警部交番

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

警部交番(けいぶこうばん)とは、交番のうち、通常警部補または巡査部長が務める交番所長に、警部の階級にある者が就いている交番のこと。名称については警察本部によって異なることがある。なお、この項では交番所長に警視があてられる交番についても扱う。

概要[編集]

通常の交番に比べ規模が大きく、運転免許の更新手続きや車庫証明などの各種申請・届出事務が可能で、大規模警察署の主要箇所などに設置される。

近年、少子高齢化や団塊世代の定年退職による人材不足と財政事情により警察官の増員がままならない状況において、特に小規模警察署の統廃合により人員の配置を適切にするべく、統合され廃止となった警察署を警部交番や分庁舎などに改組して設置する例も多い。警察署には、留置場などの設備、地域課や刑事課、交通課といった実動的部署の他に、後方配置ともいうべき会計課や警務課の設置、署長や副署長などの配置が法令で定められており、警察署を統合して警部交番や分庁舎とすることにより会計課や警務課などの設置を不要とし、人員を削減することが可能となる。なお、削減された人員を治安維持活動や住民生活に直接関わる部署である地域課や刑事課、交通課に回し、その人員を警部交番や分庁舎に配置することで、結果として警察署が廃止されても治安維持活動は逆に強化されることもある。

また、市町村合併などに伴う交番・駐在所の統合整理において警部交番への格上げが行われることもある。

その基準はまちまちであるが、地域情勢の変化・庁舎建て替えや旧警察署の統合からの経年などを考慮の上で一般の交番・駐在所に転換されるケースもある。

「幹部交番」や「警察署分庁舎」といった名称を用いる警察本部もあり、栃木県警察大田原警察署黒羽幹部派出所のみ)・鳥取県警察岡山県警察佐賀県警察鹿児島県警察では、警部交番にあたる施設(他署との統合前の旧警察署)に「幹部派出所」兵庫県警察では「警視(警部)派出所」、島根県警察では「広域交番」、茨城県警察警視庁では「地区交番」、三重県警察愛知県警察山口県警察奈良県警察富山県警察では「幹部交番」という名称を用いる。

いわゆる交番としての地域警察官の配置が基本だが、特に「警察署〇〇分庁舎」「警察署〇〇庁舎」の名称を用いる場合は「交通係」「刑事係」「生活安全係」などの専務員が配置されているケースがある。

北海道[編集]

北海道警察[編集]

恵庭交番

函館方面本部[編集]

旭川方面本部[編集]

東北地方[編集]

青森県警察[編集]

  • 五所川原警察署
    • 金木交番 - 旧・金木警察署。2006年(平成18年)、五所川原警察署と金木警察署が統合に伴い五所川原警察署金木分庁舎を設置する。その後、2020年(令和2年)4月1日に金木交番に組織変更。[1][2]
  • 黒石警察署
    • 大鰐交番 - 旧・大鰐警察署。2006年(平成18年)、黒石警察署と大鰐警察署が統合に伴い黒石警察署大鰐分庁舎を設置する。[3]その後、2020年(令和2年)4月1日に大鰐交番に組織変更。[4]

秋田県警察[編集]

  • 北秋田警察署
    • 森吉幹部交番 - 旧・森吉警察署。2005年(平成17年)、森吉警察署と鷹巣警察署が統合、鷹巣署が改称して北秋田警察署となり設置。
  • 五城目警察署
    • 天王幹部交番 - 2008年(平成20年)、天王交番から改称[5]
  • 横手警察署
    • 増田幹部交番 - 旧・増田警察署。2005年(平成17年)、増田警察署の横手警察署への統合に伴い設置。
  • 由利本荘警察署
    • 矢島幹部交番 - 旧・矢島警察署。2005年(平成17年)、矢島警察署と本荘警察署が統合、本荘署が改称して由利本荘警察署となり設置。
    • にかほ幹部交番 - 旧・にかほ警察署。2019年(平成31年)、にかほ警察署が由利本荘警察署に統合したことにより設置。

岩手県警察[編集]

宮城県警察[編集]

過去の幹部交番

山形県警察[編集]

福島県警察[編集]

関東地方[編集]

茨城県警察[編集]

※神栖警察署の開設に伴い鹿嶋警察署より移管される。

栃木県警察[編集]

群馬県警察[編集]

千葉県警察[編集]

出典は、「千葉県例規集」[6]より

  • 佐倉警察署
    • 八街幹部交番
  • 香取警察署
    • 小見川幹部交番 - 2006年(平成18年)3月27日、香取市発足に伴う小見川警察署の佐原警察署への統合に伴い設置[7]
    • 多古幹部交番 - 多古警察署の香取警察署への統合に伴い設置。
  • 茂原警察署
    • 一宮幹部交番 - 一宮警察署の茂原警察署への統合に伴い設置。
  • 勝浦警察署
    • 大多喜幹部交番 - 1970年(昭和45年)、大多喜警察署の勝浦警察署への統合により設置。
  • 市原警察署
    • 南総幹部交番 - 1970年(昭和45年)4月、南総警察署の市原警察署への統合により設置。
  • 君津警察署
    • 上総幹部交番 - 1970年(昭和45年)4月1日、上総警察署の木更津警察署への統合により設置。1993年(平成5年)3月17日に君津警察署の分離独立に伴い移管。
  • 館山警察署
    • 千倉幹部交番 - 2006年(平成18年)3月20日、南房総市発足に伴う千倉警察署の館山警察署への統合に伴い設置[7]
過去の幹部交番(派出所)

警視庁[編集]

出典は、「警視庁告示」 [8]より。
警視庁に置かれる地区交番の所長には警視をもって補せられている。

過去の地区交番
  • 浅草警察署
    • 山谷地区交番 - 2008年(平成20年)10月31日に日本堤交番に改称(通常の交番に改組)[10]
  • 新宿四谷警察署
    • 新宿地区交番 - 1993年(平成5年)5月に新宿・四谷署の合同管轄から四谷署単独管轄(通常の交番に改組)となり、1996年(平成8年)9月2日花園交番に改称[11]

神奈川県警察[編集]

  • 大和警察署
    • 綾瀬地区交番(2009年(平成21年)11月16日 早川交番を綾瀬合同庁舎内に移転し開設。)

中部地方[編集]

山梨県警察[編集]

  • 鰍沢警察署
    • 市川分庁舎(市川交番) - 鰍沢警察署と市川警察署の統合に伴い設置。
  • 日下部警察署
    • 塩山分庁舎 - 日下部警察署と塩山警察署の統合に伴い設置。
  • 大月警察署
    • 都留分庁舎 - 大月警察署と都留警察署の統合に伴い設置。
  • 韮崎警察署
    • 甲斐分庁舎 - 庁舎新設。2021年、韮崎警察署が甲斐市に移転し、甲斐警察署となったことに伴い廃止。

以上すべて2007年(平成19年)4月1日に設置。

新潟県警察[編集]

過去の幹部交番(派出所)
  • 佐渡西警察署
    • 佐和田幹部交番 - 2019年(令和元年)11月2日佐渡警察署の設置に伴い、佐渡警察署佐和田交番に改称。
  • 巻警察署
    • 吉田幹部交番 - (時期不明)巻警察署吉田交番に改称。のち2006年(平成18年)燕警察署吉田交番に改称。
  • 燕警察署
    • 分水幹部交番 - (時期不明)燕警察署分水交番に改称。
  • 上越警察署
    • 柿崎幹部交番 - 2020年(令和2年)3月1日、上越警察署柿崎交番に改称。
    • 安塚幹部交番 - 2020年(令和2年)12月23日、上越警察署安塚交番に改称。

富山県警察[編集]

過去の幹部交番(派出所)
  • 富山西警察署
    • 婦中町幹部交番 - (時期不明)富山西警察署婦中交番に改称。
  • 福光警察署
    • 城端幹部派出所 - (時期不明)福光警察署城端交番に改称、のち南砺警察署城端交番に改称。

石川県警察[編集]

福井県警察[編集]

長野県警察[編集]

過去の警部交番
  • 長野南警察署
    • 松代警部交番 - 松代交番に改称。
  • 千曲警察署
    • 戸倉・上山田警部交番 - 戸倉・上山田交番に改称。
  • 中野警察署
    • 山ノ内町警部交番 - 2014年山ノ内町交番に改称。
  • 諏訪警察署
    • 下諏訪町警部交番 - 下諏訪町交番に改称。
  • 伊那警察署
    • 高遠町警部交番 - 高遠町交番に改称。
    • 箕輪町警部交番 - 箕輪町交番に改称。
  • 大町警察署
    • 池田町警部交番 - 池田町交番に改称。

岐阜県警察[編集]

静岡県警察[編集]

愛知県警察[編集]

近畿地方[編集]

三重県警察[編集]

滋賀県警察[編集]

京都府警察[編集]

過去の幹部交番

大阪府警察[編集]

過去の幹部交番

兵庫県警察[編集]

2021年3月22日をもって、名称としての警視・警部派出所は全廃された。

過去の幹部交番

奈良県警察[編集]

  • 天理警察署
    • 田原本警察庁舎 - 田原本警察署の天理警察署への統合により設置。
  • 高田警察署
    • 御所警察庁舎 - 御所警察署の高田警察署への統合により設置。
  • 吉野警察署
    • さくら警察庁舎 - 吉野警察署の中吉野警察署への統合により設置。
  • 五條警察署
    • 十津川警察庁舎 - 十津川警察署の五條警察署への統合により設置。
  • 桜井警察署
    • 宇陀警察庁舎 - 宇陀警察署の桜井警察署への統合により設置。
    • 大宇陀幹部交番 - 大宇陀警察署の榛原警察署(のちに宇陀警察署へ改称)への統合により設置。2014年(平成26年)3月3日に、宇陀警察署が桜井警察署に統合されたことに伴い移管。

和歌山県警察[編集]

橋本警察署高野幹部交番

中国地方[編集]

岡山県警察[編集]

広島県警察[編集]

鳥取県警察[編集]

島根県警察[編集]

  • 出雲警察署
    • 平田広域交番(旧・平田警察署)
    • 大社広域交番(旧・大社警察署)
      • 2005年(平成17年)4月1日 ‐ 平田警察署及び大社警察署が出雲警察署へ統合に伴い設置。
  • 大田警察署
    • 温泉津広域交番(旧・温泉津警察署)
      • 2005年(平成17年)4月1日 ‐ 温泉津警察署が大田警察署へ統合に伴い設置。
  • 雲南警察署
    • 掛合広域交番(旧・掛合警察署)
    • 三成広域交番(旧・三成警察署)
      • 2005年(平成17年)4月1日 ‐ 掛合警察署及び三成警察署が木次警察署(統合時に雲南警察署に改称)へ統合に伴い設置。

山口県警察[編集]

四国地方[編集]

徳島県警察[編集]

高知県警察[編集]

九州地方[編集]

福岡県警察[編集]

佐賀県警察[編集]

長崎県警察[編集]

  • 長崎警察署
    • 矢上交番 - 2005年(平成17年)4月1日、長崎東警察署の長崎警察署への統合に伴い、矢上町交番を庁舎跡に移転・改称。
  • 雲仙警察署
    • 雲仙北交番 - 2005年(平成17年)4月1日、国見警察署の小浜警察署との統合に伴い設置。

熊本県警察[編集]

大分県警察[編集]

宮崎県警察[編集]

鹿児島県警察[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 「金木交番の窓口における取扱い業務変更のお知らせ」青森県警察HP(2020年11月1日閲覧)
  2. ^ 「五所川原警察署金木分庁舎の名称変更などのお知らせ」広報ごしょがわら1月号28頁(2020年11月1日閲覧)
  3. ^ 「青森県警察本部から「警察署の統合」についてのお知らせ 大鰐町、平川市のうち旧碇ヶ関村が平成18年4月1日(予定)から黒石警察署の管轄区域に変わります。」広報大鰐 平成18年4月(第531号9頁(2020年11月8日閲覧)
  4. ^ 「黒石警察署大鰐分庁舎の名称変更などのお知らせ」広報ひらかわ2020年1月号13頁(2020年11月8日閲覧)
  5. ^ 秋田県公報 平成20年3月21日
  6. ^ 交番その他の派出所及び駐在所の名称、位置及び管轄区域に関する規則(平成6年千葉県公安委員会規則第16号)” (日本語). 千葉県例規集. 千葉県 (2015年10月16日). 2016年2月14日閲覧。
  7. ^ a b 警察署管轄区域等の変更について” (日本語). 千葉県警察本部 (2007年4月1日). 2010年3月5日閲覧。[リンク切れ]
  8. ^ 交番その他の派出所、駐在所の所属、名称及び位置(平成6年7月1日警視庁告示第115号)” (日本語). 東京都令規集. 東京都 (2009年4月20日). 2010年3月5日閲覧。
  9. ^ 交番その他の派出所、駐在所の所属、名称及び位置に関する平成6年7月1日警視庁告示第115号の一部改正(平成19年7月19日警視庁告示第116号) (PDF) 」 『東京都公報』第13984号、東京都、2009年7月19日、 1頁、2010年3月5日閲覧。
  10. ^ 交番その他の派出所、駐在所の所属、名称及び位置に関する平成6年7月1日警視庁告示第115号の一部改正(平成20年10月27日警視庁告示第186号) (PDF) 」 『東京都公報』第14296号、東京都、2008年10月27日、 1頁、2010年3月5日閲覧。
  11. ^ 警視庁四谷警察署 交番案内 花園交番”. 2021年3月21日閲覧。
  12. ^ 高野山の近代建築