谷口大智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
谷口 大智
Daichi Taniguchi
広島ドラゴンフライズ  No.55
ポジション センターフォワード
背番号 55
身長 201cm (6 ft 7 in)[1]
体重 105kg (231 lb)[1]
足のサイズ 34cm
基本情報
ラテン文字 Daichi Taniguchi
誕生日 (1990-04-15) 1990年4月15日(29歳)
日本の旗 日本
出身地 奈良県
出身 洛南高校
サウスケントスクール
アリゾナウェスタン大学
サウスイースタンオクラホマ州立大学
ドラフト  
選手経歴
2015-2019
2019-
秋田ノーザンハピネッツ
広島ドラゴンフライズ
受賞歴
  • ウィンターカップ3連覇
代表歴
キャップ 日本の旗 日本(U-15),(U-18)

谷口 大智(たにぐち だいち、1990年4月15日 - )は、日本のバスケットボール選手である。洛南高校で2006年から2008年にかけウィンターカップ3連覇を達成。その後井上雄彦が創設したスラムダンク奨学金の第2回奨学生として2009年にアメリカへ留学し、2年制のアリゾナ・ウエスタン大学英語版を経て4年制のサウスイースタン・オクラホマ州立大学英語版に編入した。2015年に大学を卒業した後、ターキッシュ エアラインズ bjリーグ秋田ノーザンハピネッツと契約し、プロ選手となった。

経歴[編集]

1990年、奈良県に生まれる。2歳でバスケットボールを始め、複数のスポーツに取り組んだ後、中学生からバスケットボールに専念するようになる[2]。小学6年生の時点で身長は既に191㎝に達し、テレビ番組に取り上げられるなど注目を集める存在であった[2]

小、中ともに所属チームを全国大会に導き[3]、中学卒業後は強豪として知られる洛南高校に進む。洛南では1学年上の辻直人、同期の比江島慎らと共にウィンターカップ3連覇を達成。この間、U-15、U-18の日本代表にも選出された。高校卒業を控えた谷口はスラムダンク奨学金の第2回募集に応募し、早川ジミーと共に合格、卒業後渡米し2009年4月にプレップスクールであるサウスケントスクールに入学した。

サウスケントでは、それまでのセンターからパワーフォワードのポジションに移り、シーズン序盤から先発として出場機会を得る[4]。終盤で控えに回ることになったものの[5]、卒業後は2年制のアリゾナ・ウエスタン大学に、早川と共に進学することになった。

アリゾナ・ウエスタン大での1シーズン目は、シュート力を買われスモールフォワード、またはシューティングガードとしても起用されることもあり、チーム最多となる32本のスリーポイントショットを成功させた[6]。2シーズン目にはヘッドコーチの交代や、ドリブルが不得手と評価されたこともありパワーフォワードで起用されるようになり[6]、このシーズンの優勝に貢献した[7]

卒業後、早川が帰国する一方、谷口はアリゾナ・ウエスタン大時代の恩師がコーチを務めている縁もあり、デニス・ロッドマンを輩出したサウスイースタン・オクラホマ州立大学に編入する。1年目のシーズンをレッドシャツ(練習生)として過ごし[8]、2シーズン目となる2013-14シーズンには先発出場16試合を含む27試合に出場、チーム2番目となるスリーポイント成功数39を記録した[9]。しかし翌2014-15シーズンの序盤である11月の試合中に右肘を脱臼[10][11]、2か月後の2015年1月下旬に復帰し、2月19日の試合ではスリーポイントを1本決めるも、これがこのシーズン唯一の得点となった[9]

大学卒業後は帰国し、日本国内の病院で肘のクリーニング手術を受ける[12]。帰国後の谷口には出身地である関西地方のチームなどから勧誘があった中、谷口は秋田ノーザンハピネッツとの契約を選んだ[13]

2017-18シーズンは、昇格がかかった熊本とのプレーオフ第二戦において、6本のスリーポイントシュートを決め、勝利に大きく貢献した。

2018-19シーズンは、副主将に任命されが、11月に俊野達彦が移籍したため、主将に昇格[14]。シーズン終了後、広島ドラゴンフライズに移籍[15]

家族[編集]

滋賀レイクスターズに所属する谷口光貴は弟。妹も大阪薫英女学院在学中にウィンターカップ出場を果たした[16]

大学成績[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2010-11 Arizona Western 32 .450 .380 .810 2.063 0.313 0.375 0.344 6.4
2011-12 Arizona Western 29 .350 .200 .570 1.828 0.448 0.103 0.310 3.8
2013-14 SE OK State 27 16 24.3 .372 .351 .667 2.67 1.74 0.52 0.37 5.52
2014-15 SE OK State 9 2 6.4 .100 .111 .000 0.22 0.33 0 0 0.33

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
bj League 2015-16 秋田 24 6.4 43.4 0 50 1.2 0.2 0.1 0.2 2.1
B League 2016-17 秋田 58 37 18.1 36.1 31.6 25 2.4 0.7 0.5 0.5 5.4
B League 2017-18 秋田 60 35 15.3 36.5 31.8 64 2.9 1.2 1 0.2 5.8
B League 2018-19 秋田

プレイオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2017-18 秋田 5 4 9.39 .435 .421 1.000 1.4 0.6 0.4 0 6.0

参考資料[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “【新入団】谷口 大智選手 契約基本合意のお知らせ” (プレスリリース), 秋田ノーザンハピネッツ, (2015年7月22日), http://www.happinets.net/news-cate02-entry/2015/07/22/21762/ 2015年9月2日閲覧。 
  2. ^ a b “洛南連覇の立役者は谷口/高校バスケ”. 日刊スポーツ. (2007年12月30日). http://www.nikkansports.com/sports/wintercup/2007/p-sp-tp0-20071230-301463.html 2015年9月2日閲覧。 
  3. ^ グランドジャンプ 井上雄彦インタビュー”. 集英社. 2015年9月2日閲覧。
  4. ^ グランドジャンプ スラムダンク奨学生アメリカ生活レポート”. 集英社. 2015年9月11日閲覧。
  5. ^ 宮地陽子 (2010年2月20日). “【バスケットボール】スラムダンク奨学金2期生・谷口と早川の現在地〜"陸の孤島"サウスケントでの日々”. Webスポルティーバ. 2015年9月11日閲覧。
  6. ^ a b 宮地陽子 (2011年12月31日). “今いる場所は、高校からは想像できないレベルまで来ている”. Cager. 2015年9月2日閲覧。
  7. ^ 第2回奨学生の近況”. スラムダンク奨学金. 2014年9月8日閲覧。
  8. ^ 報告+決断=シーズンスタート” (2012年11月9日). 2015年9月11日閲覧。
  9. ^ a b Daichi Taniguchi - 2014-15 Men's Basketball”. サウスイースタン・オクラホマ州立大学. 2015年9月11日閲覧。
  10. ^ instagram
  11. ^ 本から学ぶ。” (2014年12月9日). 2015年9月11日閲覧。
  12. ^ 検査結果” (2015年5月27日). 2015年9月11日閲覧。
  13. ^ “バスケットボールbjリーグ ハピネッツに大きな新人 身長201センチ、谷口大智選手”. 毎日新聞. (2015年7月24日). http://mainichi.jp/area/akita/news/20150724ddlk05050248000c.html 
  14. ^ https://northern-happinets.com/news/detail/id=13848
  15. ^ #55谷口大智選手契約合意(新規)のお知らせ” (2019年6月24日). 2019年6月24日閲覧。
  16. ^ 【バスケット】ウインターカップ2009展望・女子編”. JSports (2009年12月16日). 2015年9月11日閲覧。