谷一郎 (物理学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

谷 一郎(たに いちろう、1907年5月20日 - 1990年5月28日[1])は、日本の流体力学者。

経歴[編集]

東京府生まれ。1930年東京帝国大学工学部航空学科卒。1943年「層流境界層ニ関スル研究」で工学博士。東京帝国大学工学部講師、1933-1944年航空研究所兼務、1942年第二工学部助教授、1951年東京大学生産技術研究所助教授、1952年東大理工学研究所教授、1958年東大航空研究所教授、1964年東大宇宙航空研究所教授、68年定年退官、名誉教授。1965年東レ科学技術賞受賞。1968年日本学士院賞受賞、1976年日本学士院会員。1977年勲二等旭日重光章受勲。1979年レオナルド・ダ・ヴィンチ『鳥の飛翔に関する手稿』の翻訳でマルコ・ポーロ賞受賞[2]

著書[編集]

  • 『流体力学 上』岩波書店 1944
  • 乱流理論』克誠堂出版 金原出版 応用力学選書 1950
  • 『流れ学』岩波全書 1951
  • 『飛行の原理』岩波新書 1965

編・共編[編集]

  • 『流体力学実験法』小橋安次郎,佐藤浩共編 岩波書店 1977
  • 『乱流 流体力学の進歩』編 丸善 1980
  • 境界層 流体力学の進歩』編 丸善 1984

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 研究の回顧