讃良郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大阪府讃良郡の位置

讃良郡(ささらぐん[1])は、かつて河内国堺県大阪府にあった

郡域[編集]

1880年明治13年)に行政区画として発足した当時の郡域は、概ね下記の区域にあたる[2]

  • 四條畷市の全域
  • 大東市の大部分(諸福、太子田、赤井、氷野、大東町より北西を除く)
  • 寝屋川市の一部(萱島信和町、木田元宮、中木田町、木田町、昭栄町、初町、秦町、豊野町、幸町、国松町、八幡台、太秦、高宮、宇谷町、池の瀬町、明徳より南東かつ明徳、池の瀬町、宇谷町、太秦桜が丘、太秦高塚町、高宮あさひ丘、小路北町より北西および日之出町・本町・三井が丘の各一部)

歴史[編集]

古代[編集]

和名類聚抄には「佐良良」という訓が記載されており、古くは「さらら」と読んだ。持統天皇の名「鸕野讃良」の「讃良」は讃良郡に由来するものであり、「うののさらら」と読まれる。「さらら郡」には更占郡などの表記もある。のちに「さら郡」という読みが現れ、近世以降はもっぱら「ささら郡」と読まれる。

式内社[編集]

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
讃良郡 6座(大1座・小5座)
須波麻神社 スハマノ 鍬靫 須波麻神社 大阪府大東市中垣内
御机神社 ミツクヱノ 御机神社 大阪府四條畷市南野
高宮神社 タカミヤノ 月次新嘗 高宮神社 大阪府寝屋川市高宮 [1]
津桙神社 ツホコノ 合祀:忍陵神社 大阪府四條畷市岡山
高宮大社祖神社 -オホモリノ- 大杜御祖神社 大阪府寝屋川市高宮
国中神社 クナカノ 国中神社 大阪府四條畷市清滝中町
凡例を表示

近世以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
幕府領 幕府領 15村 ○灰塚村、○御供田村、中村新田、○三箇村、横山新田、北条村、○河北村、蔀屋村、中野村上郷、中野村逢坂郷、萱島流作新田、○御領村、太子田村、尼ヶ崎新々田、尼ヶ崎新田
京都守護職役知 12村 ●深野新田、○深野北新田、深野南新田、上田原村、下田原村、○岡山村、○高宮村、○砂村、○堀溝村、○太秦村、○秦村、国松村
旗本領 3村 南野村、中野村、木田村
京都守護職役知・旗本領 1村 小路村
藩領 大和郡山藩 3村 中垣内村、野崎村、寺川村
幕府領・藩領 幕府領・郡山藩 1村 ○龍間村
41.住道村 42.四条村 43.甲可村 44.豊野村 45.田原村 46.寝屋川村(水色:大阪市 左紫:守口市 桃:枚方市 赤:寝屋川市 橙:大東市 黄:門真市 緑:四條畷市 右紫:交野市 1 - 15は茨田郡 21 - 32は交野郡)
  • 慶応4年
    • 2月 - 幕府領・旗本領が大坂裁判所司農局の管轄となる。
    • 5月2日1868年6月21日) - 大坂裁判所司農局の管轄地域が大阪府司農局の管轄となる。
    • 6月8日(1868年7月27日) - 大阪府司農局の管轄地域が大阪府南司農局の管轄となる。
  • 明治2年
  • 明治4年
  • 明治7年(1874年1月22日 - 大区小区制の堺県での施行により、河内国第2大区・河内国第3大区となる。
  • 明治13年(1880年4月15日 - 郡区町村編制法の堺県での施行により、行政区画としての讃良郡が発足。茨田郡三矢村の浄念寺に「枚方郡役所」が設置され、同郡および交野郡とともに管轄。枚方郡役所はまもなく改称して「茨田交野讃良郡役所」となる。
  • 明治14年(1881年2月7日 - 大阪府の管轄となる。
  • 明治15年(1882年) - 中野村上郷が清滝村、中野村逢坂郷が逢坂村にそれぞれ改称。
  • 明治19年(1886年)(32村)
    • 尼ヶ崎新々田が尼ヶ崎新田に合併。
    • 御領村・太子田村の所属郡が茨田郡に変更。
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、下記の各村が発足。特記以外は現・枚方市。(6村)
    • 住道村 ← 三箇村、尼ヶ崎新田、横山新田、中村新田、御供田村、灰塚村(現・大東市)
    • 四条村 ← 野崎村、北条村、龍間村、寺川村、中垣内村、深野新田、深野北新田、深野南新田(現・大東市)
    • 甲可村 ← 中野村、岡山村、砂村、蔀屋村、清滝村、逢坂村、南野村(現・四條畷市)
    • 豊野村 ← 高宮村、国松村、秦村、太秦村、小路村(現・寝屋川市)
    • 田原村 ← 下田原村、上田原村(現・四條畷市)
    • 寝屋川村 ← 萱島流作新田、木田村、堀溝村、河北村(現・寝屋川市)
  • 明治29年(1896年)4月1日 - 郡制の施行のため、「茨田交野讃良郡役所」が管轄する各郡の区域をもって北河内郡が発足。同日讃良郡廃止。

脚注[編集]

  1. ^ 現在の寝屋川市内に「讃良川」「讃良東町」「讃良西町」などの地名が残っているが、現地の標識にはSanraと表記されている。
  2. ^ 住居表示実施地区の境界は不詳。
  3. ^ 領主から年貢免除の特権を与えられた土地。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1896年
次代:
北河内郡