谷脇理史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

谷脇 理史(たにわき まさちか、1939年11月24日 - 2009年8月28日)は、近世日本文学研究者。

谷脇 理史
人物情報
生誕 (1939-11-24) 1939年11月24日
日本の旗 日本 群馬県館林市
死没 (2009-08-28) 2009年8月28日(69歳没)
出身校 早稲田大学
学問
研究分野 近世文芸の研究
研究機関 跡見学園女子大学
筑波大学
早稲田大学
学位 早稲田大学文学博士
主な業績西鶴研究序説」
テンプレートを表示

群馬県館林市生まれ。1961年早稲田大学文学部国文科卒、1968年同大学院博士課程中退、跡見学園女子大学専任講師、のち助教授、1976年筑波大学助教授、のち教授、1983年「西鶴研究序説」で早大文学博士、1990[早稲田大学文学部教授。のち文学学術院教授。2009年、胆嚢癌により定年前に死去した。

西鶴など近世文芸を研究。

著書[編集]

  • 『西鶴研究序説』新典社 1981
  • 『西鶴研究論攷』新典社 1981
  • 『元禄文化西鶴の世界』教育社歴史新書 1982
  • 『井原西鶴 浮世の認識者』新典社(日本の作家)1987
  • 『笑いのこころ 古典の楽しみ』筑摩書房 1993
  • 『西鶴 研究と批評』若草書房(近世文学研究叢書)1995
  • 『江戸のこころ 浮世と人と文学と』新典社 1998
  • 『近世文芸への視座 西鶴を軸として』新典社 1999
  • 『『好色一代女』の面白さ・可笑しさ(西鶴を楽しむ 1)』清文堂出版 2003
  • 『経済小説の原点『日本永代蔵』(西鶴を楽しむ 2)』清文堂出版 2004
  • 『創作した手紙『万の文反古』(西鶴を楽しむ 3)』清文堂出版 2004
  • 『『日本永代蔵』成立論談義 回想・批判・展望(西鶴を楽しむ 別巻1)』清文堂出版 2006

編著・共編著・校訂[編集]

  • 『日本古典文学全集 井原西鶴集 3』神保五彌暉峻康隆と校注・訳 小学館 1972
  • 『年表資料近世文学史』松崎仁白石悌三共編 笠間書院 1977
  • 『西鶴物語 自由奔放な西鶴文学の全貌』浅野晃共編 有斐閣ブックス 1978
  • 『新日本古典文学大系 77 武道伝来記・西鶴置土産・万の文反古・西鶴名残の友』井原西鶴 岩波書店 1989
  • 『井原西鶴(新潮古典文学アルバム)』吉行淳之介共著 新潮社 1991
  • 『講座元禄の文学』全5巻 浅野晃,宗政五十緒,雲英末雄,原道生共編 勉誠社 1992-93
  • 『西鶴を学ぶ人のために』西島孜哉共編 世界思想社 1993
  • 『西鶴必携』 学燈社 1993
  • 『西鶴事典』江本裕共編 おうふう 1996
  • 『新編日本古典文学全集 64 仮名草子集』岡雅彦、井上和人と校注・訳 小学館 1999
  • 『西鶴のおもしろさ 名篇を読む』江本裕共著 勉誠出版・新書 2001
  • 好色五人女 現代語訳付き』角川ソフィア文庫、2008

論文[編集]