豊岡家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
豊岡家
家紋
つるのまる
鶴の丸
本姓 藤原北家日野流
家祖 豊岡有尚
種別 公家名家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
著名な人物 清心院
凡例 / Category:日本の氏族

豊岡家(とよおかけ)は、藤原北家日野流公家である。家格名家江戸時代前期の権大納言日野弘資の三男・大蔵権大輔有尚を祖とする。



家の歴史[編集]

2代弘昌の子・資時は日野家を継ぎ、権大納言外山光顕の光全が豊岡家に入った。江戸時代の家禄御蔵米30[1]。有尚の女・新典侍は、江戸幕府5代将軍徳川綱吉御台所鷹司信子付きの女房から綱吉の側室になり、清心院と号した。明治維新後は、健資が子爵に叙せられた。圭資貴族院議員を務めた[2]

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
日野弘資
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
豊岡有尚11 豊岡弘昌
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
弘昌2 清心院
 
 
 
資時3
 
 
 
光全4[3]
 
 
 
尚資5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
和資6 光同
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
治資7 直好
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
随資8 錦小路頼徳[4] 町尻量衡
 
 
 
健資9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
圭資10 徳資 加地駒千代 外山光庸
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
烈資11 外山英資 宣麿

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 公卿類別譜(公家の歴史)豊岡 (日本語)
  2. ^ 豊岡家(名家) (日本語)
  3. ^ 外山光顕の子
  4. ^ 唐橋在久の長男

参考文献[編集]