豆腐姉妹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
豆腐姉妹
ジャンル テレビドラマ
脚本 鈴木智尋、筧昌也
監督 筧昌也
出演者 吉高由里子ほか
ナレーター 小林幸子
エンディング MAGIC PARTY
「わがままJOYガール」[1]
製作
制作 WOWOW
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2010年8月1日 - 8月29日
放送時間 日曜日0:00 - 0:30(土曜深夜)
放送枠 ミッドナイト☆ドラマ
放送分 30分
回数 5

豆腐姉妹』(とうふしまい)は、2010年WOWOWミッドナイト☆ドラマ」で放送されたテレビドラマ(全5回)である。

内容[編集]

テレビドラマ、アニメーションフェイクドキュメンタリーが融合する新感覚のテレビドラマとして企画された。監督した筧昌也にオファーが来たのは2008年頃で、当初はDVD用のオリジナルドラマにする予定だったという[2]

豆腐のような白いマンションに共同生活を送る3姉妹、不倫関係に悩む図書館司書の長女・絹代、キャバクラで働く次女・もめん、女優として活躍する由里子(吉高由里子本人)のそれぞれの人生観を、吉高が1人3役で演じ、長女はドラマ、次女はアニメ、三女はフェイクドキュメンタリーという異なる性格・視点・切り口で描くという画期的な手法だった。三女・由里子は自らが映画『白い十人の女』に主演するという設定になっているが、この作品は架空のもので、元ネタは『黒い十人の女』である。

出演[編集]

スタッフ[編集]

DVD[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “MAGIC PARTY、ドラマ『豆腐姉妹』エンディングテーマを担当”. ジャパンミュージックネットワークス. (2010年7月2日). https://www.barks.jp/news/?id=1000062360 2018年11月20日閲覧。 
  2. ^ a b 長野辰次 (2011年1月27日). 吉高由里子主演『豆腐姉妹』DVDリリース!“メジャーの壁”知らずの筧昌也監督が新作ドラマでは″表現の壁″もスルー!. インタビュアー:日刊サイゾー. ライブドアニュース.. http://news.livedoor.com/article/detail/5300355/ 2018年11月20日閲覧。 
  3. ^ “AKB48宮崎美穂がキャバ嬢役に挑戦!WOWOWドラマ『豆腐姉妹』”. マイナビニュース (マイナビ). (2010年5月5日). https://news.mynavi.jp/article/20100505-a009/ 2018年11月20日閲覧。 
  4. ^ MAGIC PARTY『今夜はMAGIC BOX』2010年8月18日発売 ポニーキャニオン CD:PCCA-03246
  5. ^ DVD『豆腐姉妹』”. アミューズソフトエンタテインメント (2011年1月28日). 2018年11月20日閲覧。