谷間世代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

谷間世代(たにませだい)あるいは谷間の世代とは、人間のある世代に関する統計値が前後の世代に対して低下傾向を示す(グラフを描くとのように見える)ような場合に、当該の世代を指して用いられる用語である。

人口における谷間[編集]

出生率の変動に伴って、ある世代の人口が前後に比べて減少することがある。

例として、日本の人口を世代別に集計してグラフ化すると、第一次ベビーブーム世代(団塊の世代)の1947年1949年の後、第一次ベビーブーム後期(ポスト団塊世代)の1950年1954年の5年間で段階的に落ち込み、1955年1964年にかけては出生率が落ち込んで横這いになっている[1]。人口はその後、第二次ベビーブームの1971年1974年生まれ(第二次ベビーブーム世代)に向けて漸増していくため、1955年~1964年生まれが谷間を形成している。このことから、1955年~1964年生まれが「谷間世代」と称されることがある。

丙午」に当たる1906年生まれと1966年生まれも谷を描くが、これは特定の1年に限定された現象であり、世代と呼ばれることはほとんどない。

制度上の谷間[編集]

制度変更などが原因で、ある世代に行政サービスの欠落が生じることがあり、こうした状況に置かれた世代を谷間世代と呼ぶことがある。

例として、日本の予防接種法1994年に改正されたことが挙げられる。これ以前は女子のみが中学校期において風疹の集団予防接種を受けることになっていたが、改正後は男女とも1歳~7歳半の間までに定期接種する方法に変更された。このため、1979年1987年生まれの世代は風疹の予防接種を受けていない可能性が高い。[要出典]医療関係者の間ではこの世代が谷間世代(あるいは空白世代)と呼ばれ、特にこの年代の女性が結婚・出産時期に入る2000年以降、妊娠時の風疹感染による胎児への影響などが懸念されるようになった[2][3]

また、介護保険制度においても、要介護に相当する状況でありながら制度上65歳になるまで介護認定を受けられない谷間世代が発生し、問題とされた。

スポーツにおける谷間[編集]

スポーツに関するメディアで広く用いられる谷間世代という言葉は、主にその前後の世代に属する選手に対して目だった実績を挙げていない世代の選手層を指して用いることが多い。

例として、サッカー日本代表における1981-82年生まれが挙げられる。この年代はFIFA U-17世界選手権への出場権を獲得できなかったため(その前後に比べて)少年期の国際経験に乏しく、当初は選手育成・強化における谷間という意味で「谷間の世代」と呼ばれ[4]、その後も成績不振が続いていたためそのように呼ばれた[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成12年国勢調査 人口ピラミッド - 総務省統計局
  2. ^ 早めに風疹ワクチン接種を 無防備な“谷間の世代” - 47NEWS
  3. ^ 風疹予防接種の経過措置延長等に関する質問主意書 - 衆議院
  4. ^ グループリーグ敗退の谷間世代 - スポーツナビ
  5. ^ 谷間の世代「世界」を痛感 - nikkansports.com

関連項目[編集]