谷池洋平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
谷池 洋平 Football pictogram.svg
名前
愛称 ヨーヘー
カタカナ タニイケ ヨウヘイ
ラテン文字 TANIIKE Yohei
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1977-04-05) 1977年4月5日(41歳)
出身地 兵庫県西淡町
身長 179cm[1]
体重 80kg[1]
選手情報
ポジション DF[1]
利き足 右足
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

谷池 洋平(たにいけ ようへい、1977年4月5日 - )は、兵庫県三原郡西淡町(現南あわじ市)出身[2]の元プロサッカー選手。ポジションはディフェンダー(DF)。現在は徳島ヴォルティス強化部スタッフ。

経歴[編集]

兵庫県の淡路島出身で、高校は故郷を離れて静岡県の清水市立商業高校に進学。筑波大学在学時にユニバーシアード日本代表の一員として1999年夏季ユニバーシアード(マヨルカ大会)に出場した[3]

2000年、ヴィッセル神戸に加入[2]。2001年より期限付き移籍により日本フットボールリーグ(JFL)の大塚製薬でプレーし[4]、翌年も移籍期間を延長[5]。2003年より大塚製薬に完全移籍した[6]。2001年から2004年まで4シーズン連続でJFLベストイレブンに選ばれ[7]、チームは2003年2004年の2度リーグタイトルを獲得した。

2004年にキャプテンに就任し、チームがJリーグに参入して大塚製薬から徳島ヴォルティスとなった2005年に初代キャプテンを務めた[8][7]

契約満了に伴い2006シーズン限りで徳島を退団し[9]、2007年は栃木SCに完全移籍[10]。2008年、ソニー仙台FCに移籍[11]。2013年をもって現役を引退した[12]

引退後は徳島ヴォルティスにてアカデミー普及コーチを経て強化部スタッフ[13][14]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1999 筑波大 5 - - - 1 0 1 0
2000 神戸 24 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2001 大塚 25 JFL 29 4 - 0 0 29 4
2002 17 3 - 0 0 17 3
2003 29 4 - 0 0 29 4
2004 29 2 - 1 0 30 2
2005 徳島 J2 40 1 - 2 0 42 1
2006 6 0 - 1 0 7 0
2007 栃木 4 JFL 27 2 - 2 0 29 2
2008 S仙台 25 34 2 - 3 0 37 2
2009 33 1 - 2 0 35 1
2010 22 0 - 0 0 22 0
2011 14 1 - 2 1 16 2
2012 31 0 - 2 0 33 0
2013 12 0 - 0 0 12 0
通算 日本 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
日本 J2 46 1 - 3 0 49 1
日本 JFL 277 19 - 12 1 289 20
日本 - - 1 0 1 0
総通算 323 20 0 0 16 1 339 21

代表歴[編集]

タイトル[編集]

指導歴[編集]

参考文献[編集]

  • 『J.LEAGUE Official Fans' Guide 2000』、トランスアート、2000 ISBN 4-88752-102-2
  • 『J.LEAGUE OFFICIAL FANS' GUIDE 2005』、コナミメディアエンタテインメント、2005 ISBN 4-86155-805-0
  • 『J.LEAGUE OFFICIAL FANS' GUIDE 2006』、コナミ、2006 ISBN 4-86155-811-5
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2001』、トランスアート、2001 ISBN 4-88752-103-0
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2005』、コナミメディアエンタテインメント、2005 ISBN 4-86155-806-9
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2006』、コナミ、2006 ISBN 4-86155-812-3
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2007』、コナミデジタルエンタテインメント、2007 ISBN 978-4-86155-840-5
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2008』、コナミデジタルエンタテインメント、2008 ISBN 978-4-86155-846-7
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2009』、コナミデジタルエンタテインメント、2009 ISBN 978-4-86155-851-1
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2010』、コナミデジタルエンタテインメント、2010 ISBN 978-4-86155-853-5

脚注[編集]

  1. ^ a b c ソニー仙台FC 日本フットボールリーグ
  2. ^ a b 新加入選手(大学、高校卒業予定者)(1/11UP) - ウェイバックマシン(2001年7月22日アーカイブ分) ヴィッセル神戸 (2000年1月11日)
  3. ^ 1999年第20回ユニバーシアード・マヨルカ大会”. College Soccer Central. 2018年9月25日閲覧。
  4. ^ 谷池洋平選手、大塚製薬へ期限付き移籍(1/30UP) - ウェイバックマシン(2001年11月10日アーカイブ分) ヴィッセル神戸 (2001年1月30日)
  5. ^ DF谷池洋平選手、移籍期間延長のお知らせ(1/22UP) - ウェイバックマシン(2002年6月1日アーカイブ分) ヴィッセル神戸 (2002年1月22日)
  6. ^ a b c d e f g h i 谷池洋平選手、大塚製薬へ完全移籍(12/25) - ウェイバックマシン(2003年8月13日アーカイブ分) ヴィッセル神戸 (2002年12月25日)
  7. ^ a b “新キャプテン決定のお知らせ(05.01.17)” (プレスリリース), 徳島ヴォルティス, (2005年1月17日), https://www.jleague.jp/jsgoal_archive/official/detail.php?press_code=00015693 2018年9月25日閲覧。 
  8. ^ 「愛されるチームに」 初代主将にDF谷池 - ウェイバックマシン(2005年9月21日アーカイブ分) 徳島新聞 (2005年1月18日)
  9. ^ “契約満了選手について(06.12.01)” (プレスリリース), 徳島ヴォルティス, (2006年12月1日), https://www.jleague.jp/jsgoal_archive/official/detail.php?press_code=00041443 2018年9月25日閲覧。 
  10. ^ “谷池洋平選手 栃木SCへ完全移籍のお知らせ(07.01.27)” (プレスリリース), 栃木SC, (2007年1月27日), https://www.jleague.jp/jsgoal_archive/official/detail.php?press_code=00043690 2018年9月25日閲覧。 
  11. ^ 2008年01月25日:移籍選手のお知らせ - ウェイバックマシン(2008年2月1日アーカイブ分) 栃木SC (2008年1月25日)
  12. ^ “2013年退団・引退選手のお知らせ(コメント掲載)” (プレスリリース), ソニー仙台FC, (2013年11月15日), http://www.sonysendaifc.jp/news/club/256 2018年9月25日閲覧。 
  13. ^ “2014年度アカデミースタッフについてのお知らせ(14.01.16)” (プレスリリース), 徳島ヴォルティス, (2014年1月16日), https://www.jleague.jp/jsgoal_archive/official/detail.php?press_code=00167161 2018年9月25日閲覧。 
  14. ^ “谷池 洋平(現:アカデミー 普及コーチ)強化部スタッフ就任のお知らせ(14.11.28)” (プレスリリース), 徳島ヴォルティス, (2014年11月28日), https://www.jleague.jp/jsgoal_archive/official/detail.php?press_code=00182253 2018年9月25日閲覧。 

関連項目[編集]