讃岐造船鉄工所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社讃岐造船鉄工所
Sanuki Shipbuilding & IronWorks Co Ltd,
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
769-1101
香川県三豊市詫間町詫間2112番地17
設立 1942年2月[1]
業種 輸送用機器
事業内容 船舶の建造・修理・販売
代表者 破産管財人 山崎壮太郎[2]
資本金 1億9,587万円[1]
売上高 64億5,936万円(2009年11月期)[1]
従業員数 67名
決算期 11月
特記事項:2009年8月12日破産手続開始決定
テンプレートを表示

株式会社讃岐造船鉄工所(かぶしきがいしゃさぬきぞうせんてっこうしょ)は、香川県三豊市にかつて存在した造船会社

概要[編集]

1887年明治20年)4月に創業した後、太平洋戦争による企業合同の命令を受けて1942年昭和17年)2月に有限会社讃岐造船鉄工所が設立された。1944年に株式会社化した後、遠洋漁船などを建造していたが、1957年以降は鋼船の建造に進出、旅客船フェリー小型タンカー、作業船など内航船を主に建造し、1982年11月期には年商59億1,500万円を計上するなど、造船業界において中堅事業者へ成長した[1]。特に多数のフェリーが行き交う備讃瀬戸では大三島藤原造船所と市場を分け合う形で多くのフェリーを供給してきた。

しかしながら平成期に入り、瀬戸大橋の開通により主要顧客であった備讃瀬戸の海運業者が軒並み縮小を余儀なくされたことに加え、造船不況、海外造船業との競争による単価下落で1999年11月期には年商24億4,200万円と半減、設備投資の負担もあり経営状況が悪化した。2000年9月、負債総額約36億円を抱え高松地方裁判所観音寺支部に民事再生手続の開始を申し立てた。その後、2001年7月に再生計画が認可され、同年8月に認可が確定となった[1]2004年9月には、佐文工業代表の佐文日出夫が支援に乗り出し、第三者割当増資を実施して筆頭株主となり、同年11月に再生手続が終結した。

その後、新造船の受注が好調となり、2008年11月期には民事再生前のピーク時を上回る年商64億5,936万円を計上したが、2009年6月に粉飾決算が発覚、メインバンクの百十四銀行から支援が打ち切られた。2009年7月29日、高松地方裁判所観音寺支部に再び民事再生手続の開始を申し立てたものの受理されず、7月31日に破産手続開始を申し立てた。8月12日に破産手続開始決定となり倒産した。負債総額は約94億円であった[1]。この倒産により佐文が社長を務めていた佐文工業、万達工業、進工業の各社も連鎖倒産している[3]

主な建造船[編集]

  • 宇高国道フェリー - 「だいせん丸」「こくどう丸 (初代)」「うたか丸」
  • 四国フェリー - 「神戸丸 (2代)」「神戸丸 (3代)」「第二十一玉高丸」「第二十二玉高丸」「第二十三玉高丸」「第三十一玉高丸」「第三十二玉高丸」「第五十一玉高丸」「第八十一玉高丸 (初代)」「第八十五玉高丸」「第八十七玉高丸」「スーパーマリン1」「第一しょうどしま丸」
  • アーバン・クルーザー - 「シルフィード」(現在は神戸クルーザー「コンチェルト」)
  • 坊勢汽船 - 「クイーンぼうぜ」
  • 粟島汽船 (香川県) - 「あしま」
  • はやて - 「スーパーライナーはやて」「モンブラン」
  • 徳島県 - 漁業調査船「とくしま」
  • 鹿児島市船舶局 - 「第十三櫻島丸」「第十六櫻島丸」

事業所[編集]

跡地は三豊市が買い取り、「詫間港周辺地区にぎわい創造事業」として水族館を中心に物販・飲食・宿泊施設などの併設した施設をPFI方式で建設したあと、三豊市に所有権を移して、施設の運営・管理を行うBTO方式として2019年8月の完成目標を計画していたが[4][5][6]、民間事業者の応募がなかったため計画を断念した[7][8][6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 倒産情報 (株)讃岐造船鉄工所”. 東京商工リサーチ (2009年8月3日). 2017年3月23日閲覧。
  2. ^ 平成26年3月期連結財務諸表百十四銀行
  3. ^ 佐文工業ほか2社 讃岐造船鉄工所に連鎖し、破産手続開始申立準備”. ビジネス香川. メディアミックス研究所 (2009年8月6日). 2017年3月23日閲覧。
  4. ^ “実施方針決定、水族館建設へ 事業者を募集/香川”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2017年1月17日). http://mainichi.jp/articles/20170117/ddl/k37/010/326000c 2017年3月23日閲覧。 
  5. ^ “香川 水族館ラッシュ 三豊・宇多津、19年開業の構想”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2017年1月28日). https://www.nikkei.com/article/DGXLZO12237960X20C17A1LA0000/ 2019年3月29日閲覧。 
  6. ^ a b 香川県三豊市/詫間港周辺地区にぎわい創造PFI/事業者の応募なく水族館建設は断念”. 日刊建設工業新聞 (2017年5月24日). 2019年3月29日閲覧。
  7. ^ “三豊市 水族館建設を断念 民間業者の応募なく /香川”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2017年5月23日). https://mainichi.jp/articles/20170523/ddl/k37/010/443000c 2019年3月29日閲覧。 
  8. ^ “香川・三豊市が水族館建設断念 事業者応募なく”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2017年5月24日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO16762390T20C17A5LA0000/ 2019年3月29日閲覧。