谷川愛梨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
たにがわ あいり
谷川 愛梨
谷川 愛梨
「日本物産展 in 台湾」にて
(2019年2月6日)[1]
生年月日 (1995-12-05) 1995年12月5日(25歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県川崎市[2]
出身地 日本の旗 日本大阪府
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
身長 157cm
血液型 O型
職業 タレント女優
活動期間 2011年 - 現在
事務所 Showtitle
公式サイト Airi tanigawa officialsite
備考
NMB48メンバー(2期研究生→チームM→チームN)
テンプレートを表示

谷川 愛梨(たにがわ あいり、1995年平成7年〉12月5日 - )は、日本タレント女優であり、女性アイドルグループ・NMB48の元メンバーである。神奈川県川崎市生まれ[2]大阪府出身。Showtitle所属。

略歴[編集]

「日本物産展 in 台湾」でのパフォーマンス(2019年2月6日)[1]

7兄妹の長女(兄3人[3]と妹3人[4]がいる)として神奈川県川崎市に生まれ[2]、3歳の頃に大阪府に移住[5]。父親は長崎県出身[3]

幼稚園から中学までダンススクールに通っていたが[6]、何気なく応募したNMB48の第2期生オーディションに合格し[6]、2011年6月5日、東京ドームシティホールで行われた『見逃した君たちへ〜AKB48グループ全公演〜』においてNMB48の第2期研究生23名のうちの一人として初お披露目された[7]

2012年1月26日、吉本興業東京本部においてチームMの結成が発表され、研究生からチームMメンバーへの昇格が告げられる[8]。同年5月9日発売の4thシングル「ナギイチ」でシングル表題曲初選抜。

2014年、同期メンバーだった中川紘美[注 1]の後を受け、東大阪市自動車教習所八戸ノ里ドライビングスクール』のイメージキャラクターに就任[10]。翌2015年6月6日に福岡ヤフオク!ドームで行われた『AKB48 41stシングル 選抜総選挙』では74位となり、アップカミングガールズに選出された[11]

2016年10月18日、『NMB48 6th Anniversary Live』(於:神戸市ワールド記念ホール)で発表された「大組閣」と称したチーム再編により、チームMからチームNに異動[12]。翌2017年1月より新チーム体制に移行した。

2017年6月17日に発表された『AKB48 49thシングル 選抜総選挙』では57位にランクインし、フューチャーガールズに選出[13]。翌2018年には阪神タイガースの「TORACO 応援隊長」としての活動もあった[3][14]

2019年5月、前月23日から続いた体調不良により同月5日と6日の握手会等のイベントを欠場[15]。同月29日より劇場公演に復帰したが[16]、半年後の11月2日にグループからの卒業を発表[17]。同年12月19日にZepp Nambaで『谷川愛梨 卒業コンサート〜あなたは私の太陽でした〜』[18]を開催し、同12月25日の劇場公演をもってNMB48としての活動を終了[19]。以降はソロでタレント・女優業に専念している。

人物・エピソード[編集]

  • キャッチフレーズは「ラブリースマイリー、あいりー!」[3]
    • 加入初期は「愛と平和を守るため、谷の底からやってきた愛の救世主」をキャッチフレーズとしていた[6]
  • NMB48在籍8年半でシングル表題曲選抜18回の記録を打ち立てたが、センターで歌唱した表題曲は一作もなかった。
  • チームNの同僚である古賀成美、東由樹、林萌々香、三田麻央と共に「nyamm」(ニャム)というユニットを組み[20]、2017年[注 2]と2018年[注 3]のユニットじゃんけん大会に出場した。
  • 先述の八戸ノ里ドライビングスクールのイメージキャラクターを務めた関係からか、2016年12月に普通自動車免許を取得した[3]
  • チームMで共働した藤江れいな[注 4]からは「愛人」と呼ばれていた[22]
  • 乃木坂46の畠中清羅と同じ生年月日である。

NMB48・AKB48での参加曲[編集]

シングル選抜楽曲[編集]

NMB48
AKB48

アルバム収録楽曲[編集]

NMB48
AKB48
  • 1830m』に収録
    • 青空よ、寂しくないか? - 「AKB48+SKE48+NMB48+HKT48」名義

劇場公演ユニット曲[編集]

NMB48 2期生「PARTYが始まるよ」公演
チームM 1st Stage「アイドルの夜明け」公演
  • 愛しきナターシャ
  • 残念少女
チームM 2nd Stage「RESET」公演
  • 奇跡は間に合わない
チームN 4th Stage「目撃者」公演
  • スキャンダラスに行こう
チームN 5th Stage「N Pride」公演
  • Glory days
  • Hell or Heaven

出演[編集]

Webドラマ[編集]

舞台[編集]

映画[編集]

広告[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 研究生からチームに昇格することなく2014年3月15日に卒業[9]
  2. ^ AKB48グループ ユニットじゃんけん大会2017〜絆は拳から生まれる!〜』2017年9月24日、日本ガイシホール
  3. ^ AKB48グループ 第2回ユニットじゃんけん大会〜空気を読むな、心を読め!〜』2018年9月23日、片柳アリーナ
  4. ^ 大組閣でチームBIIに異動するも2017年5月27日で卒業[21]

出典[編集]

  1. ^ a b 我愛・はあと 谷川愛梨”. NMB48オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2019年2月7日). 2020年5月16日閲覧。
  2. ^ a b c Change!!!(☆・ω・★)谷川愛梨”. NMB48オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2012年6月3日). 2020年5月16日閲覧。
  3. ^ a b c d e Carsensor IN MY LIFE (2019年2月). NMB48谷川愛梨がクルマについて語る!「デートなら〇〇に行きたい」. インタビュアー:網島剛. リクルートマーケティングパートナーズ.. https://www.carsensor.net/contents/mylife/story/_63909.html 2020年5月16日閲覧。 
  4. ^ ちっちゃい頃のあいり 谷川愛梨”. NMB48オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2015-09-). 2020年5月16日閲覧。
  5. ^ “全国ツアー中のNMB48 10月には8周年ライブと山本彩卒業コンサートが決定!”. 東京ウォーカー. KADOKAWA. (2018年8月6日). https://www.walkerplus.com/article/157432/ 2020年5月16日閲覧。 
  6. ^ a b c 2011年あとちょっと!!(☆・ω・★)谷川愛梨”. NMB48オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2011年12月31日). 2020年5月16日閲覧。
  7. ^ “「超絶きゃまちい!」NMB48第2期生23名お披露目で総勢48名に!”. ORICON NEWS (oricon ME). (2011年6月6日). https://www.oricon.co.jp/news/88516/full/ 2020年5月16日閲覧。 
  8. ^ “NMB48にチームM誕生「今までにないチームを目指す」”. 音楽ナタリー. ナターシャ. (2012年1月26日). https://natalie.mu/music/news/63409 2020年5月16日閲覧。 
  9. ^ “NMB48中川紘美が卒業「表舞台を支えるお仕事に魅力」”. 音楽ナタリー. ナターシャ. (2014年3月3日). https://natalie.mu/music/news/111133 2020年5月16日閲覧。 
  10. ^ a b 緊張告知!!!愛梨”. NMB48オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2014年9月20日). 2020年5月16日閲覧。
  11. ^ 「AKB48 41stシングル 選抜総選挙」開票結果”. AKB48オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2015年6月6日). 2020年5月16日閲覧。
  12. ^ “NMB48上西恵の卒業発表、波乱の大組閣、新シングル選抜…6周年ライブで新始動を予感<セットリスト/新チーム一覧>”. モデルプレス. ネットネイティブ. (2016年10月20日). https://mdpr.jp/music/detail/1625924 2020年5月16日閲覧。 
  13. ^ 「フューチャーガールズ」(49〜64位)”. ORICON NEWS. 「第9回AKB48選抜総選挙」完全レポート. oricon ME (2017年6月17日). 2020年5月16日閲覧。
  14. ^ 2018年の“TORACO 応援隊長”決定!”. 球団ニュース. 阪神タイガース (2018年2月11日). 2020年5月16日閲覧。
  15. ^ 谷川愛梨”. NMB48オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2019年5月4日). 2020年5月16日閲覧。
  16. ^ AGEチャレ◎6期研究生 菖蒲まりん”. NMB48オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2019年5月30日). 2020年5月16日閲覧。
  17. ^ “NMB谷川愛梨が卒業発表「やり残したことはない」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年11月2日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201911020001170.html 2020年5月16日閲覧。 
  18. ^ “NMB谷川愛梨が卒業コンサート、山本彩に連絡し涙”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年12月19日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201912190001038.html 2020年5月16日閲覧。 
  19. ^ “NMB谷川愛梨「思い出すとぐっとくる」卒業公演”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年12月25日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201912250000885.html 2020年5月16日閲覧。 
  20. ^ 東由樹 nyamm”. NMB48オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2017年7月31日). 2020年5月16日閲覧。
  21. ^ “藤江れいなが卒業、「全員わたしにとってカワイイ妹」最後までNMB48愛”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2017年5月28日). https://news.dwango.jp/idol/22188-1705 2020年5月16日閲覧。 
  22. ^ 藤江れいな (2015年1月18日). “全握”. Reina's flavor. サイバーエージェント. 2020年5月16日閲覧。
  23. ^ “NMB48谷川愛梨が舞台「Grand Stage」(グラン・ステージ)に初出演!”. エンタメNEXT. 徳間書店. (2016年10月21日). https://entamenext.com/articles/detail/1846 2020年5月16日閲覧。 
  24. ^ 黒石悦子 (2018年3月30日). “劇団壱劇屋が道頓堀でゲリラパフォーマンスを敢行!”. ぴあ関西版WEB. ぴあ株式会社. http://kansai.pia.co.jp/news/stage/2018-03/ichigekiya.html 2020年5月16日閲覧。 
  25. ^ “生駒里奈の「ネギま!」ビジュアル解禁!生徒役に谷川愛梨、愛わなびら約20名”. ザテレビジョン. KADOKAWA. (2018年6月20日). https://thetv.jp/news/detail/151361/863689/ 2020年5月16日閲覧. "古菲役のNMB48・谷川愛梨" 
  26. ^ “家城啓之が手がける「シェア・ザ・ワールド2020」に伊勢大貴、谷川愛梨ら”. ステージナタリー. ナターシャ. (2019年12月25日). https://natalie.mu/stage/news/361044 2020年5月16日閲覧。 
  27. ^ [1]