谷潔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
谷潔
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府京都市
生年月日 (1957-01-11) 1957年1月11日(60歳)
所属団体 日本中央競馬会
初免許年 1994年(1995年開業)
重賞勝利 3勝
G1級勝利 1勝
経歴
所属 谷八郎1979年 - 1994年
栗東T.C.1994年 - 現在)
テンプレートを表示

谷 潔(たに きよし、1957年1月11日 - )は、日本中央競馬会(JRA)に所属する調教師

主な管理馬に2014年の菊花賞に優勝したトーホウジャッカルがいる。

経歴[編集]

1957年、当時日本中央競馬会の騎手であった谷八郎の長男として生まれる。京都競馬場の厩舎地区で育ち、幼少の頃から馬に親しんだが自身は騎手を目指すことはなかった[1]同志社中学校・高等学校を経て同志社大学と進んだが、この間、調教師として開業した父のもとに弟子入りした田島良保田原成貴といった騎手たちの華々しい活躍に触発され、競馬界に入ることを志す[1]。大学卒業後に父の厩舎に厩務員として入ったが、当時は乗馬経験もなかった[1]。1年の訓練を経て調教助手の資格を取得、1983年には研修のため渡米し、西海岸のリチャード・マンデラ厩舎でエクササイズライダー、次いでケンタッキー州ゲインズウェイファームで厩務作業に従事した[1]。1984年末に帰国。以後谷厩舎で引き続き調教助手を務めたのち、1994年に調教師免許を取得し、翌1995年より栗東トレーニングセンターに厩舎を開業した[1]

1997年、管理馬ヒコーキグモがきさらぎ賞に勝利し、重賞初勝利。2014年、トーホウジャッカルクラシック三冠最終戦の菊花賞を制し、開業20年目でGI競走初制覇を果たした。同馬は芝3000メートルの日本レコードを樹立し、デビューから149日という菊花賞史上最短記録での勝利であった[2]。また、八郎が調教師時代の1971年に三冠のうちの皐月賞東京優駿(日本ダービー)を制していたことから、谷についても「親子二代で三冠制覇」と報じられた[3][2]

成績[編集]

主な管理馬[編集]

※括弧内は谷管理下における優勝重賞競走。太字はGI競走。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 木村(1997)pp.820-828
  2. ^ a b 【菊花賞】トーホウジャッカル最速V!JRAレコード3分1秒0”. スポーツ報知 (2014年10月27日). 2014年10月27日閲覧。
  3. ^ 【菊花賞】谷師、ジャッカルで悲願のGI初勝利!”. サンケイスポーツ (2014年10月27日). 2014年10月27日閲覧。
  4. ^ 1998年ダービーグランプリ - netkeiba、2014年11月18日閲覧
  5. ^ 1999年オグリキャップ記念 - netkeiba、2014年11月18日閲覧

参考文献[編集]

  • 木村幸治『調教師物語』(洋泉社、1997年)ISBN 978-4896912920