谷氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

谷氏(たにし、はざまし)は、日本氏族である[1]宇多源氏佐々木氏流の高島高信の三男谷重尚を祖とする系統と、丹波山家藩主家となった谷衛好を祖とする系統などがある。

谷重尚を祖とする系統[編集]

佐々木信綱の次男高島高信の三男重尚を祖とする。1487年 近江源氏の主流 佐々木氏が近江八幡金剛に金剛城を築城した後、谷氏が近江八幡武佐に友定城(谷殿)を築城する。戦国時代には子孫の谷重春が佐々木氏後裔の六角義賢に属して、重春の子重則は富田長家の五男小吉郎(後の佐野信吉)の家臣となった。主君の小吉郎が下野佐野氏の養子となって佐野城へ入ったのに従い重則も関東へ下った。慶長19年(1614年)に佐野家は改易となり、重則は鳥居忠政に仕え奥州岩城に移った。重則の長女の久(後の久昌院)は徳川頼房の側室となり松平頼重徳川光圀の生母となった。重則の長男重祐は初め保科正之に仕えた後に徳川頼房に仕え、頼房の子松平頼重の高松入封に従って高松に移った。その後谷家は大老家老を務めた。

家系図[編集]

  • 谷重尚 (佐々木信綱の次男高島高信の三男)
  • 六郎右衛門
  • 重宣 七郎右衛門
  • 高親
  • 重定
  • 高衛
  • 高親
  • 親信 五郎左衛門
  • 親重
  • 重兼
  • 重宗
  • 重春(重治) 太郎左衛門
  • 重則 左馬助
  • 重祐 平右衛門
  • 重可 将監
  • 重良 式部
  • 左馬之助 裕倫
  • 佐市 裕主

谷衛好を祖とする系統[編集]

谷衛好の父である福田正之(谷野親衛の次子)は美濃土豪であり、衛好は伯父綱衛の養子となって谷野姓を称した。斎藤道三織田信長に仕え、晩年に姓を谷野から谷に改めた。衛好は羽柴秀吉に従うも、三木城攻めで戦死。

跡を継いだ子の衛友は武勇に秀でて秀吉の下で各地を転戦。加増を受けて最終的には丹波何鹿郡山家で1万6,000石を領した。秀吉没後に起こった関ヶ原の戦いでは西軍に与して田辺城の戦いに参加したが、やがて東軍に寝返ったために所領を安堵され、江戸幕府の幕藩体制下では外様大名として丹波山家藩主を務めた。

衛友の死後、子孫は所領の分割を繰り返して最終的には1万石となる。しかし江戸期を通じて藩政に大過は無く、また移封も騒動も無く13代続いて幕末を迎えた。

系図[編集]

太線は実子、細線は養子。

 衛好衛友
  ┣━━┳━━┳━━━━━━━┳━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 衛成 吉長 衛勝      衛政 衛長               衛冬
  ┣━━┓  ┃       ┣━━┳━━━━━━┳━━┳━━┓   ┃
 衛治 衛之 衛清      衛利 衛次     衛則 衛吉 高原仲頼 衛周
     ┃  ┣━━┓    ┣━━┓      ┃         ┃
    衛貞 頼衛 衛永   衛広 高城貞胤    政勝        衛常
    ┃  ┃  ┃    ┃         ┃         |
    衛晴 衛章 日根野高豊 衛憑        衛明        衛直
       ┃       ┃         ┃         ┣━━┓
       衛平      衛衝        衛貞        衛儔 衛轉
       ┃       ┣━━┳━━┓   ┃            ┃
       衛壽      衛将 衛秀 遠山景煕 衛足           衛明
       ┃          ┣━━┓                ┃
       衛眞         衛量 衛睦               勝衛
                  ┣━━┓                ┃
                  衛萬 衛弥               衛裕
                     |
                     衛昉
                     |
                     衛弼
                     |
                     衛滋

出典[編集]

  1. ^ 丹羽 1970, p. 214.

参考文献[編集]

  • 新人物往来社編 『江戸三百藩藩主総覧 : 歴代藩主でたどる藩政史』 新人物往来社〈別冊歴史読本 24 ; 第22巻42号〉、1997年8月。ISBN 4404025246。 
  • 丹羽基二 『姓氏 : 姓氏研究の決定版』、樋口清之監修 秋田書店、1970年7月。ISBN 4253002099。 
  • 藩主人名事典編纂委員会編 『三百藩藩主人名事典』 新人物往来社、[要文献特定詳細情報] 
史料
  • 寛政重修諸家譜
  • 水戸光圀の遺猷 (宮田正彦 1998 錦正社)
  • 高松藩祖松平頼重伝 (松平公益会 1964)
  • 古代氏族系譜集成
  • 寛政重修諸家譜

関係項目[編集]