豊富村 (千葉県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
とよとみむら
豊富村
廃止日 1954年4月1日
廃止理由 編入合併
豊富村船橋市
現在の自治体 船橋市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 千葉県
千葉郡
面積 22.53km2
隣接自治体 船橋市
千葉郡二宮町大和田町睦村
豊富村役場
所在地 千葉県千葉郡豊富村
外部リンク 船橋市の公式サイト
 表示 ウィキプロジェクト

豊富村(とよとみむら)は、千葉県千葉郡にかつて存在した村である。1954年昭和29年)4月1日船橋市へ編入され廃止となった。現在の船橋市北部地域に当たる(地域「豊富町」が現存する)。

概要[編集]

1889年明治22年)に楠ヶ山村、大穴村、坪井村、古和釜村、金堀村、神保新田、八木ヶ谷村、大神保村、小室村、小野田村、車方村、行々林村の12村が合併して誕生したが、神保内で金堀台を1つに数え、十余り3地区の意味で「豊富」の字を当てたといわれている。豊富村内では、印旛郡白井村(白井町を経て現在の白井市)や千葉郡八千代町(現・八千代市)との合併を望む声があったが、1954年(昭和29年)に船橋市に編入された。

年表[編集]

  • 1889年(明治22年) 楠ヶ山村、大穴村、坪井村、古和釜村、金堀村、八木ヶ谷村、大神保村、小室村、小野田村、車方村、行々林村および神保新田の大部分(現・八千代市島田台を除く。1955年に中心部が豊富町に、残部が神保町・大神保町・小室町・小野田町・車方町に編入)が合併し、豊富村が誕生。
  • 1940年昭和15年) 隣組強化法によって部落会隣組などが組織。
  • 1954年(昭和29年) 船橋市に吸収合併。村制が廃止され、現在の船橋市豊富町となる。

人口統計[編集]

地域[編集]

歴史[編集]

地理[編集]

概説[編集]

千葉郡の中でも北部に位置し、白井など印旛郡地域との関係も深かった。なお、小室や鈴身のように豊富村の各村落は、古くから成立した集落がほとんどで、自立した村社会を形成している場合が多かった。

  • 車方村
  • 行々林村
  • 神保新田村
  • 大神保村
  • 楠ヶ山村
  • 金堀村

人物[編集]

歴代村長[編集]

歴代村長
  • 初代 豊田三郎 - 明治22年~明治23年4月
  • 第2代 積田佐左衛門 - 明治23年5月~明治26年9月(小野田)
  • 第3代 斎藤信三郎 - 明治26年10月~明治26年11月(大穴)
  • 第4代 木村要助 - 明治26年12月~明治29年11月(神保新田)
  • 第5代 角瀬善之助 - 明治29年12月~明治34年4月
  • 第6代 白井園五郎 - 明治34年5月~明治35年8月(神保新田)
  • 第7代 飯島頼之助 - 明治35年8月~昭和39年5月(金堀)
  • 第8代 積田佐左衛門 - 明治39年6月~明治44年6月(小野田)
  • 第9代 泉對妻次郎 - 明治44年8月~大正4年8月
  • 第10代 飯島頼之助 - 大正4年8月~大正4年11月
  • 第11代 斎藤九助 - 大正4年12月~大正5年2月
  • 第12代 吉橋富蔵 - 大正5年3月~大正7年1月
  • 第13代 田口政治郎 - 大正11年5月~大正12年4月
  • 第14代 斎藤九助 - 昭和2年8月~昭和6年8月
  • 第15代 田口政治郎 - 昭和6年10月~昭和8年1月
  • 第16代 藤代清郎 - 昭和8年7月~(古和釜)
  • 第?代 湯浅良輔 - (車方)

歴代助役[編集]

  • 矢橋俊一
  • 斎藤脩一

歴代書記[編集]

歴代収入役[編集]

村議会議員[編集]

著名な出身者[編集]

村内の主な組織[編集]

  • 豊富村消防組
  • 豊富村青年団
  • 豊富村女子青年団
  • 豊富村在郷軍人分会
  • 豊富村農会
  • 赤十字社豊富村分区
  • 愛国婦人会豊富村分会
  • 軍人後援会豊富村分会

交通[編集]

鉄道[編集]

中心となる駅
軍用鉄道 - 1945年廃線
  • 鉄道第2連隊練習路線(千葉- 津田沼 - 習志野原・松戸) - 南部(現在の船橋市高根台付近)で一部の土地が接する。

道路[編集]

  • 主な道
    • 小室道(こむろみち)
    • 八木ヶ谷道(やぎがやみち)

戦前までの街道交通の主は、徒歩人力車自転車(自動自転車も含む)が主で、物資輸送の場合は、荷馬車牛車大八車が使用された。道は狭く、舗装もほとんどされていなかった。

村内の主な施設・機関[編集]

村の施設[編集]

  • 豊富村役場(神保新田)

県の施設[編集]

  • なし

国の施設[編集]

  • 陸軍習志野錬兵場

治安施設[編集]

警察署及び分署はなく、大和田分署、二宮分署の管轄を経て船橋警察署の管轄となり、駐在1名が派遣されていた。

教育施設[編集]

昭和29年2月調査

宗教施設[編集]

観光[編集]

名所・遺跡[編集]

  • 小野田城址(小野田)
  • 八木が谷城址(八木が谷)
  • 金堀城址(金堀)
  • 楠ヶ山城址(楠ヶ山)
  • 楠ヶ山館跡(楠ヶ山)
  • 小穴城址(古和釜)
  • 坪井城址(坪井)

文化財(旧豊富村内)[編集]

県の指定文化財
  • 小室の獅子舞(無民)(小室町)
市指定文化財
  • 石造自休大徳坐像(有彫)(古和釜町)
  • 木造毘沙門天立像(有彫)(大神保町)
  • 板碑 (弘安9年7月15日在銘)(有考)(大神保町)
  • 神保ばやし(無民)(神保町)

産業[編集]

村々は山林農地に囲まれ、商工を本業とする者は少なく、一般に農業に従事していた。

産物[編集]

主に梨、落花生、ぶどうの生産が盛んであった。

豊富村を舞台にした作品[編集]

[編集]

絵画[編集]

民話[編集]

  • 力持ち平右衛門(小室
  • 遁走(小室)
  • 鎌倉道の草刈り(小室)
  • 力くらべ(小室)
  • 長兵衛山の小割り(小室)
  • 質蔵で踊る獅子(小室)
  • 狐の最後っ屁(神保新田
  • 胡瓜を嫌う天王様(神保新田)
  • 吉橋兄弟の悲劇(楠ヶ山)
  • ピッタ塚のいわれ(金堀)
  • 牧の掟(古和釜)
  • 坪井の雨降田(坪井
  • 有り難い乳清水(坪井)

注釈[編集]


参考文献[編集]

  • 船橋市史編さん委員会『船橋市史 資料編五』、1984年発行
  • 神尾武則『船橋市史研究2-船橋市における行政区域の変遷』、1987年発行
  • 村上昭三、船橋の民話、1993年発行
  • 船橋郷土資料館『中世の船橋~掘る・読む・訪ねる~』、2002年発行
  • 船橋市史談会『ふるさとの地名(改訂版) - 船橋市の地名を探る-』、2002年
  • 河口洋一『船橋市5千一人の群像-明治から平成 まちの歩みと人』、2005年初版