆け出しの芸人) - 丸山礼[125](幼少期:三上さくら[126]
  • 武藤佳弥子(清掃サービス従業員) - 青山倫子
  • 沢木達行(高住商事 元総務課長) - 近江谷太朗[125]
  • 武藤弥真斗(佳弥子の息子) - 深田真弘[127]
  • 渡辺美和(清掃サービス従業員) - 重田千穂子
  • 増田奈々(清掃サービスのバイト) - 江田友莉亜
  • 北島隆司(高住商事 総務部長) - 筒井巧
最終話『焦眉』

スタッフ(テレビ東京版)[編集]

第1作 - 第9作(テレビ東京版)[編集]
  • 原作 - 今野敏
  • 脚本 - 吉川次郎(第1・2作)、窪田信介(第3・4作)、大石哲也(第5・6作)、坂上かつえ(第7・8作)、真部千晶(第9作)
  • 監督 - 松原信吾(第1 - 5作)、児玉宜久(第6 - 9作)
  • テーマ音楽 - 近藤等則(第3作 - )
  • 撮影 - 長沼六男(第1・2作)、羽方義昌、川口滋久(第3作 - )
  • 音声 - 畑幸太郎(第3作 - )
  • 照明 - 吉角荘介(第1・2作)、森谷清彦
  • VE - 古市修文(第1・2作)、福田久二(第1・2作)、三坂裕之(第3作 - )、石川友一(第3作 - )
  • CG - マリンポスト(第3作 - )
  • 技術協力 - 東通(第1作)、テクノマックス(第2作)、アップサイド(第3作 - )
  • 美術協力 - 京映アーツ(第3作 - )
  • 統括プロデューサー - 佐々木彰(テレビ東京、第1作)
  • チーフプロデューサー - 小川治(テレビ東京、第2作)、橋本かおり(テレビ東京)[注 6]
  • プロデューサー - 佐々木彰(テレビ東京、第1・2作)、倉貫健二郎(第1・2作)、加藤章一(第1・2作)、斉藤守恒(第1・2作)、山鹿達也(テレビ東京、第3作 - )、元信克則(第3作 - )、岡本慶章(第6・8作)、中川順平(第8作)
  • 制作協力 - 松原プロダクション(第2作)
  • 製作 - テレビ東京、BSジャパン(#1 - 5)→BSテレビ東京(#6)、ドリマックス・テレビジョン(第1作)、ユニオン映画(第3作 - )
連続ドラマ(テレビ東京版)[編集]
  • 原作 - 今野敏『警視庁強行犯係 樋口顕』
  • 脚本 - 大石哲也、坂上かつえ、真部千晶
  • 監督 - 児玉宜久、金佑彦、植田尚
  • 音楽 - 福廣秀一朗
  • 主題歌 - MOTOR HOTEL「Exotic Tokyo」、ReN「Running Forward」
  • 警察監修 - 石坂隆昌
  • 技斗 - 深作覚
  • 技術協力 - ビデオフォーカスフジ・メディア・テクノロジー
  • 美術協力 - 京映アーツ
  • チーフ・プロデューサー - 濱谷晃一(テレビ東京)
  • プロデューサー - 山鹿達也(テレビ東京)、田中智子(テレビ東京)、元信克則(ユニオン映画)、岡本慶章(ユニオン映画)
  • 制作 - テレビ東京、ユニオン映画

放送日程[編集]

第1作 - 第9作[編集]
# 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督
1 2003年8月20日 警視庁・樋口警部補 朱夏
妻が消えた日 不倫か?誘拐か?
家族を狙う不気味な影と警視総監暗殺予告!
「朱夏」 吉川次郎 松原信吾
2 2004年9月12日 警視庁・樋口警部補2 リオ 水曜日の殺人者
都会の闇に消えた黒いコートの女!
母と娘の捨てられた10年が招いた悲劇の裏側
「リオ」
3 2015年2月25日 廉恥 警視庁強行犯 樋口顕
完全犯罪のストーカー殺人!現場一徹主義の親父刑事が暴く!
「廉恥 警視庁強行犯係・樋口顕」 窪田信介
4 2015年8月26日 ビート 警視庁強行犯 樋口顕
組織と家族の間で揺れる刑事たち
「ビート」
5 2016年12月21日 烈火 警視庁強行犯 樋口顕 ドラマ版オリジナル 大石哲也
6 2018年12月14日 回帰 警視庁強行犯係・樋口顕 「回帰 警視庁強行犯係・樋口顕」 児玉宜久
7 2019年9月2日 聖域 警視庁強行犯係・樋口顕 ドラマ版オリジナル 坂上かつえ
8 2020年10月19日 呪縛 警視庁強行犯係・樋口顕
9 2020年12月14日 鬼火 警視庁強行犯係・樋口顕 真部千晶
連続ドラマ[編集]
  • 2021年1月15日 - 2月19日、全6話。
  • Episode1、6(最終話)は20時から21時48分の54分拡大SP(1話は88分、最終話は87分)。
各話 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督 視聴率
Episode1 2021年1月15日 正義 大石哲也 児玉宣久 9.8%[125]
Episode2 1月22日 蹉跌 金佑彦 8.2%[125]
Episode3 1月29日 円卓 坂上かつえ 9.1%[125]
Episode4 2月05日 海風 川口浩史 7.8%[125]
Episode5 2月12日 路標 真部千晶
Episode6 2月19日 焦眉 「焦眉」 大石哲也 児玉宣久 9.6%[133]
平均視聴率 8.9%[133](視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)
テレビ東京 金曜8時のドラマ
前番組 番組名 次番組
記憶捜査2〜新宿東署事件ファイル〜
(2020年10月23日 - 12月4日)
警視庁強行犯係 樋口顕
(2021年1月15日 - 2月19日)

WOWOW版[編集]

2011年2月13日、『ビート』がWOWOWドラマW」で放送された。監督・主演は奥田瑛二

キャスト(WOWOW版)[編集]

スタッフ(WOWOW版)[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ テロップは「安斉大吾」、公式サイトとクレジットは「安斉大悟」となっている。
  2. ^ クレジットの「落合裕貴」は誤字。
  3. ^ 公式サイトの「永沢明」は間違い。
  4. ^ 機捜235』でも同役で出演しており、時系列は機捜235の後。
  5. ^ カメオ出演。
  6. ^ 第1・2作はプロデューサー。

出典[編集]

  1. ^ リオ”. 株式会社 幻冬舎. 2015年8月18日閲覧。
  2. ^ リオ”. 株式会社 幻冬舎. 2015年8月18日閲覧。
  3. ^ 今野敏『リオ―警視庁強行犯係・樋口顕―』”. 新潮社. 2015年8月18日閲覧。
  4. ^ 朱夏”. 株式会社 幻冬舎. 2015年8月18日閲覧。
  5. ^ 今野敏『朱夏―警視庁強行犯係・樋口顕―』”. 新潮社. 2015年8月18日閲覧。
  6. ^ ビート”. 株式会社 幻冬舎. 2015年8月18日閲覧。
  7. ^ ビート”. 株式会社 幻冬舎. 2015年8月18日閲覧。
  8. ^ 今野敏『ビート―警視庁強行犯係・樋口顕―』”. 新潮社. 2015年8月18日閲覧。
  9. ^ 廉恥 警視庁強行犯係・樋口顕”. 株式会社 幻冬舎. 2015年8月18日閲覧。
  10. ^ 廉恥 警視庁強行犯係・樋口顕”. 株式会社 幻冬舎. 2017年4月22日閲覧。
  11. ^ 回帰 警視庁強行犯係・樋口顕”. 株式会社 幻冬舎. 2017年4月22日閲覧。
  12. ^ 回帰 警視庁強行犯係・樋口顕”. 株式会社 幻冬舎. 2019年8月27日閲覧。
  13. ^ 焦眉 警視庁強行犯係・樋口顕”. 株式会社 幻冬舎. 2020年4月17日閲覧。
  14. ^ 村上寿”. 優企画. 2015年8月19日閲覧。
  15. ^ Works”. AKIRA SENJU WORKS. 千住明公式ウェブサイト. 2015年8月19日閲覧。
  16. ^ a b "今野敏サスペンス 警視庁強行犯係 樋口顕". 番組公式サイト. テレビ東京. 24 November 2020. 2020年11月24日閲覧
  17. ^ ““刑事ドラマのスペシャリスト”内藤剛志主演の連ドラ、テレ東でスタート”. ORICON NEWS. (2020年11月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2177501/full/ 2020年12月2日閲覧。 
  18. ^ “内藤剛志、今野敏原作の刑事ドラマ主演に感慨「本当の意味で“ライフワーク”」”. ORICON NEWS. (2018年12月7日). https://www.oricon.co.jp/news/2124965/full/ 2020年12月2日閲覧。 
  19. ^ a b c 内藤剛志,佐野史郎,榎木孝明 (2020年10月16日). 刑事役の内藤剛志、“裏設定”にツッコミ「そんな背景聞いたことない!!」. (インタビュー). ザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/246232/ 2020年12月2日閲覧。 
  20. ^ プロフィール - 合同会社現代(アーカイブ)
  21. ^ プロフィール - Takanoプロモーション
  22. ^ Takanoプロモーション - Twitter 2021年2月4日
  23. ^ 逢沢りな - Twitter 2021年1月14日
  24. ^ プロフィール - クラージュキッズ
  25. ^ ウォーターブルー - Twitter 2020年12月11日
  26. ^ TV - サイトウルーム
  27. ^ a b c d “内藤剛志主演『樋口顕』「刑事は、ヒーローじゃない」ポスタービジュアル解禁”. ORICON NEWS. (2020年12月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2179169/full/ 2021年1月23日閲覧。 
  28. ^ ドリーヴス - Twitter 2021年1月14日
  29. ^ プロフィール - SET(アーカイブ)
  30. ^ プロフィール - オフィス松田(アーカイブ)
  31. ^ プロフィール - 宝井プロジェクト
  32. ^ プロフィール - 宝井プロジェクト
  33. ^ プロフィール - ネオ・エージェンシー
  34. ^ プロフィール - 宝井プロジェクト
  35. ^ プロフィール - 宝井プロジェクト
  36. ^ プロフィール - マックスプロモート
  37. ^ プロフィール - サイアン
  38. ^ プロフィール - ティー・アーティスト
  39. ^ プロフィール - エムズエンタープライズ(アーカイブ)
  40. ^ 水曜ミステリー9 廉恥 放送❤️ - 岸明日香 オフィシャルブログ 2015年2月25日
  41. ^ プロフィール - ZERO COMPANY(アーカイブ)
  42. ^ プロフィール - TM-Corporation
  43. ^ プロフィール - 佐藤和明 オフィシャルブログ
  44. ^ 2月24日水曜日 水曜ミステリー9『廉恥 〜警視庁強行犯人係・樋口顕』出演 - RECブログ 2015年2月24日
  45. ^ Dance‼︎ - 西内ひろ オフィシャルブログ 2015年8月30日
  46. ^ a b TV - サイトウルーム
  47. ^ 肉!! - 今野杏南 オフィシャルブログ 2015年8月27日
  48. ^ TV - LUCKY RIVER
  49. ^ プロフィール - サンミュージックブレーン
  50. ^ プロフィール - フレグランスプロダクション
  51. ^ 水曜ミステリー9今野敏サスペンス『ビート 警視庁強行犯・樋口 顕』 - 上野健ブログ 2015年8月12日
  52. ^ プロフィール - オリオンズベルト
  53. ^ プロフィール - フレグランスプロダクション
  54. ^ プロフィール - ハルク・エンタテイメント
  55. ^ プロフィール - ハルク・エンタテイメント
  56. ^ a b c d 水曜ミステリー『ビート』 - 麗タレントプロモーション 情報ブログ 2015年8月23日
  57. ^ DJ YASK - Twitter 2015年8月26日
  58. ^ TV - ミーアンドハーコーポレーション
  59. ^ プロフィール - スウィートパワー(アーカイブ)
  60. ^ Drama - ボックスコーポレーション
  61. ^ 山田日向 テレビ東京「水曜ミステリー9 烈火〜警視庁強行犯・樋口顕〜」出演 - ギュラ・キッズ 2016年12月19日
  62. ^ プロフィール - イトーカンパニー(アーカイブ)
  63. ^ 水曜ミステリー9 今野敏サスペンス 『烈火・警視庁強行犯 樋口顕』 - 菊池均也ブログ 2016年12月19日
  64. ^ 奥野智也 - Twitter 2016年12月20日
  65. ^ 明日、お待ちしてまーす! - 片岡明日香 オフィシャルブログ 2016年12月22日
  66. ^ プロフィール - オフィス斬(アーカイブ)
  67. ^ a b 水曜ミステリー9 『烈火 警視庁強行犯 樋口顕』 - 麗タレントプロモーション 情報ブログ 2016年12月24日
  68. ^ 河西美季 - Twitter 2016年12月16日
  69. ^ a b c d 内藤剛志「樋口顕シリーズは本当の意味で“ライフワーク”」主演作への思いを語る”. ザテレビジョン (2018年12月11日). 2020年12月2日閲覧。
  70. ^ プロフィール - ラッシュアップ
  71. ^ TV - ミーアンドハーコーポレーション
  72. ^ 回帰 警視庁強行犯係・樋口顕 - 花田昇太朗ブログ 2018年11月24日
  73. ^ DATA - トライストーン・エンタテイメント
  74. ^ プロフィール - オフィスマハロ
  75. ^ 今野杏南 - Twitter 2018年12月13日
  76. ^ プロフィール - あさの@しょーいち堂.com
  77. ^ プロフィール - 中野笑店
  78. ^ プロフィール - DruCi
  79. ^ 室龍規 - Twitter 2018年12月15日
  80. ^ アルファセレクション - Twitter 2018年12月14日
  81. ^ ドラマ - TakeOFF
  82. ^ TV - サイトウルーム
  83. ^ プロフィール - アービング
  84. ^ プロフィール - スマイルモンキー
  85. ^ プロフィール - 中野笑店
  86. ^ プロフィール - 浅井企画
  87. ^ TV - サイトウルーム
  88. ^ ホリプロ・インプルーブメント・アカデミー - Twitter 2020年10月17日
  89. ^ 喜多乃愛 - Twitter 2020年10月15日
  90. ^ プロフィール - アルファセレクション
  91. ^ a b c ご視聴ありがとうございました - 泉知束 オフィシャルブログ 年月日
  92. ^ 明日放送です!! - 泉知束 オフィシャルブログ 2020年10月18日
  93. ^ Biography - パーフィットプロダクション
  94. ^ 中村静香 - Twitter 2020年12月13日
  95. ^ 鬼塚俊秀 - Twitter 2020年12月13日
  96. ^ 永沼伊久也 - Twitter 2020年11月26日
  97. ^ TV - ジェイエフシーティー
  98. ^ プロフィール - Takanoプロモーション
  99. ^ プロフィール - テアトルアカデミープロダクション
  100. ^ 岡村多加江 - Twitter 2020年12月14日
  101. ^ プロフィール - 中野笑店
  102. ^ 黒藤結軌 - Twitter 2020年12月6日
  103. ^ 永嶋玲 - Twitter 2020年12月12日
  104. ^ ドラマ『警視庁強行犯係 樋口顕』 - 染谷俊之 オフィシャルブログ 2021年1月15日
  105. ^ ドリーヴス - Twitter 2021年1月15日
  106. ^ 三濃川陽介 - Twitter 2021年1月14日
  107. ^ 深山奈優 - Twitter 2021年1月15日
  108. ^ 原結里 - Twitter 2021年1月15日
  109. ^ 日向みお - Twitter 2021年1月13日
  110. ^ プロフィール - 中野笑店
  111. ^ a b c “内藤剛志主演『警視庁強行犯係 樋口顕』初回9.8%の好発進”. ORICON NEWS. (2021年1月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2182064/full/ 2021年1月24日閲覧。 
  112. ^ トキエンタテインメント - Twitter 2021年1月8日
  113. ^ 西野太盛 - Twitter 2021年1月22日
  114. ^ プロフィール - ピンナップスプラス
  115. ^ むかい誠一 - Instagram 2021年1月21日
  116. ^ かまくらあや - Twitter 2021年1月21日
  117. ^ 新関碧 - Instagram 2021年1月22日
  118. ^ 松元飛鳥:テレビ東京『警視庁強行犯係 樋口顕』#2本日オンエア - 麗タレントプロモーション 情報ブログ 2021年1月22日
  119. ^ 泉見優羽 - Twitter 2021年1月23日
  120. ^ プロフィール - キャロット
  121. ^ プロフィール - ケイエムシネマ企画
  122. ^ 松浦衣里 - Twitter 2021年1月30日
  123. ^ 工藤宏二郎 - Twitter 2021年2月5日
  124. ^ プロフィール - BLUE LABEL
  125. ^ a b c d e f ““数字を持っている”内藤剛志、『樋口顕』視聴率好調&ライブ配信は25万人超”. ORICON NEWS. (2021年2月12日). https://www.oricon.co.jp/news/2184329/full/ 2021年2月15日閲覧。 
  126. ^ ホリプロ・インプルーブメント・アカデミー(HIA) - Twitter 2021年2月8日
  127. ^ テアトルアカデミー - Twitter 2021年2月8日
  128. ^ a b c d e f “ReN、『樋口顕』最終話にカメオ出演 人生初の演技に挑戦”. ORICON NEWS. (2021年2月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2184707/full/ 2021年2月24日閲覧。 
  129. ^ 岡本玲 - Instagram 2021年2月14日
  130. ^ 相田周二 - Twitter 2021年2月17日
  131. ^ 河津浩滉 - Twitter 2021年2月19日
  132. ^ 山田貴斗 - Twitter 2021年2月20日
  133. ^ a b “内藤剛志主演『樋口顕』金曜8時のドラマ枠として歴代2位”. ORICON NEWS. (2021年2月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2185609/full/ 2021年2月25日閲覧。 
  134. ^ プロフィール - LDH
  135. ^ プロフィール - LDH
  136. ^ ドラマ - アンフィニー(アーカイブ)
  137. ^ プロフィール - ケイエムシネマ企画
  138. ^ プロフィール - エレヴェー(アーカイブ)