豆玉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

豆玉(まめたま、まめだま)は主に徳島県で食べられているお好み焼きの種類で、甘く煮た金時豆鶏卵を具として用いる。豆玉焼きの略称。徳島県独自のお好み文化として普及しており、発祥は、戦後まもない徳島市中心部。

概要[編集]

混ぜ焼きのひとつであり、水で溶いた小麦粉、刻んだキャベツという基本材料に、金時豆(大正金時)と卵を混ぜ込んで焼くことから豆玉と呼ばれる。もちっとした生地の合間に、ほっくりした豆の食感が現れ、また辛いソースと甘い豆という味の変化も生まれるため、地元において、老若男女を問わず人気がある。多くの店では、お好み焼きメニューの中で最も安価なもののひとつとなっている。

徳島県では、甘く煮た金時豆をそのまま食べるだけでなく、他の料理に使うこともあり、金時豆はちらし寿司の具としても定番である。スーパーでも数種類の煮た金時豆を扱っている事が多いが、地元徳島県で加工したものよりも、兵庫県で加工したものの方が多く流通している。


種類[編集]

豆玉は、キャベツを除けば、金時豆を入れただけようなシンプルなお好み焼きで、他の具と組み合わされることも多い。

  • 豆天玉(焼き)
こねた小麦粉に小海老をごく少量入れ、円盤状にして油で揚げた、徳島県独特の天麩羅(てんぷら)と組み合わせるもの。
徳島市中心部で、戦後間も無い頃から食べられていた事から根強いファンが多く、とくしま豆天玉連というまちおこし団体もある。
  • 豚豆玉(焼き)
豚ばら肉のスライスと組み合わせるもの。
  • 烏賊豆玉(焼き)
ヤリイカコウイカの切り身と組み合わせるもの。
  • カツ豆玉(焼き)
徳島県独特のフィッシュカツを上に乗せて焼くもの。一般的ではないが複数の店にある。