谷田絹子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
谷田 絹子
TANIDA Kinuko
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1939-09-19) 1939年9月19日(79歳)
ラテン文字 TANIDA Kinuko
身長 168cm
体重 65kg
選手情報
ポジション レフト
 
獲得メダル
バレーボール
オリンピック
1964 女子
世界選手権
1960 女子
1962 女子
テンプレートを表示

谷田 絹子(たにだ きぬこ、女性、現姓:井戸川、1939年9月19日 - )は、日本の元バレーボール選手。1964年東京オリンピックバレーボール女子金メダリスト。

来歴[編集]

大阪府出身。四天王寺高校時代に、中野尚子、藤森節子とともに高校生三羽烏と呼ばれた名選手。

一時怪我のため調子を落としたが猛練習で克服し、東洋の魔女のレギュラーとなった。キレのよいスパイクが特徴である。のちに、当時の猛練習、それを指導した監督・大松博文のことを回想している[1]

1964年、東京オリンピックのバレーボール競技において、エーススパイカーとして金メダル獲得に大いに貢献した。

第20回国民体育大会バレーボール競技出場のためのチーム「富士クラブ(フジクラブ)」のオーナーに淡島千景が就き、その後は淡島の事務所の職員となって東京で同居もする。谷田の母が死去した30歳の時、地元に帰り家庭を持って子宝にも恵まれる[2][3]

2018年現在もバレーコーチとしても活動している。

球歴[編集]

  • 所属チーム履歴
四天王寺高校日紡貝塚(-1964年)

参考文献[編集]

  • VOLLEYBALL(日本バレーボール協会機関誌)1964年10月号 45ページ

脚注[編集]