警視庁独身寮爆破事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

警視庁独身寮爆破事件(けいしちょうどくしんりょうばくはじけん)とは、1990年平成2年)11月1日から2日にかけて東京都で発生した爆弾テロ事件。日本の新左翼革労協解放派が起こした事件である。

有力な情報が得られないまま捜査は難航し、2005年(平成17年)11月公訴時効が成立し、未解決事件となった。

事件の概要[編集]

清和寮事件[編集]

1990年平成2年)11月1日午後10時50分頃、東京都新宿区にある警視庁の独身寮「清和寮」で爆弾が炸裂し、新宿警察署の署員1人(当時48歳)が死亡した。この爆発音を聞きつけて、寮に住む警察官や賄い人が現場に集まったところ第2の爆弾が炸裂し、7人が重軽傷を負った。

その後の捜査で、この時限爆弾は、意図的に異なる時間設定をしていたことが明らかになった。つまり1回目の炸裂で死傷者が出なくても、爆発音で駆けつけた人々に2回目の炸裂で確実に被害を与えるようにしたのである。

誠和寮事件[編集]

清和寮事件から2時間後の11月2日午前0時50分頃、世田谷区にある警視庁の「誠和寮」でも爆弾が発見されたため、炸裂前に爆発物処理班が駆けつけて処理した。寮内の住人は避難していたため負傷者はなかった。

犯行声明[編集]

その後、革労協の「革命軍軍報」が各報道機関に郵送された。この「軍報」には、この事件の事実上の犯行声明が書かれていたことから、警視庁公安部は革労協によるテロ事件と断定した。

その後[編集]

公安部は革労協に対して延べ16万4000人の捜査員を投入して革労協の非公然アジト8カ所を捜索する等捜査してきたが、実行犯を特定できず、2005年(平成17年)11月に公訴時効が成立した。

2009年(平成21年)、明仁天皇在位二十年記念式典を機に、本事件等反皇室闘争の名の下に行われた極左テロの犠牲者やその遺族たちにお見舞いの気持ちを伝えたという[1]

注釈[編集]

  1. ^ 『読売新聞』2009年11月13日朝刊

参考文献[編集]

  • 過激派事件簿40年史』立花書房、2001年

関連項目[編集]