谷山茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

谷山 茂(たにやま しげる、1910年6月17日 - 1994年11月2日)は、国文学者、大阪市立大学京都女子大学名誉教授。

岡山県出身。1934年京都帝国大学文学部国文科卒業。大阪市立大学助教授、教授、1972年定年退官、名誉教授、京都女子大教授、1977年学長。1984年『新古今集とその歌人』で角川源義賞受賞。中世和歌文学、藤原俊成定家の研究をした。「新編国歌大観」の代表編集委員、日本学術会議会員。

著書[編集]

  • 『幽玄の研究』教育図書 1943
  • 『新古今の歌人 感傷の底に意欲するスフインクスの一群』堀書店 1947
  • 『千載和歌集の研究』私家版 1961
  • 谷山茂著作集』全6巻 角川書店 1982-1984
    • 第5巻「新古今集とその歌人」
  • 『中世和歌つれづれ 谷山茂短篇集』思文閣出版 1993
  • 『中世和歌の想念と表現』思文閣出版 1993

校註・編纂[編集]

  • 十六夜日記 河原書店 1949 (新註日本短篇文学叢書)
  • 萬葉古今新古今遠藤嘉基、本多伊平共編 [[中央図書出版社]( 1954
  • 枕册子新抄 清少納言 遠藤嘉基、前田正人共編 中央図書出版社 1954
  • 一日一題国文法の研究 塚原鉄雄共著 三省堂出版 1956
  • 未刊中世歌合集 樋口芳麻呂共編 古典文庫 1959
  • 未刊中古私家集 第1-2 樋口芳麻呂共編 古典文庫 1961-1963
  • 歌合集 萩谷朴と校注 日本古典文学大系 第74 岩波書店 1965
  • 日本と世界の人名大事典 むさし書房 1965

記念論集[編集]

  • 国語国文学論集 谷山茂教授退職記念事業実行委員会 塙書房 1972
  • 雨光抄 谷山教授退職記念事業実行委員会 1972