豊岡都市圏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

豊岡都市圏 (とよおかとしけん) は、兵庫県豊岡市を中心とする都市圏の総称。兵庫県北部における中核的な都市圏である。

概要[編集]

豊岡市全域と、香住町の一部や京都府京丹後市久美浜町を経済圏におさめる都市圏で、周辺市町村からの流入も多い。兵庫県北部では最も大きい商圏規模があり、舞鶴都市圏と並び北近畿を代表する都市圏の1つである。豊岡市にはや県の出先機関の多くが設置されている。

定義[編集]

一般的な都市圏の定義については都市圏を参照のこと。

「10% 都市圏(通勤圏)」[編集]

豊岡市を中心とする都市雇用圏 (10% 通勤圏) の人口は13万1789人 (2010年国勢調査基準)。

都市雇用圏 (10% 通勤圏) の変遷
  • 10% 通勤圏に入っていない自治体は、各統計年の欄で灰色かつ「-」で示す。
府県 自治体
('80 - '00)
1980年 1990年 1995年 2000年 2005年 2010年 自治体
(現在)
兵庫県 八鹿町 - - - - - 豊岡 都市圏
131789人
養父市
養父町 - - - -
大屋町 - - - -
関宮町 - - - -
村岡町 - - - - - 香美町
美方町 - - - -
香住町 - - - 豊岡 都市圏
118565人
豊岡市 豊岡 都市圏
89714人
豊岡 都市圏
87825人
豊岡 都市圏
93859人
豊岡 都市圏
89208人
豊岡市
竹野町
日高町
城崎町
出石町
但東町 - -
京都府 久美浜町 - - - - - 京丹後市
大宮町 - - - -
峰山町 - - - -
丹後町 - - - -
網野町 - - - -
弥栄町 - - - -

行政の取り組み[編集]

豊岡市は養父市、朝来市、香美町、新温泉町との間で協定を結び、但馬定住自立圏を形成している。

関連項目[編集]