谷崎光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

谷崎 光(たにざき ひかり)

経歴[編集]

京都市生まれ、大阪市育ち。大阪府立大手前高等学校卒。日本大学芸術学部文芸学科に現役合格するも、家族の反対で断念。進学した武庫川女子大学から、京都芸術短期大学(現・京都芸術大学)造形芸術学部染織科へ転学。卒業時は藍染絣織り着物の制作で学長賞を受賞。

1987年卒業後、ダイエー中国の合弁の貿易商社(大阪の旧ダイエー本社内)にて総合職として5年間勤務。中国からの衣服品輸入に従事した。在職時は、ダイエーの中内功社長から社長賞を受賞している。

1992年に貿易商社退職後、大阪で執筆活動を開始。ラジオドラマなどを執筆。

1996年、貿易商社の経験を描いたノンフィクション『中国てなもんや商社』が文藝春秋から出版されデビュー。出版のきっかけは、文藝春秋の受付への持ち込みだった。文庫を含め20万部を越すベストセラーとなった。1998年、松竹にて映画化される。

1998年から東京で多彩な執筆活動を行う。

2001年、北京に渡り、北京大学(経済学院)留学を経て、北京在住で作家活動を続けている。

2017年2018年ダイヤモンド・オンラインの連載「谷崎光の中国ウラオモテ」で執筆した「中国人が日本人に絶対言わない日本旅行の意外な本音」の記事は、ダイヤモンド・オンラインサイトだけで初日220万ページビュー、三ヶ月間で777万ページビューを記録した。寄稿記事の一本平均は88万ページビュー(777万ページビューとなった記事を除いた一本平均は約24万ページビュー)[要出典]

ダイヤモンド・オンラインの連載終了について、当時の編集長との間にトラブルがあったことを自身が公表している。

2021年から、母校でもある、京都芸術大学 通信教育学部 芸術教養学科の3年生に編入。(2020年12月中旬から一次帰国中)

note:谷崎光のインサイドアジア https://note.com/tanizakihikari/m/m600efa287fb7

人物[編集]

中国語は、旧HSK10級(中国政府公認の中国語資格で、当時の中国の国家通訳認定の級でもある。当時の最高級は11級。)

姉はCGアーティストで女子美術大学芸術学部教授の季里

作品リスト[編集]

  • 『中国てなもんや商社』(文藝春秋、1996年)ISBN 4163512306
  • 『てなもんやパンチ!』(文藝春秋、1998年)ISBN 4163533605
  • 『中国てなもんや商社』(文春文庫、1999年)ISBN 4167635011
  • 『スチャラカ東京のオキテ』(祥伝社黄金文庫、2001年)ISBN 4396312539
  • 『今ごろ結婚しているハズが…!? 』(角川文庫、2001年)ISBN 4043619014
  • 『てなもんやOL転職記』(文春文庫 2002年)ISBN 416763502X
  • 『ウェディング・キャンドル―「私」を生きる物語』(文藝春秋、2002年)ISBN 4163207503
  • 『てなもんや中国人ビジネス』(講談社、2003年)ISBN 4062120488
  • 『北京の愉しみ』(角川春樹事務所、2004年)ISBN 4758420378
  • 『北京大学てなもんや留学記』(文藝春秋、2007年)ISBN 978-4163692104 
  • 『北京大学てなもんや留学記』(文春文庫 2008年)ISBN 4167635038
  • 『今日も、北京てなもんや暮らし』(飛鳥新社 2009年)ISBN 978-4870319134
  • 『感動中国! 女ひとり、千里をいく』(文藝春秋 2010年)ISBN 4163721606
  • 『中国人の裏ルール』(新人物往来社 2012年)ISBN 4404042817
  • 『男脳中国 女脳日本』(集英社インターナショナル 2012年)ISBN 4797672196
  • 『中国人の裏ルール』(中経の文庫 2014年)ISBN 404601069X
  • 『日本人の値段 中国に買われたエリート技術者たち』(小学館 2014年) ISBN 4093883777
  • 『国が崩壊しても平気な中国人 会社がヤバいだけで真っ青な日本人』(PHP研究所 2016年) ISBN 9784569827865
  • 『本当は中国で勝っている日本企業 なぜこの会社は成功できたのか? 』(集英社 2017年) ISBN 978-4087860887
  • amazon kindle
  • 『中国人 世界で爆買い ウラのウラ』(2015年 amazon kindle版) 
  • 『本当は怖い 中国発 イノベーションの正体』(2018年 amazon kindle版)


映像化等[編集]

映画化(原作)
ラジオドラマ
  • 『ありがとうファミリー劇場 「てなもんやOL転職記」』(2002年 MBSラジオ
  • 『ミッドナイト・ポップライブラリー 「ウエディング・キャンドル -私を生きる物語」』(2002年 朗読:羽田美智子

寄稿、連載歴等[編集]

  • 連載歴
    • 谷崎光の晴れ、ときどき雨あられ(ChuChu 角川書店)
    • 山あり谷あり光あり(Lucy 扶桑社)
    • 仕事のデッサン(共同通信配信)
    • 北京てなもんや暮らし(小説すばる 集英社)
    • てなもんや中国人ビジネス(みずほ総研広報誌 fole )
    • 北京の愉しみ(フェリシモPR誌)
    • 女の園 探検隊(諸君! 文藝春秋)
    • 心の気象台(繊維経済新聞)
    • 赤裸々中国(プレジデントオンライン スペシャル)
    • 老北京(歴史読本 新人物往来社)
    • 谷崎光の中国ウラ・オモテ(ダイヤモンド・オンライン)

寄稿歴

月刊文藝春秋(エッセイ等)、文芸春秋スペシャル(エッセイ等)、週刊文春(エッセイ、ルポ、書評等)、オール読物(エッセイ)、本の話(エッセイ)、週刊朝日(巻頭ルポ、読書日記)、ナンバー(現地報告)、日経ウーマン(エッセイ)、日経アドレ(エッセイ)、プレジデント(エッセイ)、産経新聞(書評)、コスモポリタン(エッセイ)、経団連機関紙(エッセイ)、NTT広報誌、日本の論点(評論)、毎日が発見(ルポエッセイ)、毎日新聞(論説)、NewsPicks(ニューズピックス)、その他多数


講演歴

野村総研、北京日本大使館、北京日本人倶楽部、蘇州日本人学校、大阪中小企業センター、その他多数。