護 (エンジン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

(まもり)は、第二次世界大戦期に中島飛行機が開発・製造した航空機用空冷星型エンジン

概要[編集]

1930年代後期に中島飛行機が開発を始めた航空機用大出力エンジン。

開発中にもかかわらず中島側の強い希望で天山深山に搭載したものの、所定の出力が出なかった上、振動が大きく、信頼性に欠けて故障が続出したため、わずか200基で生産中止となった。

発展型として18気筒の「護改/ハ46」の計画もあったが、6基が製造されただけで中止となった。

主要諸元[編集]

  • タイプ:空冷二重星型14気筒
  • ボア(内径)×ストローク(行程):155 mm×170 mm
  • 排気量:44.9 L
  • 全長:1,816 mm
  • 全幅:1,390 mm
  • 乾燥重量:905 kg
  • 燃料供給方式:キャブレター
  • 圧縮比:6.5
  • 過給機:遠心式スーパーチャージャー1段2速
  • 離昇馬力 
  • 公称馬力 
    • 一速全開 1,750 HP / 2,500 rpm (高度1,400 m)
    • 二速全開 1,600 HP / 2,500 prm (高度4,900 m)

主な搭載機[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]