谷氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
谷氏
家紋
揚羽蝶
本姓 宇多源氏佐々木氏流?[注釈 1]
家祖 谷重尚
種別 武家
華族子爵[注釈 2]
出身地 美濃国
主な根拠地 丹波国何鹿郡山家
著名な人物 谷衛好
谷衛友
凡例 / Category:日本の氏族

谷氏(たにし、はざまし)は、日本氏族である[1]

出自[編集]

谷氏は山城近江磐城などに分布し、このうち山城の谷氏は渡来系東漢氏の後裔[1]

近江の谷氏は坂上氏の支流で、美濃国席田郡伊地良村が本貫[1]

谷衛好・衛友の系統[編集]

戦国期の谷衛好の谷家は宇多源氏佐々木氏流で、高島氏の末裔と伝わるが、衛好の父である福田正之(谷野親衛の次子)は美濃土豪であり、この正之以前の経歴・系図は疑問点が多々あって明確ではない。衛好は伯父綱衛の養子となって谷野姓を称した。斎藤道三織田信長に仕え、晩年に姓を谷野から谷に改めた。衛好は羽柴秀吉に従うも、三木城攻めで戦死。

跡を継いだ衛友は武勇に優れて秀吉の下で各地を転戦。加増を受けて最終的には丹波何鹿郡山家で1万6,000石を領した。秀吉没後に起こった関ヶ原の戦いでは西軍に与して田辺城の戦いに参加したが、やがて東軍に寝返ったために所領を安堵され、江戸幕府の幕藩体制下では外様大名として丹波山家藩主を務めた。

衛好の死後、子孫は所領の分割を繰り返して最終的には1万石となる。しかし江戸期を通じて藩政に大過は無く、また移封も騒動も無く13代続いて幕末を迎えた。

系図[編集]

太線は実子、細線は養子。

 衛好衛友
  ┣━━┳━━┳━━━━━━━┳━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 衛成 吉長 衛勝      衛政 衛長               衛冬
  ┣━━┓  ┃       ┣━━┳━━━━━━┳━━┳━━┓   ┃
 衛治 衛之 衛清      衛利 衛次     衛則 衛吉 高原仲頼 衛周
     ┃  ┣━━┓    ┣━━┓      ┃         ┃
    衛貞 頼衛 衛永   衛広 高城貞胤    政勝        衛常
    ┃  ┃  ┃    ┃         ┃         |
    衛晴 衛章 日根野高豊 衛憑        衛明        衛直
       ┃       ┃         ┃         ┣━━┓
       衛平      衛衝        衛貞        衛儔 衛轉
       ┃       ┣━━┳━━┓   ┃            ┃
       衛壽      衛将 衛秀 遠山景煕 衛足           衛明
       ┃          ┣━━┓                ┃
       衛眞         衛量 衛睦               勝衛
                  ┣━━┓                ┃
                  衛萬 衛弥               衛裕
                     |
                     衛昉
                     |
                     衛弼
                     |
                     衛滋

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 東漢氏または坂上氏の出自ともされ、明確ではない。
  2. ^ 谷衛好谷衛友の系統山家藩主家

出典[編集]

  1. ^ a b c 丹羽 1970, p. 214.

参考文献[編集]

  • 新人物往来社編 『江戸三百藩藩主総覧 : 歴代藩主でたどる藩政史』 新人物往来社〈別冊歴史読本 24 ; 第22巻42号〉、1997年8月ISBN 4404025246。 
  • 丹羽基二 『姓氏 : 姓氏研究の決定版』、樋口清之監修 秋田書店1970年7月ISBN 4253002099。 
  • 藩主人名事典編纂委員会編 『三百藩藩主人名事典』 新人物往来社、[要文献特定詳細情報] 
史料

関連項目[編集]